「スバルWRX S4」がマイナーチェンジでどう変わった?

スバルが誇る先進技術とこれまでに培ってきたノウハウを全て詰め込んだスポーツセダンの「WRX S4」に、待望の新型が誕生しました。

スバルは今回の「WRX S4」をマイナーチェンジとしているのですがエクステリアやインテリア、装備などが著しく刷新されているためフルモデルチェンジと言っても過言ではありません。

2017年8月7日に発売が開始されたのですが、発表段階から既に多くの予約が集まっており、人々がスバルや「WRX S4」に対しいかに強い関心を持っているのかがわかる結果となりました。

特に著しく進化したのは、衝突のリスクを大幅に下げられるアイサイトやインテリアの質感などであり、あらゆるポイントで「WRX S4」の進化が感じられます。

まず、車両の外観を目にした時に先代モデルと大きく違う点として認識できるのは、フロントバンパーやヘッドライトなどの形状についてです。

先代モデルではフロントグリルが小さく纏まっていたので、突出して強調しているイメージが感じられなかったものの、新型では特に下部にあるバンパーが大きなスペースを有しているので、一段とスポーティーなイメージが高まりました。

また、ヘッドライトとフォグランプなどの燈火類は全てLEDに切り替えられており、左右にデイライトが搭載されているので他車から認識したもらいやすく、安全運転の向上に役立てられます。

そして、新たなる「WRX S4」ではステアリングの形状が変更になっており、下部のみがフラットになっているD型が採用されています。
手で触れた際に直感的にステアリングの握っている位置を理解することができますし、足との間に程良い隙間が生まれるので運転中に窮屈感がありません。

もちろん、スバルと言えば高い走行性能が支持を得ていて世界的に需要が高まっているのですが、「WRX S4」では性能に直結する足回りも見直されています。

新設計されたスプリングとスタビライザーのお陰で安心してコーナーに進入でき、静音性も高くなっているのです。