かっこいい国産セダンおすすめ

国産セダンといえば、成熟した大人が乗る自動車というイメージがありますが、紹介するモデルは、スポーティな走りやスタイリッシュなエクステリアが人気となっており、若い人が乗っても、十分満足できます。この記事では、かっこいい国産セダンを紹介します。

かっこいい国産セダン:トヨタ・カムリ

2017年にフルモデルチェンジして登場したトヨタ・カムリは、プラットフォームやパワートレーンなどを一新し、美しいデザインを身にまといました。

エンジンや搭乗員の配置を下げたことで得られた低重心なボディーには、トヨタが追及するエモーショナルで美しいエクステリア・デザインを施しました。

カムリのフロントマスクは、細身のグリル(アッパー)と、大型のグリル(ロア)を組み合わせることにより、低重心かつ幅広なイメージを演出しました。

更に、3層のLEDクリアランスランプを備えたBi-Beam LEDヘッドランプを配置することで、広がりや奥行き、高い質感をアピール。

サイドビューは、タイヤ&ホイールの存在感を強調するために、フードやフェンダー、ベルトラインを低く配置しました。

ルーフを伸ばし小型化したサイドウインドウを採用したことで、広々とした室内に加え、スポーティなスタイリングを実現。

抑揚とシャープさを併せ持ったボディラインはグラマラスなイメージを演出しました。

リヤビューは、ワイドかつ張り出し感があるボディーに配置されたLEDランプのライン発光によって安定&上質な雰囲気が漂います。

 

運転席に乗り込むと、低く抑えられたインストルメントパネルやエンジンフード、カウルなどによって、視界の良さが感じられます。

眼前にはナビゲーション、カラーヘッドアップディスプレイ、マルチインフォメーションディスプレイがずらりとならび、コックピット感がひしひしと伝わってきます。

室内は金属調の加飾に加え、色々なカラーや素材を使い、上手くコーディネートされています。

オーナメントパネルはタイガーアイをモチーフにしたいわれ、美しい輝きを放ちます。

走りだすと、低重心化のためか、横揺れが少なく、上質な乗り心地に気付きます。

フロントにマクファーソン・ストラット、リヤにダブルウィッシュボーンを採用したサスの動きは繊細かつしっかりしており、思い通りの走りができるように感じました。

ラック平行式電動パワーステアリングの操舵感は素晴らしく、運転が楽しくなります。

紹介したカムリは、幅広い年齢のユーザーを獲得した人気の国産セダンです。

トヨタはカムリを大人が楽しむ国産セダンから、若い人にも楽しんでほしい国産セダンにシフトしているような感じがします。

かっこいい国産セダン:シビック セダン

サーキットをはじめ様々な場面で優れた運動性能を誇るプラットフォームを採用したシビック。

中でもセダンは、広々した車内や利便性の高さに加え、TYPE Rゆずりの走りによって、スポーティに仕上がりました。

機能美が感じられ、ダイナミックさや動体しての美しいスタイリングを確立。

クーペを彷彿させる美しいルーフラインに加え、無機質で頑強なイメージのサイドパネルによって、先進&上質な雰囲気が漂います。

車内に乗り込むと、広々した空間が広がり、Cセグメントではトップクラスとなっています。

トランクルームは、大開口&大容量となっており、利便性も備わっています。

新型シビック専用にチューニングを施した1.5L VTEC TURBOエンジンのレスポンスは素晴らしく、ターボにありがちな出遅れはまったく無く、ダイレクトかつ強力な加速が堪能できます。

マクファーソン・ストラットのフロントサスとマルチリンクのリアサスに組み合わされるデュアルピ二オン可変ギアレシオEPSによって、ハンドリングはとてもシャープに仕上がっています。

この走りを安全面から支えるのは、Honda SENSING(ホンダ センシング)。

前方の状況を、ミリ波レーダーと単眼カメラで確認し、ブレーキやステアリングが強調することで、安心かつ快適なドライブや事故を回避することをアシストします。

シビックでは、TYPE Rが注目されがちですが、セダンは、TYPE Rゆずりの本格的な走りと実用性が両立しており、通勤、休日のドライブ、買い物など、オーマイティーに活躍してくれそうです。

シビック セダンは、走りと実用性が絶妙にマッチした国産セダンに仕上がっておりおすすめです。

かっこいい国産セダン:レクサス GS350

レクサス GS350は躍動感と品格が備わった本格的なグランドツーリングセダン。

エクステリア・デザインは力強さ&質感が感じられる仕上がりとなっています。

押し出し感があるフロントノーズは、強力なエンジンの存在を予感させます。

レクサス自慢のスピンドルグリルは、エアダクトが一体型となっており、立体感があるフード、低重心をアピールするサイドビューによって、頑強さやスポーティさを表現。

更に、ブレーキダクト部とラップしたメッキモールや切削光輝処理を施したアルミホイールによって精悍さが感じられます。

リヤビューはレクサスであることをアピールするために、LEDを採用したL字型のテールランプ形状を採用。

車内に乗り込むと、レーザーカット本杢や名栗調仕上げの本アルミを採用したオーナメントパネルを配したインテリアが印象的。

更に、メタル調の加飾やサテンメッキを採用し、品格があるインテリアを実現しました。

フロントシートやステアリングにヒーターが装着されており、寒い季節でも快適に運転ができます。

また、ラゲージドアイージークローザーなどが装備され、利便性も向上。

走りだすと感じるのが、ステアリングレスポンスのよさ、高剛性のボディーやステアリング系パーツ、パフォーマンスダンパー、チューニングされたサスペンションの効果が実感されます。

GS350に搭載されるV6・3.5ℓエンジン(2GR-FKS)は、直噴機構D-4Sとアトキンソンサイクルが組み合わされてり、全回転域で圧倒的なパワーが感じられます。

GS350のハイパフォーマンスな走りを安全面から支えるのが、予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」。

Lexus Safety System +では、安全運転支援を強化しており、プリクラッシュセーフティをはじめ、レーンキーピングアシスト」(LKA)、オートマチックハイビーム(AHB)、レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)をパッケージ化しました。

紹介したようにGS350は、本格的な走りと拘りのエクステリアやインテリアが採用された国産セダン。

レクサスというブランドイメージとも相まって、人気となっています。

まとめ

おすすめのかっこいい国産セダンを紹介しました。

トヨタ・カムリは、最近のセダンにありがちな厚みと腰高感がまったくなく、低重心に仕上がったモデル。

低重心をいかしたエクステリア・デザインは、スポーティさを全面に押し出し、若い人にアピールして人気となっている国産セダン。

ホンダ・シビック セダンは、TYPE Rゆずりの走りが魅力で、実用性の高さも相まって人気となっています。

レクサス GS350は、V6・3.5ℓエンジンの圧倒的なパワーが堪能できるモデルで、レスサスらしい大体ンなデザインと、細部まで拘ったインテリアが人気となっているモデルです。
この記事がこれから国産セダンを購入する人の参考になれば幸いです。