「新型カムリ」がフルモデルチェンジ!燃費、価格、外観、内装の変更点は?

トヨタの「新型カムリ」がフルモデルチェンジして2017年7月10日に発売開始となりました。発売後1か月間の販売台数は予想値の約5倍の11,500台と大変好調な滑り出しを見せた理由は、スポーティで美しいフォルムと新開発2.5リットルダイナミックフォースエンジン、優れた走行性能とトヨタセーフティセンスPの全車標準装備が挙げられています。

モデルチェンジ後はフロントフェイスが一新されて、フロントエンブレム下部に横スリットを大胆に入れた精悍な顔つきになりました。サイドフォルムはルーフを低く抑えた流れるようなラインを描いています。リアフォルムはフロントと比較して落ち着いたイメージですが、すっきりとして高級感を漂わせるフォルムが印象的です。

内装のデザインも大幅に刷新され、高級スポーツサルーンをイメージさせるシックな作りとなっています。センターパネルの中央部分は立体的な形状になり、カラーヘッドアップディスプレイを採用して、パネル内にさまざまな情報を表示するマルチインフォメーションディスプレイが搭載されています。前方の視認性に優れた構成と上質な空間を演出しています。

一世代前から「カムリはハイブリッド専用車」になっていましたが、今回のフルモデルチェンジでハイブリッドシステムまで一新して、モード燃費はリッターあたり33.4キロと更なる低燃費が実現されました。トヨタのハイブリッド専用車の中でも大型の部類に入る新型カムリですが、トヨタ新開発の燃費向上テクノロジーが採用されているため、ボディサイズの割にはかなりの低燃費となっています。

気になる車両価格ですが、新型カムリには3つのグレードがあり、スタンダードグレードの「X」と、中級グレードの「G」、上級グレードの「Gレザーパッケージ」があります。

グリーンガラスと樹脂ホイールキャップが標準装備のXグレードの車両価格は330万円、ソフトプライバシーガラスとアルミホイールが標準装備のGグレードは350万円、全席シートヒーターで本革シートが標準装備のGレザーパッケージは420万円となっています。