スバル新型フォレスターの発売日は?スペック、燃費、外観はどう変わる?

2018年に発売予定の「スバル新型フォレスター」は、海外でも発売を待ち焦がれられている程、国内外で人気の車のニューモデルです。
気になるのは発売日ですが、今の所正式な日付が未定ではあるものの、複数の噂や発表情報などから、2018年の春ごろと見られています。

また、PHV仕様の登場を2018年の末から2019年に控えているので、こちらも新型フォレスターの見逃せない情報となります。
スバルが取り組んでいるのは、未来に向けた技術の進歩と、現実的な価格で販売できる設計のバランスです。

今回、スバルはフルモデルチェンジの機会を迎えたので、燃費の改善や外観の変化を交え、どのように進化するかが焦点となるでしょう。
新型フォレスターのスペックは、エンジンが4気筒の水平対向ガソリンタイプで、容量の大きいエンジンを上回るパワーが発揮されると注目が集まります。

更に、単なるエンジンの改良に留まらず、次世代ハイブリッドシステムと合わせてきましたから、低燃費かつターボな走りが実現すると想像可能です。

肝心の燃費ですが、新型フォレスターはハイブリッドエンジンの効果によって、リッター25kmから30kmを達成していると考えられます。
その根拠は、ハイブリッドシステムの技術を提供している、メーカーの公表値にあります。

スバルに全ての技術が開示されているとは限りませんが、それでも技術を開発したり改良してきたメーカーなので、オリジナルに近い性能を叩き出していても不思議ではないでしょう。

「新型フォレスター」で見逃せないのは、やはり外観の変化とこれまでとの違いです。
スバルは、海外市場も視野に「新型フォレスター」を開発したので、外観は北米限定車のアセントに近いとされています。

アセントの外観は、ダイナミックとソリッドがデザインコンセプトですから、「新型フォレスター」もこれを踏襲する可能性が高いでしょう。

タフな印象の外観と、使い勝手の良い機能性、そして質感の良い快適なラグジュアリーに期待できるので、スバルが力を入れる「新型フォレスター」には要注目です。