【2019年】人気のおすすめドライブレコーダーランキングTOP7!

ドライブレコーダーは、車体の周辺の映像を録画できるアイテムです。事故などで衝突を受けた瞬間やその後の映像だけではなく、衝突を受ける前の映像も数十秒間、録画できます。

ドライブレコーダーには、カメラが本体と一体になったものやカメラが本体と分離したものがあります。更にルームミラーに装着できるものもあります。

7位:TOGUARD ドライブレコーダー ミラー型

TOGUARD ドライブレコーダー ミラー型は、Gセンサーによって、急ブレーキや衝突による衝撃を自動的に察知し、事故の瞬間や前後の映像などを記録します。

駐車監視機能も採用されているため、駐車している際に、衝突や振動を察知した際に、自動的に起動し、周辺の映像など記録します。

タッチモニターとなっており、指先を使いタッチすることで、メニューを設定できるので、操作が簡単です。

スペック

高解像度:ビデオ解像度1920×1080 30FPS、写真解像度4032×3024

WDR修正:WDR機能を搭載

170度広角録画:前カメラ(170度)、リアカメラ(130度)

6位: YAZACO ドライブレコーダー

YAZACO ドライブレコーダーはフルハイビジョン画質に対応している製品。

高画質な画像が記録できるため、車のナンバープレートもしっかりと確認できます。

2.4インチの液晶ディスプレイが搭載されているため、記録した映像をその場で確認することが可能。

170度の広角なので、視野を広く確保でき、死角がなく記録することができます。

SONY製IMX323レンズとNOVATEK NTK96658チップセットが組み合わされており、録画が安定しています。

スペック

液晶モニター:2.0インチ TFT LCD

レンズ:170度角(回転可能) 

カメラ素子:1200万画素

解像度:フロントカメラ:FHD 1920x1080P@30fps、HD1280×720P@30fps 

記録形式:動画MOV H.264 圧縮形式/写真 JPG

記録メディア:Class10以上のMicroSD カード、16~64GB(32G SDカード付属)

スピーカー:内蔵

マイク:内蔵

本体サイズ:86×120×38mm

本体重量:105g

主な機能:前後カメラ録画、ループ録画、Gセンサー、WDR、動き検知、駐車監視

5位:WIMIUS ドライブレコーダー

WIMIUS ドライブレコーダーは、高画質で広範囲の録画が可能な製品。

フルHD高画質(1080P)に加え、6層ガラスレンズが採用されているため、高精細で鮮明な画像を録画することが可能です。

また、170°超大広角レンズを搭載しているので、幅広い視野で録画でき、被害の発生状況が客観的に判断することが可能となっています。

TFカードの容量が足りなくなると古い映像が上書きされるループ録画を採用。

駐車や走行際に発生した衝撃に対応できるGセンサーを搭載しているので、被害が発生した際に、瞬時に録画が可能です。

スペック

画面サイズ: 2.45インチ

外形寸法: 70(H)×46(W)×13(D)mm(突起部除く)

本体重量: 約25g

カメラ映像素子: 200万画素カラーCMOS

最 大記録画角: 水平170°

記録解像度: 200万画素 1080P FHD/720P/VGAを調整可能

フレームレート: 30フレーム/秒

4位:APEMAN ドライブレコーダー

 

APEMAN ドライブレコーダーにはフロントとリヤのカメラが搭載され、高画質な画像が録画できる製品です。

1080PのフルHDなので、ナンバーまでしっかり録画することが可能です。

HDR・WDR機能を採用しているので、夜間映像も鮮明に録画することができます。

2.7インチの液晶ディスプレイが搭載されているので、PCなどがなくても、本体だけで記録した映像がしっかり確認できます。

センサーが振動を感知すると、録画したファイルをロックする以外に、駐車監視機能によって最大で24時間も記録できます。

スペック

解像度:1440P@30FPS/1080P@60FPS/1080P@30FPS(前後カメラ)

モニターサイズ:3インチ

レンズ:先進な6Gガラスレンズ

音声録画:ON、OFF可能

動画形式:MOV

記録媒体:TFカード

3位:DuDuBell ドライブレコーダーM1 バックミラー型

DuDuBell ドライブレコーダーM1 バックミラー型は、高画質な夜間映像が録画できる製品。

6Gの非球面レンズを採用し、絞り値はF1.4にした上、スターライト技術支持を取り入れたため、より高画質で綺麗な夜間映像が録画できるようになり、ナンバープレートなどもしっかり確認することができます。

1080Pビデオ解像度及び1200万写真画素のフロントカメラを採用しているので、高画質で鮮明な映像を記録できます。

広角レンズ(フロントカメラ:170度、リアカメラ:120度)が搭載されているので、広い視野角が確保でき、走行中に多くの情報を同時に録画することが可能。

スペック

本体サイズ:31cm×8cm×1.5cm

商品重量:950g(付属品含み)

液晶サイズ:7.0インチIPSタッチパネル

フロントカメラ:170°レンズ、1080pビデオ解像度、1200万写真画素数

バックカメラ:120°レンズ、720pビデオ解像度

主な機能:Gセンサー機能、スーパー暗視機能、HDRplus機能、GPS機能、常時録画、ループ録画、駐車監視、動体検知、自動電源オフ/オン

GPS機能:外付けGPSアンテナ付属

暗視機能:スーパー暗視機能

HDRplus機能:対応

2位: Audew 駐車監視 ドライビングレコーダー

Audew 駐車監視 ドライビングレコーダーは大画面のモニターが搭載されている上、夜間でもしっかり画像を録画できる製品。

6層のガラスレンズとソニーIMX 323センサーを採用したレンズモジュールによって、露出を自動的に調整できるため、夜間走行時、ライセンスプレートを簡単に確認することが可能です。

1080pの映像をキャプチャできるので、高画質な映像が映し出され、150°の超広視野角レンズを装備しているので、死角を減らすことができます。

スペック

カメラ:SONY IMX323 SENSOR

角度のビュー:150°広角

画面サイズ:3.7インチLCD

ビデオ解像度:≥1080P

画像フォーマット:JPG

動画形式:MOV(ループ録画)

バッテリー容量:320MAH

TF最大容量:128G

外部寸法:89 * 52 * 31ミリメートル

サポートSDカード:マイクロSDカード、クラス6以上、32GB以下

1位:chortau ドライブレコーダー

chortau ドライブレコーダーは、Wi-Fiに対応しているので、スマートフォンで録画した内容を確認することができる製品。

温度プロセッサも搭載されているので、高温になったり低温なったりする車内でも、連続で録画できます。

SONY製IMX323レンズとNOVATEK NTK96658チップセットを組み合わせることで、夜間でも鮮明に記録できます。

駐車監視では、駐車している際の衝突を感知して、自動的に記録することが可能。

スペック

レンズ:SONYの6層ガラスの170°広角レンズ

解像度:1920*1080P

記録メディア:Class10以上のSDカード、 32GBまで

主な機能:上書き録画、G-センサー、常時録画、駐車監視、動体検知、WDRなど

保証期間:24か月保証

まとめ

おすすめのドライブレコーダーを紹介しました。交通事故や盗難などに備えて、ドライブレコーダーを装着する人も増えたので、各メーカーから高性能で使い勝手がよいものが登場しています。

高画質で広範囲の映像を録画できるドライブレコーダーが増えています。中にはWi-Fiに対応し、スマートフォンと連携できるものもあり便利です。