なぜ「トヨタ ヴィッツ」は人気なのか?3つの理由

なぜ「トヨタ ヴィッツ」は人気なのか?3つの理由

なぜ「トヨタ ヴィッツ」は人気なのか?3つの理由

スターレットの後継車として誕生したといわれるヴィッツも3代目となります

3代目・ヴィッツには、質感をはじめ、快適性、使い勝手、経済性といったコンパクトカーに求められるニーズが盛り込まれたモデルとして登場。

ヴィッツは人気となり、トヨタの売れ筋コンパクトカーに成長しました。

この記事では、ヴィッツをエクステリア、インテリア、走りに分けて、人気の秘密を探ります。

1.エクステリア

ヴィッツのエクステリアは、キビキビとした走りをイメージさせるスタイリングに加え、優雅で存在感が感じられる仕上がりとなっています。

更に、コンパクトカーに求められる上質さも漂っています。

小回りを利かせるために全長は3,885mm、最小回転半径は4.5mに抑えました。

紹介したトヨタ・ヴィッツのエクステリアについて、次のようなネットの口コミがあり紹介します。

エクステリアについての口コミ

Aさん「キーンルックとアンダープライオリティが盛り込まれたエクステリアは気に入っています。少し地味なイメージがありますが、バランスがよいスタイリングに仕上がった感じですね。」

Bさん「リヤ周りは可愛い感じがしますね。男女関係なく受け入れられるエクステリアデザインだと思います。アクアのエクステリアデザインより好きです。」

Cさん「メッキ(ヘッドライト~グリル)がきまっており、かっこいいですね。シャープなフロントフェイスも気に入っています。」

Dさん「キーンルックがパワフルなイメージがあり、かっこいいです。」

Eさん「可愛いというよりは、精悍なイメージが漂うエクステリアは男女ともに受け入れられるかもしれません。テールランプの形状は自分好みで気に入っています。2本のフロントワイパーに慣れているせいか、1本のフロントワイパーに少し違和感があります。ただ、機能上は問題ありません。」

口コミから、トヨタ・ヴィッツのエクステリアは、キーンルックを採用したシャープなフロントマスクの評価が高く、人気の秘密となっているようです。

2.インテリア

トヨタ・ヴィッツのインテリアには、スポーティさと優しさを両立しました。

パッドを配置することで、インパネとドアトリムの連続性を造りだし、幅広感や上質感が漂うようになりました。

広々とした室内を実現するために室内長を35mm拡大。

優れたホールド性を発揮する新骨格シートを前席に採用した上、後席の空間(足元)を拡大することでゆったりと居心地がよい車内となりました。

6:4分割可倒式の後席シートを採用ことで、乗員数や荷物に対して、色々なアレンジができるようになりました。

最適なドライビングポジションを提供するために、運転席シートに装着されてある上下アジャスターを15mm拡大し、シートスライドを8段増やしました。

奥行きを拡大したラゲージルームを採用し、積載能力を向上させた上、高さが調整できるアジャスタブルデッキボードを採用。

上段にボードをセットすれば下の空間に小物を収納することが可能になり、リヤシートを倒すことで、ほぼフラットなラゲッジスペースが出現します。

上部にシークレットボックスを配置したグローブボックスを採用することで、収容力がアップしました。

助手席に買い物アシストシートを採用することで、シートの手荷物が落下すことを防ぎます。

紫外線をカットするスーパーUVカットガラスをフロントドアガラスに採用。

ウォッシャーノズル一体型のシングルワイパーをフロントに採用し、払拭効率を向上させました。

コンライトが装備されたことで、自動でヘッドランプを点灯したり、消灯したりすることが可能になり、車外の明るさに対応します。

カラーバックモニターやステアリングスイッチなどで構成されるHDDシンプルナビゲーションシステムが設定されています。

カラーバックモニターは、後方視界を補助し、車庫入れなどが楽になります。

ステアリングスイッチは、ステアリングを握ったままで、オーディオの音量を調整したり、選曲ができたりします。

エコ運転を支援する装備も充実しており、マルチインフォメーションディスプレイやエコドライブインジケーターランプが用意されています。

マルチインフォメーションディスプレイは、瞬間燃費や平均燃費、航続可能距離などを表示します。

エコドライブインジケーターランプは、環境に対する配慮があるアクセル操作で点灯します。

紹介したヴィッツのインテリアについて、次のようなネットの口コミがあり紹介します。

インテリアについての口コミ

Aさん「マルチインフォメーションディスプレイが装着されたので、ワンランク上がった印象です。小物の収納も増え、使い勝手もよいです。」

Bさん「オーソドックスで親しみやすいインテリアですね。ディスプレイやドアパネルは気に入っています。」

Cさん「センターメーターではないので、自分に合っています。柔らかいシートは疲れを感じます。」

コメントからマルチインフォメーションディスプレイが高く評価されているので、人気の秘密かもしれません。

3.走行性能

ヴィッツには、アイドリングストップ機能を搭載した1.3L(2WD)車が用意され、クラストップの低燃費、エンジンが再始動する時間は0.35秒を達成しました。

Dual VVT-i+1NR-FEエンジンを搭載した1.3L車も設定しました。

Super CVT-iを搭載した4WD車は、スムーズな走行フィーリングを達成した上、燃費も向上しました。

全車にEBD付ABS&ブレーキアシストを標準で装備し、安全運転に配慮しました。

紹介したヴィッツの走りについて、次のようなネットの口コミがあり紹介します。

走行性能についての口コミ

Aさん「1.0 Fに乗っていますが、小さなエンジンでもしっかり走ります。峠道や高速道路でも、ストレスはあまり感じられません。サスのバタつき感は感じますが、実用域では問題ないです。」

Bさん「1.3 F 4WDを所有していますが、カタログスペック以上の走りがあるような気がします。燃費に関しては満足していません。」

Cさん「1.3 Fを購入しましたが、軽量なボディーのせいか、よく走ります。車内は意外と静かなので、騒音による疲労も少ないような気がします。」

Dさん「1.3 F Safety Editionに乗っていますが、3名乗車の状態で、坂道もグイグイ走りします。カーブでも安定しており、普通に走るであれば十分なサスです。ブレーキもしっかり効きますし、車内は静かなので快適です。」

Eさん「GRMNを所有していますが、トルクフルなエンジンが気に入っています。クラッチが重いので、渋滞では疲れるかもしれません。しなやかなサス、硬めの乗り心地といった印象です。段差やギャップでの突き上げは少し大きく感じます。」

コメントから、ヴィッツのエンジン性能は高く評価されており、人気の秘密かもしれません。

まとめ

ヴィッツの人気の秘密を探ってきました。

ヴィッツはコンパクトなボディーでありながら、室内長を拡大するといったコンパクトカーに求められるニーズにしっかり応えている点は素晴らしいと感じます。

ネットのコメントでは、キーンルック、マルチインフォメーションディスプレイ、エンジンの出力などが高く評価されており、人気の秘密なのかもしれません。

この記事が、これからヴィッツを購入する人の参考になれば幸いです。