トヨタ新型カローラスポーツの評価

トヨタ自動車が満を持して発売した新型車のカローラスポーツ。次世代プラットフォームの総称である「TNGA」を採用し、車としての基本性能に大きく磨きがかかった5ドアハッチバックです。今回は世界中で大きな注目を集めているカローラスポーツの魅力に迫りたいと思います。

オーリスの後継モデル、カローラスポーツの魅力

カローラスポーツはトヨタ自動車が製造・販売を手がけている5ドアハッチバックです。欧州市場での分類としてはCセグメントに該当し、フォルクスワーゲン・ゴルフやマツダ・アクセラ、スバル・インプレッサなどが競合車種として存在します。

元々は2018年3月まで販売されていたオーリスの後継車種でしたが、ターゲット層の高齢化が進むカローラブランドに若年層を取り込むために、カローラスポーツとして再出発しました。

カローラスポーツはトヨタが本腰を入れて開発したこともあって、たくさんの魅力を備えています。今回はその中でも特に心が揺さぶられる魅力を4つ紹介するので、カローラスポーツの購入を考えている人はぜひ参考にしてください。

スポーティーで個性的なスタイリング

カローラスポーツの大きな魅力の1つとして、スポーティーで個性的なスタイリングが挙げられます。実用的な5ドアハッチバックでありながら、スポーツカーのようにロー&ワイドなシルエット。

さらに、トヨタ自動車のグローバルデザインである「キーンルック」を採用したことで、精悍なフロントマスクを実現しました。カローラスポーツのスタイリッシュなデザインに惹かれ、購入を検討している人も多いのではないでしょうか。

昨今のトヨタ車はごちゃごちゃとした印象を受けるデザインの車が多いですよね。プリウスやC-HRはまさにそんな感じで、人によって好みが大きく分かれます。

カローラスポーツも斬新な形状のヘッドライトや大きく口を開いたようなロアグリルなど、個性が強いです。しかし、ムダのないシンプルなデザインにそれらを上手く取り入れることで、洗練されたフロントマスクに仕上がっています。

ボディラインもムダを削ぎ落としているため、カローラスポーツのボディに刻まれているキャラクターラインは最低限です。リアのデザインも、昨今のトヨタ車としては比較的シンプルな部類に入ります。

しかし、サイドのキャラクターラインやリアバンパーのデザインは、テールゲートに向かって絞り込むようなデザインを採用していて、少し複雑な面構成です。これにより、フロントやサイドから見たときは軽快でスタイリッシュな印象を、リアから見たときはマッシブで力強い印象を与えています。

テールランプの形状もヘッドライトと同じような攻めたデザインを採用しており、統一感が出ていますね。カッコいいだけの車なら、カローラスポーツを選ばなくても選択肢はたくさんあります。

しかし、カッコいいだけだとすぐに飽きてしまいますし、何より没個性です。その点、カローラスポーツはカッコよさだけでなく、個性をしっかりと感じることができる魅力的なスタイリングに仕上がっています。

TNGAの採用により気持ちの良い走りを実現

カローラスポーツはトヨタ自動車の次世代プラットフォームの総称である「TNGA」を採用しています。「TNGA」は部品の共通化や開発の効率化によるコスト削減を行うと同時に、車としての基本性能を大幅に向上させる目的もあります。

カローラスポーツはヘビーユーザーを唸らせるほどの優れたスペックこそありませんが、「TNGA」を採用することによって、ドライバーの感性に訴えかける気持ちの良い走りを実現しているのです。もちろん、気持ちの良い走りを実現するために、トヨタ自動車がこだわった部分もあります。

その代表的な要素が、ダブルウィッシュボーン式サスペンションや6MTの採用です。上記でもお伝えしたように、カローラスポーツはCセグメントという分類に該当します。Cセグメントは世界中で最も人気があるカテゴリですが、できるだけ安価な価格設定で発売するためにも、開発コストや製造コストをかけにくいカテゴリでもあるのです。

しかし、トヨタはカローラスポーツに部品点数が多く、製造コストの高いダブルウィッシュボーン式サスペンションを標準採用しました。また、CVTに比べて販売台数が遠く及ばないことが明らかな6MTをターボモデルに設定しています。

