「新型レヴォーグ」がマイナーチェンジでどう変わった?

発売から約9万5000台を販売しているのが、「スバル・レヴォーグ」です。2017年7月にビッグマイナーチェンジが行われました。「新型レヴォーグ」において特に力を入れているのが、動的質感と乗り心地の向上です。

変わった事としては、まず安全性能があります。アイノサイトをコアにして、新機能である「ツーリングアシスト」が追加されています。さらに、オプションではありますが「アイサイト・セイフティープラス」を追加することが出来ます。運転支援と視界拡張系の2パッケージを設定することが出来ます。先進の安全性能を搭載することにより、安心して運転をすることが出来ます。

運転支援としては、「AVH(自動停車保持)」と「RAB(後退時自動ブレーキ)」「SRH(ステアリング連動)」が用意されています。
ブレーキを保持するスイッチは、コンソールに配置されています。また、RABは後方障害物警報機能と後退時自動ブレーキからなっています。

フロントビューモニターとスマートルームミラーが用意されており、運転席からの死角をなくすことが出来ます。これまでのルームミラーでは、荷物や乗員によって後方が視覚となってしまうこともありました。しかし、スマートルームミラーであれば、そのようなことはなく、後方視界を確保することが出来ます。

切り替えは、ミラー下部にあるレバースイッチで簡単に操作をすることが出来ます。輝度・上下・左右・角度の表示調整をすることが出来ます。

走行性能としては、サスペンションのセッティング・静粛性が向上されています。サスペンションのセッティングが見直されたことにより、フロア振動や横揺れが抑制されていますし、乗り心地も改善されています。

その静粛性の向上では、前後ドアガラスやリアゲートガラスの板厚がアップ、前後ウエザーストリップ断面形状の変更、ドアシール部の穴埋めなど多岐にわたっています。

カタログ燃費に変更点はありませんが、燃料噴射性能を変更したことで、実燃費は改善されているようです。