ディーラー車検は高い?メリット・デメリット

2年に1回訪れる車検。税金や整備費用、交換部品などによって大きな出費となるイベントです。

安心して愛車に乗るためには、車の知識があまりないという人ほど車検の際のメンテナンスは最大限にしておくべきですが、やはり車の維持費は高い傾向にあるので車検代も安く抑えたいという方が多いことでしょう。

新車で購入した場合でも中古で購入した場合でも、愛車に1番詳しいのはやはりディーラー。安心して任せられる場所でもありますが、イメージ的にも「ディーラーでの車検は高い」と感じていませんか?

そこで、ディーラーの車検は高いのか、ディーラー車検を利用するメリット・デメリットもあわせて比較してみます。

ディーラー車検は高い?

一般的にディーラーでの車検に対して高いというイメージを抱いている人は多いです。だからこそ、カー用品店や車検専門店、ガソリンスタンド等で車検を行う方がいます。カー用品店やガソリンスタンドも、ディーラーよりも安く仕上げることを売りにして価格設定しています。

車検の代金というのは大きく3つの項目がかかります。

1つ目は法定費用、自賠責保険料と自動車重量税です。これらはどこに頼んでも金額は変わりません。2つめは整備費用と代行費用。ここは設定が店舗によって変わります。最後に交換部品代。これは車体によって異なります。

車検が安いかどうかは、2つめの整備費用の基本料金によって決まることが多く、車検以外でメンテナンスをしていない場合は交換部品が増えるため部品代も安い方がトータルの車検代は安くなります。

ディーラーの場合は整備費用が少し高い代わりに、自分の愛車のプロが丁寧に車両の点検を行います。ただし、交換部品がメーカー純正品や推奨品となるので、カー用品店やガソリンスタンドよりも高い価格であることが多いため、総額が上がりやすいのです。

しかし、ディーラー車検は新車購入時にメンテナンスパックなどに加入しておくことで費用を抑えられることがあります。車検以外の法定点検やオイル交換などの定期メンテナンスを含む価格で対応してくれるので安心です。

各ディーラーの車検の基本料金相場は、軽自動車で7万円前後、小型車で8万円~9万円、普通車はクラスに応じて8万円~12万円がディーラー車検での相場です。

一部東京都内のディーラーでの車検料金表をご紹介します。

 

トヨタ(東京都) 基本料金 法定費用 合計
軽自動車 34,560円 31,670円 66,230円
コンパクトカー 41,040円 50,430円 91,470円
セダン・クーペ・ミニバン 44,280円 50,430円 94,710円
高級セダン・ワンボックス 48,600円 58,630円 107,230円
高級車・クロカン車 54,000円 66,830円 120,830円

 

日産(東京都) 基本料金Aコース 法定費用 合計
軽自動車 62,000円 44,006円 106,006円~
コンパクトカー 65,000円 63,576円 128,576円~
小型セダン・SUV 66,000円 63,576円 129,576円~
ミドルセダン・SUV 72,500円 71,776円 144,276円~
セダン・スポーツ 77,500円 71,776円 149,276円~
大型セダン・ワンボックス 81,000円 79,976円 160,976円~
高級セダン 83,500円 79,976円 163,476円~

 

ホンダ(東京都) 基本料金 法定費用 合計
車両重量~1.0t 37,260円 34,070円 71,330円
車両重量~1.5t 38,340円 53,540円 91,880円
車両重量~2.0t 39,420円 61,740円 101,160円
車両重量2.0t~ 40,500円 69,940円 110,440円

 

スバル(東京都) 基本料金 法定費用 合計
軽自動車 25,272円 51,350円 76,622円~
小型車 30,456円 61,220円 91,676円~
普通車 35,964円 66,220円 96,676円~

 

マツダ(東京都) 基本料金 法定費用 合計
軽自動車 21,105円 51,920円 73,025円
スモール 22,680円 63,190円 85,870円
ミディアム 24,780円 71,390円 96,170円
スポーツ&ラグジュアリー 26,355円 79,590円 105,945円
RV 26,355円 79,590円 105,945円

 

ディーラー以外での車検代金相場は?

