トヨタ・シエンタ家族に 人気の秘密

シエンタはトヨタ最小のミニバンとして、ファミリー世代を中心に人気となっているモデルです。

ミニバンといえば、角ばったエクステリアデザインが主流ですが、シエンタは流線型でスポーティーなエクステリアデザインを施しました。

この記事では、トヨタ・シエンタの人気の秘密を紹介します。

トヨタ・シエンタの人気の秘密はエクステリアにあり

トヨタ・シエンタのエクステリアには、トレッキングシューズのように思わず履いて出かけたくなるようなデザインが施されています。

勢いがあるサイドビューを演出するために、シアターレイアウトといわれる後方を高くする乗員配置にした上、前傾ぎみのキャビンにしました。

さらに、低い床をイメージさせるリヤドアの開口ラインによって、使いやすい室内をアピール。

フロントは幅広感と低重心をアピールするために、ヘッドランプより下方に向かって一筆書きで描かれたようなバンパーガーニッシュを採用し、バンパーコーナーを強調させました。

リヤビューは、絞り込まれたキャビンと膨らみがあるロアボディの組み合わせによって、安定感を演出しました。

更に、機能的で豊かな表情を演出するために、コンビランプとバンパープロテクターを一体化したバンパーガーニッシュを採用。

一方、乗り降りを楽にするために、スライドドアの乗り込み高さを低くしたり、ドア実開口幅を拡大したりしました。

挟み込み防止機能付のワンタッチスイッチ付パワースライドドアを採用したので、スイッチをオンにするだけで、自動的に開閉が可能、

紹介したトヨタ・シエンタのエクステリアについて、次のようなネットの口コミがありましたので、紹介します。

トヨタ・シエンタのエクステリアへの口コミ

Aさん「個性的なエクステリアデザインが気に入りました。このエクステリアが無かったら、購入対象とならなかったです。」

Bさん「髭のようなガーニッシュが気になりましが、シックな色合いのボディーにすることで目立たなくなりました。運転している時は、エクステリアについては気にならないので、問題はありません。」

Cさん「思い切ったデザインの車だと思いましたが、巷でよく見かけるようになり、慣れたせいか、違和感が少なくなりました。」

Dさん「個性的なエクステリアデザインなので、違和感がありましたが、見慣れると良く見えてくる感じはします。」

口コミから、バンパーガーニッシュによって個性が引き出されたエクステリアについての評価は分かれます。ただ、エクステリアを気に入って購入している人もいて、人気の秘密となっています。

トヨタ・シエンタの人気の秘密はインテリアにあり

機能性や操作性を重視しつつ、高い質感のインテリアを実現するために、インパネはオーソドックスかつ広さが感じられアッパーとスイッチ類を腕の動作に合わせて配置したロアに分けました。

アクセントカラーをオレンジにして、サテンメッキやピアノブラックといった加飾を施すことで、遊び心や高い質感を演出しました。

使い勝手がよい収納スペースを確保するために、助手席アッパーボックスやデッキサイドトリムポケットなどを車内に配置。

セカンドシートの下に、ハイブリッドバッテリーや薄型燃料タンクを配置することで、低床フラットフロアも実現。

3列シートレイアウトは、後席になるほどヒップポイントを高くすることで、見通しを改善した上、7人乗りタイプと6人乗りタイプを用意することで、色々なニーズに応えています。

ゆとりがある足元を実現するために、ニークリアランスを拡大したセカンドシートを採用しました。

タンブル機構があるセカンドシートを採用したので、簡単に折りたたむことができ、乗り降りが楽です。

シート幅を拡大したベンチ風サードシートを採用したことで、大人がしっかり座れるスペースを確保。

セカンドシートのタンブル機構、サードシートのダイブイン機構によって、色々な場面で活躍できるマルチスペースが出現します。

ご紹介したトヨタ・シエンタのインテリアについて、次のようなネットの口コミがありましたので、紹介します。

トヨタ・シエンタのインテリアへの口コミ

Aさん「男女どちらでも受け入れられるインテリアのデザインですね。快適な居心地が感じられます。」

Bさん「おしゃれなシートは気に入っています。室内高が高いので、子供を送迎する際に、2列目シートを倒し、自転車がさくっと収まるので便利です。」

Cさん「インテリアはプラスチッキーな印象ですが、見せ方が上手いので気になりません。収納スペースが少し足りない感じはしますね。」

Dさん「シンプルですが、お洒落な雰囲気が漂うインテリアとなっており、このクラスのファミリーカーとしては十分な質感もあり、満足しています。」

コメントから、インテリアは、デザインや広い室内、シートアレンジといった点が好評で人気の秘密となっているようです。

トヨタ・シエンタの人気の秘密は走りにあり

トヨタ・シエンタにはガソリン車とハイブリッド車が用意されています。

ハイブリッド車には、1.5Lハイブリッドシステム(リダクション機構付のTHSⅡ)を採用し、ミニバントップレベルの低燃費を達成しました。

ガソリン車(2WD車)は、アトキンソンサイクルの1.5L新エンジン(2NR-FKE)に加え、クールドEGR、VVT-iEなどを採用することで、優れた燃費や環境性能を実現。

ご紹介したトヨタ・シエンタの走りについて、次のようなネットの口コミがありましたので、紹介します。

トヨタ・シエンタの走行性能への口コミ

Aさん「FUNBASE Gを所有していますが、安定した走りと静かなエンジン音は気に入っていますが、自分にとってはCVTの特性に慣れが必要でした。」

Bさん「Xに乗っていいますが、Sモードにすると、よく走るので頼もしいです。ただ、走行シーンによってモードを切り換えないと、トータルでの満足感が得られません。ハンドルは軽め、サスは硬めとなっており、これまでのトヨタの車とは少しイメージが違う感じがあり気に入っています。」

Cさん「Gに乗っていいますが、エンジンの出力はカタログスペック以上に感じられ、アクセルペダルを踏み込めば予想以上の加速感があり、高速などの合流でも問題なくクリアしてくれます。CVTのスタート加速は申し分ないですが、回転数に応じた加速感が得られない点は、通常のATに乗ってきた人にとっては、違和感があると思います。硬めのサスはヨーロッパの車を意識しているように感じられ、しっかりした走りを演出してくれるので、気に入っています。」

Dさん「G 4WDを所有していますが、坂道でアクセルを踏み込んだ時の音が少し気になります。乗り心地はよく、快適な走行が楽しめます。」

コメントから、トヨタ・シエンタのサスペンションについては評価が高く、人気の秘密かもしれません。

まとめ

 

トヨタ・シエンタの人気の秘密を探ってきました。

シエンタのエクステリアには。いままでの角ばったミニバンとは一線を画す流線型でスポーティーなデザインを施しており、ガーニッシュが個性を引き出しています。

実用性と高い質感を実現したインテリアは注目です。

走りについては、ガソリン車とハイブリッド車が用意され、優れた燃費や走行性能を発揮します。

コメントでは、個性的なスタイリング、室内の広さ、シートアレンジ、硬めのサスペンションが評価されており、人気の秘密になっているようです。

この記事がこれからトヨタ・シエンタを購入しようとする人の参考になれば幸いです。