スバルSTI-S209がアメリカで発表へ

スバルSTI S209はスバルのモータースポーツ統括会社・STIが手掛けたSシリーズでは、はじめてとなる米国市場向けのコンプリートカー。

WRX STIをベースに、これまでのSシリーズの中でも最高レベルの出力を発揮するエンジン(専用開発)、ハイスペックなエンジンを支える足回り、ワイドフェンダーなどのSTI拘りの内外装部品が採用されました。

この記事では、スバルSTI S209の魅力を紹介します。

スバルSTI-S209の吸排気系とエンジンについて

吸気系は、吸気抵抗を低減しエアインテークシステムを効率化するために、専用に用意した大型エアクリーナーや吸気ダクトを採用。

更に熱によって性能低下を抑えるインタークーラーウォータースプレイを装着しました。

排気系は、低背圧マフラー(専用設計)に大口径テールパイプを装着。

エンジンには大径ターボチャージャー(専用開発)を装着する一方、鍛造ピストン(専用設計)や鍛造コンロッド(専用設計)の装着することで、量産エンジンとしての信頼性を確保。

これらの吸排気系のパーツやエンジンを専用ECUでコントロールすることで、最高出力はこれまでのSTIモデルの中では最高となりました。

紹介したように、基本となる吸排気系のチューニングに加え、高出力化に対応するエンジンのパーツもしっかり組み込まれ、まさしくSTIのコンプリートカーといえる仕上がりです。

 

主要なエンジン、吸排気系、ミッションの装備
鍛造ピストン
鍛造コネクティングロッド
強化バルブスプリング
強化クラッチ
大容量インジェクター&燃料ポンプ
専用低圧損インテークダクト
大型エアクリーナー&専用エアクリーナーボックス
大径吸気パイプ
低圧損ダクトブーツ
大径ターボチャージャー
低背圧パフォーマンスマフラー(STIロゴ入り)
専用ECU
パフォーマンスシュラウド
インタークーラーウォータースプレイ(パドルスイッチ付)
エンジンソレノイドブラケット(シリアルナンバー付き)
VDC [ビークルダイナミクスコントロール]
アクティブ・トルク・ベクタリング
STI製ショートストロークギヤシフトレバー

 

スバルSTI-S209の足回り&ボディーについて

オーバーフェンダーによって拡張したワイドボディに、ビルシュタインダンパー(専用開発)と専用コイルスプリング、強化ブッシュを装着しました。

強化した足回りに対応すべく、ダンロップ製265/35R19ハイグリップタイヤ+BBS製19インチ鍛造ホイールを装着。

ボディーにはSTIオリジナルのフレキシブルパーツとなるストラットタワーバーやドロースティフナーに加え、カーボンルーフを採用することで、高い車体剛性を実現しました。

ダウンフォースを増やし優れたハンドリング性能を実現するために、フロントアンダースポイラーをはじめ、フロントバンパーサイドカナード、ドライカーボン製大型リヤウイングなど様々なエアロパーツを装着。

ボディーの随所にSTIのロゴが入ったパーツが装着され、STIファンには嬉しい仕上がりとなっており、所有する喜びが感じられます。

 

主要な足回り、ブレーキ、ボディー関係の装備
STI製ビルシュタイン フロントストラット(倒立式)&コイルスプリング
STI製ビルシュタイン リヤダンパー&コイルスプリング
STI製BBS19インチ×9.0J鍛造アルミホイール
ダンロップ製265/35R19タイヤ
brembo製フロントベンチレーテッドディスクブレーキ[ドリルドディスクローター&

モノブロック対向6ポットキャリパー(シルバー塗装、STIロゴ入り、STIパフォーマンスパッド)]

brembo製リヤベンチレーテッドディスクブレーキ[ドリルドディスクローター&

モノブロック対向2ポットキャリパー(シルバー塗装、STIロゴ入り、STIパフォーマンスパッド)]

