オープンツーシーターランキング

数社の見積もりを比較して、最高額で売却しよう!

「消費税が上る前に車を買い替えたいな・・・」
「なるべく高い金額で売却したいな・・・」
「見積もり調べるの面倒くさいな・・・」

そこで!

複数の買取希望店舗が査定を行ってくれる
無料の「かんたん車査定ガイド」を使おう!

複数社が愛車の買い取り価格を競いあう為、最高額での売却が可能!

査定は遅ければ遅いほど損です!


オープンツーシーターといえば、高級な輸入車ばかりだと思われがちですが、軽自動車から少しがんばれば購入できそうな自動車まで沢山あります。そこでこの記事では、おすすめのオープンツーシーターをランキングで紹介します。

ランキング3位「マツダ ロードスター」

4代目となるロードスターは、心ときめくデザインに仕上がったオープンツーシーターです。

乗員の存在感を引き立てるために、フロントオーバーハングやキャビンを可能な限りコンパクトにして美しいスタイリングを作り上げました。安定感、敏捷さ、低重心といった印象が車体の随所から感じられ、外板がトリムへオーバーラップしており、インテリアとエクステリアの一体感が感じられます。

ドアを開き、車内に乗り込むと、視界は意外とよく周辺や他の車などが確認しやすいです。新しい構造のS-fit構造シートは、体を包み込むようにホールドし、安心感が各段に向上。エンジンをかけ走りだすと、1.5Lエンジンとは思えない加速感と、全域で響き渡るスポーツサウンドがドライバーを刺激。

50:50の重量配分、後方かつ低く配置されたエンジン、ヨー慣性モーメントの低減などが全て合わさって実現した軽快なハンドリングは、ロードスターらしきの象徴となっています。小型、軽量化を図った6速マニュアルトランスミッションの節度感が素晴らしく、軽い操作で吸い込まれるようにシフトチェンジが可能。

電動パワーステアリングシステム(デュアルピニオンタイプ)は、しっかりした操舵感と路面から伝わるダイレクトなフィーリングが得られます。オープンツーシーターで注目されるソフトトップは、着座姿勢のまま片手で操作ができ、閉じた時の静粛性も向上。

Bose®サウンドシステム(AUDIOPILOT™2)は、ソフトトップをオープンにしたまま走行しても、高い音質で搭乗者を楽しませてくれます。ロードスターは優れた走りに加え、充実した安全装備(タイプ別)も注目です。

ブラインド・スポット・モニタリングシステム(BSM)は、ミリ波レーダーによって、側方や後方から自車に接近する車両を察知して、インジケーター(ドアミラー)とブザーで知らせます。

ハイ・ビーム・コントロールシステム(HBC)は、ヘッドライトのハイとローを自動的に切り換えることが可能。車線逸脱警報システム(LDWS)はレーンマーカーをカメラで読み取り、車線から逸脱することが予想されると、警告します。

アダプティブ・フロントライティング・システム(AFS)は、ステアリングの操舵量の他、車速、カーブの形をもとに、コーナーの先を照らします。リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)は、バックする際に、自車に近づく車両を察知して、ドライバーに知らせます。

ロードスターは、優れた走行性能が注目されがちですが、安全装備もしっかり用意されており、走りと安全性が両立したオープンツーシーターです。ロードスターは絶対的なスピードより、思い通りコントロールできる自動車が欲しい人にぴったりです。

ランキング2位「ホンダ S660」

ホンダ S660は、本格的なスポーツカーを目指したオープンツーシーター。

S660のエクステリアは幅広で低重心となっており、ワイドタイヤを装着することで、運動性能に優れた車だということを主張しています。インテリアは、走るために必要な直観的に操作できるスイッチ類が配置されており、本格的なスポーツカーを感じさせる仕上がりとなっています。

エンジンをかけて走りだすと、新設計のターボチャージャーを搭載した直列3気筒DOHCエンジンから発生する吸気や排気の音に加え、ターボの作動音、ブローオフバルブの音に包まれて、スポーツカーらしい迫力を体感することができます。

このエンジンに組み合わされる6速トランスミッションは、ワイド&ローレシオに設定され、エンジンの持っているポテンシャルを最大限に引き出します。ドライビングポジションは、最適化された着座姿勢やアクセル、ブレーキペダルの配置などによってレーシングカートに乗っているイメージがあります。

ホンダとしては最も小さいφ350mmのステアリングホイールを採用することで、爽快なハンドリングも実現。RRというレイアウトで実現できた前後45:55という重量配分は、最小限に抑えられた慣性モーメントと優れたトラクションを獲得しました。

