「新型アクア」がマイナーチェンジ!どこが変わった?燃費、外観、内装、価格は?

数社の見積もりを比較して、最高額で売却しよう!

「消費税が上る前に車を買い替えたいな・・・」
「なるべく高い金額で売却したいな・・・」
「見積もり調べるの面倒くさいな・・・」

そこで!

複数の買取希望店舗が査定を行ってくれる
無料の「かんたん車査定ガイド」を使おう!

複数社が愛車の買い取り価格を競いあう為、最高額での売却が可能!

査定は遅ければ遅いほど損です!


低燃費と低価格を実現したコンパクトハイブリットカーとして高い人気を誇っているトヨタの「アクア」。

2011に発売が開始されて2014年の12月にマイナーチェンジされ、2017年の6月には二回目となるマイナーチェンジを実施しました。

そんなマイナーチェンジを得た「新型アクア」は、一度目のマイナーチェンジでは新たなボディカラーの追加やヘッドライトなどのデザイン変更といった見た目重視な傾向にありました。

二度目の場合は見た目だけでなくエンジンの最適化による燃費の向上といった部分も注目のポイントとなっており、他にも「ヴィッツ」と差別化するためのデザインおよび内装の変更や、X-URBANがクロスオーバーに名称変更されるなど、マイナーチェンジといっても数多くの変更点が存在しています。

こういった変更点の詳細としては、まずインテリアやエクステリアの変更については、インテリアはマルチインフォメーションディスプレイやステアリングスイッチ、イモビライザーが標準装備となり、センタークラスターやカップホルダーがメッキ加飾されました。

エクステリアはヘッドライトやフロントバンパー、アルミホイールのデザインが一新され、ボンネットの形状も変更しています。

またボディカラーについても追加されるカラーが増え、それとともに廃止色も出ましたが、オプションエアロも登場して豊富なカラーが取りそろえられており、トータル的な見た目の印象としてはワイド化してスマートになり、より上質感が増した雰囲気となっています。

そしてこういった見た目や機能性の重視とともに、気になるのはやはり価格についてですが、基本的に大きな変更点はあまり存在していないのが現実で、現行価格と同じもしくはそれにプラス五万円程度といった感じとなっており、新型だからといって大幅な値上げは実施されておらず、さらにオプション価格については装備の変更により、全体的に値下がりする結果となっています。

愛車の相場は今いくら?かんたん45秒入力のクイック診断!

「そろそろ新車に乗り替えたいな・・・」
「自分の愛車はいくらで売れるかな・・・」
「消費税が上る前に車を買い替えたいな・・・」
「今のうちに売っておいたほうがいいかな・・・」
「なるべく高い金額で売却したいな・・・」
「見積もり調べるの面倒くさいな・・・」

自分の所有する愛車を売却に出したいと検討されることも多いですが、
街中での買取店舗では相場を掴むことができずに、
売却後に後悔することにもなりかねません。

そこで!

たった3STEPのクイック診断サービスをつかおう!


複数の買取希望店舗が査定を行ってくれます!

メーカー・車名・車タイプ・事故歴・郵便番号などの項目を指定するだけで、
複数社から無料で見積もりの回答を得ることができます!

 

複数社が愛車の買い取り価格を競うため、最高額での売却が可能!

査定は遅ければ遅いほど損です!