STI製フレキシブルタワーバーフロント
STI製フレキシブルドロースティフナー(フロント/リヤシートバック)
STI製ピロボールブッシュ・リヤサスリンク(ラテラルリンク前・後)
STI製サポートフロント
ルミネセントメーター(マルチインフォメーションディスプレイ付、STIロゴ入り)
マルチファンクションディスプレイ(STIロゴウェルカム画面表示付き)
インパネセンターバイザー[レザー調素材巻+シルバーステッチ]
ウルトラスエード®巻ステアリングホイール(STIロゴオーナメント付き、シルバーステッチ)
STI製プッシュエンジンスイッチ(STIロゴ入り、レッドタイプ)
STI製本革巻MTシフトノブ(STIロゴ入り、ブラック)、シフトブーツ(シルバーステッチ)
6スピーカー(フロント4+リヤ2)
スターリンク7.0インチマルチメディアオーディオ
ブラックカラードルーフアンテナ(シャークフィンタイプ)
RECAROフロントシート[シルバーステッチ+シルバーアクセント、STIロゴ+S209ロゴ入り、SRSサイドエアバッグ、シートヒーター付]
リヤシート[シルバーステッチ+シルバーアクセント]
インパネ加飾パネル(レッド、S209ロゴ付)
サイドシルプレート(S209ロゴ入り)
ドアアームレスト(シルバーステッチ)
センターコンソール加飾パネル(シルバーステッチ)
シリアルナンバープレート(コンソール)
サブトランク(タイヤパンク修理キット付)
メッシュタイプフロントグリル(チェリーレッドストライプ、S209オーナメント付)
フロントアンダースポイラー
サイドアンダースポイラー
リヤサイドアンダースポイラー
バンパーサイドベゼル(スチールメッシュ&クロームメッキ加飾付)
バンパーサイドカナード
ワイドフェンダー(フロント+リア)
フロントフェンダーエアアウトレット
S209ロゴ入りサイドガ―ニッシュ
リヤバンパー(チェリーレッドストライプ、エアアウトレットグリル付)
S209リヤオーナメント
ドライカーボンルーフ
ブラックカラードドアミラー
ドライカーボンリヤスポイラー(S209ロゴ入り)

 

スバルSTI-S209とWRX STIのスペックの違い

 

スペックSTI-S209WRX STI
寸法・重量全長×全幅×全高181.9in.(4620.26mm) × 72.4 in. (1838.96mm) × 58.1in. (1475.74mm)4595(mm)×1795(mm)×1475(mm)
トレッド[前] / トレッド[後]60.8in.(1544.32mm) / 61.2in.( 1554.48mm)1530(mm)/1540(mm)
最低地上高4.9in.( 124.46mm)140(mm)
車両重量3485 lb.( 1580.769㎏)1490(kg)
エンジン型式・種類EJ25・水平対向4気筒EJ20
最高出力341 hp303.787hp(308 PS)
燃料タンク容量15.9 gal(60.18805L)60L
燃料種類無鉛プレミアムガソリン無鉛プレミアムガソリン

 

ボディーのサイズについては、スバルSTI-S209はWRX STIと比較して、全長が25.26mm、全幅が43.96mm大きくなり、トレッドについては、同様にスバルSTI-S209は前が14.32mm、後が14.48mm大きくなりました。

最低地上高については、スバルSTI-S209はWRX STIと比較して、15.54mm低くなり、車両重量については、スバルSTI-S209はWRX STIと比較して、90.769kg重くなりました。

最高出力については、スバル STI-S209はWRX STIと比較して、37.213hp大きくなりました。

紹介したように、スバルSTI-S209のボディーは低くワイドになり、最高出力もアップされ、戦闘力が増した感じですね。

まとめ

スバルSTI-S209を紹介しました。

スバルSTI-S209の魅力は、チューニングカーにありがちなハイパワーだけを追い続けるのではなく、エンジンのパワーに合わせ、ボディーや足回りなどもしっかりチューニングし、優れたハンドリングに仕上げることで、本当の意味で速い車になっている点です。

ハイパワー化されたエンジンは、耐久性もしっかり考慮され、信頼性に関しても申し分ないと思います。

高剛性のボディーは、空力が考慮されたパーツが装着され、エンジンのパワーをしっかりいかす仕上がりとなっています。

米国市場向けのモデルなので、早く国内へ展開して欲しいですね。

【最強のスバルSTI】STI S209降臨!【デトロイトショー2019】