日本一売れているトヨタ・C-HR 人気の秘密

拡大し続けるコンパクトSUV市場に投入されたトヨタ・C-HR。

これまでのSUVは無骨なエクステリアデザインが主流でしたが、クーペのようなイメージが漂うC-HRが販売台数をグングン伸ばしました。

トヨタ・C-HRがこれだけ、人気になった秘密を探っていきます。

トヨタ・C-HRの人気の秘密はエクステリアにあり

SUVといえば無骨なイメージがありますが、トヨタ・C-HRのエクステリアはダイヤモンドをイメージしてデザインされているので、洗練された輝きを放ちます。

トヨタ・C-HRを側面から眺めると、絞り込まれたボディーと張り出したホイールフレアの組合せによって、抑揚やメリハリが効いており、まさしくダイヤモンドを彷彿させる仕上がりとなっています。

更に、ボディーに一体化したようにみえるリヤドアのハンドルによって、クーペのようなイメージも演出。

キーンルックやアンダープライオリティなどトヨタらしさを取り入れつつ、翼のようなヘッドランプを組わせることで、鋭さが感じられるフロントマスクに仕上げました。

バックドアとキャビンに一体感をもたせつつ絞り込み、リヤフレアとリヤコンビランプに膨らみをもたせることで、安定感が感じられるリヤビューになりました。

紹介したように、トヨタ・C-HRは、これまでのSUVのイメージとは一線を画すエクステリアデザインを施していますが、次のようなコメントがネットに掲載されているので紹介します。

外観についてのコメント

Aさん「個性的なエクステリアデザインですが、細部まで丁寧に作り込まれています。クーペの雰囲気を漂わせるスタイリングですね。」

Bさん「エクステリアの評価は分かれるとは思いますか、スポ―ツ志向が強く、気に入っています。」

Cさん「奇抜とか個性的とかいう表現が当てはまるエクステリアですが、そこが気に入って購入しました。」

コメントでは、個性的やスポーティーなエクステリアという評価があり、その辺が人気の秘密かもしれませんね。

トヨタ・C-HRの人気の秘密はインテリアにあり

トヨタ・C-HRは、広々した室内空間を演出するために、ソフトパッドを使いインパネとドアトリムに繋がりを持たせた上、メタル調のオーナメントなどを採用。

運転手に向けられた操作パネルや操作しやすいレイアウトは、操作を円滑にしてドライブに集中できる室内空間にしました。

放射線状のブルーラインが印象的な2眼筒型タイプのメーターによって立体感や先進感を演出し、4.2インチTFTカラーのマルチインフォメーションディスプレイによって多彩な情報が提供できるようになりました。

更に、優れたホールド性を発揮するスポーティシートを採用しました。

このシートは、長時間の運転による疲れにも配慮されており、座骨の圧力を分散するために、パッド(座面)の厚さや硬度を最適化。

一方、剛性を確保し、内部構造を刷新したアクセルペダルによって、優れたペダルコントロールを実現し、スタート時のスムーズな加速や、ペダルを踏み込んだ際にリニアな加速が得られるようになりました。

一方、ブレーキペダルは位置や角度にこだわっており、新しく設計したブッシュも採用することで、踏み込み時のレスポンスを向上。

紹介してきたトヨタ・C-HRのインテリアについては、ネットで次のようなコメントがありましたので紹介します。

インテリアについてのコメント

Aさん「程よい包まれ感が感じられ、高級感も漂うインテリアは心地よいです。カーナビの位置はちょうど良く見やすいですね。」

Bさん「カーナビやエアコンがドライバーに向いているため、使い勝手がよいです。カーナビの画面が高い位置なので、視線移動が少なく確認が楽です。インテリアには曲線美が感じられ、高級感があります。」

Cさん「ナビなどが、運転席に向いているので、使いやすく気に入っています。」

トヨタ・C-HRのインテリアには、高級感が漂う上、ナビについては使い勝手が良かったり、見やすかったりするといった口コミがあり、人気の秘密かもしれません。

トヨタ・C-HRの人気の秘密は走りにあり

トヨタ・C-HRのサスには、新しく開発したマクファーソンストラット(フロント)、ダブルウィッシュボーン(リヤ)を採用。

更に、大径化したスタビライザーや減衰力特性を最適化したアブソーバーなどを採用することで、乗り心地や操縦安定性を向上。

更に、ボディーを環状骨格構造にした上、接合部に構造用接着剤を採用したことで、剛性に加え、乗り心地、操縦安定性も向上させました。

一方、トヨタ・C-HRには、1.8Lエンジン+ハイブリッドシステムと1.2Lターボエンジン+2WD・4WDが用意されています。

1.8Lエンジン+ハイブリッドシステムは、2ZR-FXEエンジンに加え、ハイブリッドトランスアクスル、高回転モーター、パワーコントロールユニット、ハイブリッドバッテリーで構成され、クラストップレベルの低燃費と楽しい走りを実現しました。

高効率化したシステムによって、燃費性能を向上させつつ、モーターで発生させる高トルクをしっかり利用することで、発進加速のレスポンスがよくなるように改善しました。

一方、1.2Lターボエンジン+2WD・4WDは、低燃費と爽快な走りを両立させました。

1.2L 8NR-FTS(直噴ターボ)エンジンにはシングルスクロールターボチャージャーを採用。

VVT-iW、VVT-iを採用することで、バルブの開閉タイミングを上手くコントロールできるようになりました。

更に、燃料噴射システム・D-4Tを採用し、燃焼効率を最適化しました。

このような取り組みによって、広範囲の回転域で最大トルクを発生させ、優れたアクセルレスポンスや、ストレスがない加速フィーリングを実現しました。

トヨタ・C-HRの走りについて紹介しましたが、ネットで次のような口コミがありましたので、紹介します。

走行性能についてのコメント

・Aさん「G-T 4WDに乗っていますが、ハンドリングは素晴らしいものがあり、快適なドライブが楽しめます。急加速の際に少しパワー不足が感じますが、スポーツモードに変えることで解消するので問題ないです。」

・Bさん「G-T Mode-Nero 4WDを所有していますが、ロール感が少なくコーナーで楽しく走れ、乗り心地も良いです。パワーがあるエンジンとはいえませんが、ストレスはありません。スポーツモードにすれば快適です。」

・Cさん「S-T LED Packageに乗ってしますが、カチッとしたサスで、ロールも少ないので、あらゆる路面で快適に走れます。エンジンはのんびり走るのであれば、エコモードで十分ですね。」

走りについては、パワー不足という評価がある中、ロール感が少ないサスペンションを高く評価するコメントが目立ち、トヨタ・C-HRの人気の秘密かもしれません。

まとめ

 

トヨタ・C-HRには、土埃を舞い上げて豪快に走るSUVといったイメージよりは、都会の風景に溶け込むエレガントなイメージが漂います。

環境に配慮したハイブリッドシステムやパワフルな走りができるターボエンジンを搭載したグレードが用意されており、ニーズに応えているように感じます。

しっかり作り込まれたインテリアもトヨタらしさをしっかり演出していると感じます。

口コミでは、個性的かつスポーティーなエクステリア、高級感があり使い勝手がよいインテリア、ロール感が少ない走りといった点が評価されています。

このような点が人気の秘密かもしれません。