ホンダはコーナリング時の姿勢にも拘っており、最適化したロールセンターと重心によって、ロールを抑制し、安定感がある走りを実現。軽初となるアジャイルハンドリングアシストが、車体の挙動に対応しブレーキをコントロールすることによって、最小限のステアリング操作でコーナーをクリアすることが可能。

一方、S660のようなオープンツーシーターに最適なミッドモード付フルオート・エアコンディショナーも装備することで、腿や腰に送風できるようになりました。オープンツーシーターに求められる高剛性&軽量化したボディを達成するために、直線と曲線を上手く組合せたボディ骨格を作り上げ、衝突性能にも優れています。

補強材を入れたフロント及びセンターピラーを採用することで、横転を伴う事故が発生した際も、乗員を保護します。S660は、ホンダの技術の粋を集め、軽自動車というカテゴリーで究極のスポーツカーを目指しました。

セカンドカーとして休日などでワインディングロードを爽快に走りたい人には最適なオープンツーシーターです。

ランキング1位「ポルシェ718ボクスター」

ボクスターシリーズは、1950~60年代にル・マンなど数多くのレースで優勝に輝いたスポ-ツカー。

オープンツーシーターであるポルシェ718ボクスターのフロントマスクは彫刻を施したような丹精な仕上がりとなっており、ワイド&パワフルな雰囲気が漂います。大型クーリングエアインテークが、ターボエンジンを搭載するポルシェだということを強調しています。

更に、新しい試みとしてLEDデイタイムランニングライトが組み込まれたバイキセノンヘッドライトが装着されました。フェンダーとサイドシルには新たなデザインが施され、サイドビューは大型エアインレットパネルによって、迫力が感じられます。

ワイドなリヤボディーにはLEDテクノロジー(3D)と4灯のブレーキライトで刷新されたテールライト、Porscheロゴ、アクセントストリップが配置され、風格が漂います。ドアを開けて車内に乗り込むと、新設計のダッシュパネルが出迎えてくれ、最新世代のポルシェ・コミュニケーションマネージメントシステム(PCM)のタッチスクリーンが輝いています。

PCMはオーディオインターフェースに出力110Wのサウンドパッケージ・プラスを装備。気になるポルシェ718ボクスターのエンジンは、伝統の水平対向4気筒エンジンに新型のターボが搭載され、圧倒的なパフォーマンスを発揮します。

このハイパワーなエンジンに対して、シャーシーの見直しも行われたことにより、優れたコーナリング性能を発揮。更にダイレクト感が増した電動パワーステアリングによって、俊敏なハンドリングを実現しました。

オプションで設定されているスポーツクロノパッケージでは、3つのモード(ノーマル、スポーツ、スポーツ・プラス)、とインディビジュアルプログラムが設定でき、ダイナミックなドライビングに対応しまました。

ポルシェといえば、911のファンも多いと思いますが、ボクスターは911のシルエットを色濃く残すエクステリアと抜群の走行性能が多くの人々を魅了するオープンツーシーター。ロードスターやS660より、お値段は高めですが、一度はポルシェに乗ってみたいという人におすすめなのがボクスターです。

まとめ

人気のオープンツーシーターを紹介しましたが、お気に入りが見つかりましたか?温かい季節に、海岸沿いの道路をオープンツーシーターで走行すれば、爽快な気分になれそうです。

ロードスターは、マツダが日本でオープンツーシーターというジャンルを切り開きロングセラーとなっている自動車です。

S660は、ホンダは軽自動というお手軽なカテゴリーにスポーツカーというジャンルを開拓すべく開発したモデルです。

ボクスターは、ポルシェとしては、リーズナブルな価格となっており、コンパクトなので日本の道路事情にもマッチしたオープンツーシーターです。

どのオープンツーシーターも、美しいデザインを身にまとい、ハイテクで武装されており、魅力的です。これから、オープンツーシ-ターを購入する人の参考になれば幸いです。

愛車の相場は今いくら?かんたん45秒入力のクイック診断!

「そろそろ新車に乗り替えたいな・・・」
「自分の愛車はいくらで売れるかな・・・」
「消費税が上る前に車を買い替えたいな・・・」
「今のうちに売っておいたほうがいいかな・・・」
「なるべく高い金額で売却したいな・・・」
「見積もり調べるの面倒くさいな・・・」

自分の所有する愛車を売却に出したいと検討されることも多いですが、
街中での買取店舗では相場を掴むことができずに、
売却後に後悔することにもなりかねません。

そこで!

たった3STEPのクイック診断サービスをつかおう!


複数の買取希望店舗が査定を行ってくれます!

メーカー・車名・車タイプ・事故歴・郵便番号などの項目を指定するだけで、
複数社から無料で見積もりの回答を得ることができます!

 

複数社が愛車の買い取り価格を競うため、最高額での売却が可能!

査定は遅ければ遅いほど損です!