では、ディーラー以外で車検を行う場合はいくらくらいかかるのでしょうか。それぞれまとめてみました。

ディーラー以外での車検の場合、コースによって見る内容が大きく変わってきます。必要最低限の項目を確認する「車検に通せるようにする整備」と、「次の車検まで安心して乗れる整備」の2パターンほどに分けられていることが多いです。

ディーラーとの料金比較をするのであれば、1番上のコースで比較するべきでしょう。安さだけを追求し、最低限の内容で済ませることが出来るのは日ごろからメンテナンスを行っていることが前提です。

 

車検のコバック 基本料金 法定費用 値引き後合計
軽自動車 22,533円 32,770円 48,303円
小型車 24,171円 43,330円 60,501円
中型乗用車 24,552円 51,530円 69,082円
大型乗用車 25,886円 59,730円 78,616円

※地域によって価格が変動する場合があります。

 

オートバックス 基本料金 法定費用 合計
軽自動車 12,800円 32,770円 45,570円
車両重量~1.0t 12,800円 43,330円 56,130円
車両重量~1.5t 12,800円 51,530円 64,330円
車両重量~2.0t 12,800円 59,730円 72,530円
車両重量~2.5t 12,800円 67,930円 80,730円

※運営会社によって金額に変動がある場合があります。

 

エネオス(DD車検) 基本料金 法定費用 合計
軽自動車 23,760円 33,070円 56,830円
小型乗用車 25,920円 43,930円 69,850円
中型乗用車 27,000円 52,130円 79,130円
大型乗用車 28,080円 60,430円 88,510円

※運営会社によって金額に変動がある場合があります。

ディーラーよりも2~4万円安く済むのがカー用品店・車検専門店・ガソリンスタンドの良い点であるといえます。これだけの価格差があるとなると、ディーラーに行く意味はない?と思う方も多く出てくることでしょう。では、ディーラーで車検をするメリットやデメリットは何なのでしょうか。

ディーラー車検のメリット・デメリット

価格の差によって損なイメージのあるディーラーでの車検。そこでディーラーで車検を受けるメリット・デメリットを確認しておきましょう。

メリット

  • そのメーカーの車のプロであるディーラーに預けることによる安心感
  • 最新式のコンピューター等による精密な診断・点検が受けられる
  • 交換部品は正規品
  • 消耗品の交換に必要な工賃は料金に含まれていることが多い

 

デメリット

  • 費用が高い

 

メリットで上げられる点の一番大きな部分は「安心感」です。整備し免許を持ち、そのメーカーの車を知り尽くしたメカニックが見てくれる。あとからあとから追加費用がかかる尾言うようなことは滅多になく、最新のチェックシステムで愛車を診断してくれる。それをしてくれるのはディーラーだけです。

カー用品店やガソリンスタンド等では、「オイル交換が必要なのでオイル代と工賃を・・・」「ワイパーゴムが劣化してるので・・・」と車検費用とは別に交換部品の費用と工賃が発生し、結果的に10万円を超える車検費用になることも少なくありません。

また、カー用品店やガソリンスタンドでは整備士免許を持たないアルバイト店員が作業に加わることもあります。

ディーラーでの車検は、自分や家族の命を乗せる車に対する安心にお金を出しているものだといえるのではないでしょうか。

ディーラーでの車検まとめ

ディーラーでの車検は高いのか?メリット・デメリットは?という内容をご紹介してきました。

確かに、他の車検サービスと比較してディーラーの車検費用は安いものではありません。しかし、車は自分や家族の命を乗せて走っており、故障や運転のミスによって他人を傷つけることもありえるのです。

普段から定期的なオイル交換や消耗品の交換を怠らず、故障しないよう気をつけている方は車検費用を節約してもいいと思いますが、日ごろなんの点検もメンテナンスもしてないという人ほど、車検のときはお金をかけてしっかり整備するべきです。

ディーラーでは車検以外にも点検やメンテナンスのスケジュール管理なども行ってくれます。車のことは良くわからないという方は、しっかりとプロに愛車の状態管理を任せておくことが安心して車に乗れるための最善の方法なのではないでしょうか。

価格の設定にはそれなりの理由があるということ。ディーラーが高い理由とそのメリットを把握して、次の車検はディーラーへ依頼してみてはいかがでしょうか。