これもすべては気持ちの良い走りを実現するためです。実用車であるカローラスポーツに、大勢の人たちはスポーツカーのような要素を求めません。ですが、これらの要素が付加価値として存在すれば、カローラスポーツの魅力は一気に高まります。実際にカローラスポーツの走りは、日本だけでなく世界中で高い評価を得ているようです。

スポーツカーでなくても、走りは楽しむことができます。カローラスポーツの走りには運転が好きじゃない人でも、なんとなくドライブに出かけたくなるような魅力が秘められているのです。

スポーティーなのに実用性も高い

上記ではカローラスポーツのデザインや走りの良さなど、カローラスポーツがいかにスポーティーであるかを中心にお伝えしてきました。本来、車のスポーツ性とは実用性と相反する要素です。

スポーティーな車は実用性に欠けることが多く、逆に実用性を重視した車はスポーツ性に乏しくなっています。ですが、カローラスポーツはスポーティーなのに、実用性もしっかりと考慮してあるという大きな魅力を備えています。

まず、スポーティーな車は車内空間がタイトなイメージが強いですが、少なくともカローラスポーツはそんなことはありません。

5人乗りの車としては標準的な車内空間を実現しており、特に後部座席は、大人が3人座ってもゆっくりとくつろぐことができるスペースがあります。足元や膝周りの空間にも余裕があり、快適な移動を満喫することができるでしょう。

続いて、カローラスポーツの実用面で気になるラゲッジスペースの使い勝手。ラゲッジスペースが狭いとろくに荷物を積載することができず、困ってしまうことがありますよね。

独身であれば何とかなりますが、ファミリー層にとっては、ラゲッジスペースが狭いと購入の候補にすら入らないくらい致命的です。カローラスポーツのラゲッジ容量は352Lとなっています。

この数値はトヨタ自動車を代表するコンパクトカーであるアクアよりも53L大きく、同じくトヨタ自動車を代表するハイブリッドカーであるプリウスよりも8L小さな数値です。これはつまり、カローラスポーツのラゲッジスペースが十分に広いことを意味しています。

このように、カローラスポーツはスポーティーな味付けがなされているにもかかわらず、後部座席もラゲッジスペースも、日常生活で困ることのない十分な実用性を実現しているのです。

安心・安全・快適なコネクティッド・サービス

カローラスポーツはトヨタ自動車が提案する、次世代の自動車サービスを採用した車「コネクティッド・カー」第1弾です。「コネクティッド・カー」とは車載通信機である「DCM」を標準搭載した車のこと。

これにより、「コネクティッド・サービス」と呼ばれる手厚いサービスを受けることができます。「コネクティッド・サービス」の中で最も代表的なものは、オペレーターサービスです。

車内に設置されたスイッチひとつで、トヨタサポートセンターの専任オペレーターにコンタクトをとることができ、さまざまな情報を検索してもらったりリモート操作で目的地を設定してもらったりすることが可能となりました。

さらに、カローラスポーツとスマートフォンアプリのLINEを連携することで、車に乗ることなく、事前に目的地を設定したりガソリンの残量を確認したりすることができます。とても便利ですよね。

「コネクティッド・サービス」は利便性を高めるだけではありません。事故を起こしてしまったときや車内で急に具合が悪くなってしまったとき、スタンバイしているオペレーターがドライバーや車の状態から現在の状況を判断。

場合によっては通報したり救急車を呼んだりして、ドライバーのサポートを行います。「コネクティッド・サービス」は万が一のときにも、大きく役立つシステムなのです。カローラスポーツを購入すれば、こんなにも素晴らしいサービスを無償で受けることができます。

「コネクティッド・カー」として販売されている車種は、現時点でカローラスポーツのほかにクラウンしかありません。「コネクティッド・サービス」はカローラスポーツを選ぶ最大の魅力となるでしょう。

まとめ

スポーティーでありながら、プリウスと比較しても遜色ない実用性。そして、クラウンとカローラスポーツだけに用意された「コネクティッド・サービス」。

少なくともこれだけの魅力がカローラスポーツにはあります。トヨタ自動車の先進安全技術である「トヨタ・セーフティセンス」も標準装備してあるので、予防安全性や衝突安全性も国産車最高峰です。

カローラスポーツは2018年現在、最も魅力的な5ドアハッチバックであることに間違いはありません。