「新型エスクァイア」がマイナーチェンジ!変更点は?

トヨタから発売されている「新型エスクァイア」がマイナーチェンジされました。エスクァイアは、トヨタが販売するミドルサイズのミニバンの中でも高級感を演出したものとなっており、それは外観と室内に感じることが出来ます。

今回のマイナーチェンジで変更となった点は、フロントグリルのデザインです。縦方向に伸びるバーティカルラインが従来型よりも太くなり、それによって高級感が増しました。フロントグリルのサイドを縁取るメッキラインが、ヘッドライト部分まで突き刺さるように伸びており、アグレッシブさも演出しています。

そのデザインはリアにも見て取ることができ、リアのコンビネーションランプからメッキラインが下部に伸びたデザインとなっています。その他の新型エスクァイアの変更点としましては、LEDヘッドランプの採用、面発光のLEDクリアランスランプの採用、助手席シートバックテーブルを標準装備となっています。

そして、大きな変更点としましては、Giグレードにプレミアムパッケージが新設定されたということです。従来型ならGiが最高グレードとなっていましたが、新型エスクァイアがマイナーチェンジされたことによって、Giプレミアムパッケージが最高グレードとなります

そのGiプレミアムパッケージですが、最高グレードに相応しい高級感のある仕立てとなっています。専用のシートが採用され、木目調のパネルやレザーなどを効果的に用いることで、上質なインテリアを作り上げています。内装色もバーガンディとブラックによる落ち着いた雰囲気となっていますので、まさに大人のミニバンといった風格を漂わせているのです。

このように、トヨタの「新型エスクァイア」はマイナーチェンジされたことにより、外観デザインだけでなく、内装やグレードの追加といった大幅な変更がなされました。マイナーチェンジした「新型エスクァイア」は、従来型よりも確実にアップデートしたと言えるでしょう。