2018年ハイブリッドカーの最新トレンドと人気車を比較!!

ハイブリッドカーはガソリン車と電気自動車のいいところを合わせた車です。

ハイブリッド車は今や人気の車種の一つで、燃費も性能もかなり上がってきています。

これから乗り換えようと考えている人も多いのではないでしょうか?

とはいえ、

・種類が多すぎて人気車種の違いがわからない
・どの車が良いのかわからない

という方も多いと思います。

そこでこの記事ではハイブリッドカーのスペックや特徴を比較して、どの車を選択するかその悩みを解決します。

具体的には、

・近年のハイブリッドカートレンド
・人気のハイブリッドカー比較
・まとめ

の順番にポイントのみをご紹介していきます。

2分程度で読めますし、シーン別に解説するため自分にあった車を見つけることができますよ。

是非ともハイブリッドカーの購入を考えている人は参考にしてみてくださいね。

近年のハイブリッドカートレンド

ハイブリッド車はモーターとガソリンエンジンの2つの動力源を持ち、即座に切り替えることができるため両方の長所を活かすことが出来ます。

似ているものとしては

PHV(プラグインハイブリッド車)

EV(電気自動車)

FCV(燃料電池車)

などが存在します。

PHVはプラグインハイブリッド車のことで通常のハイブリッド車のように動力源は2つですが、家庭用電力からも発電することが可能。

一方でハイブリッドは発電をするのに一定以上の走行距離が必要になります。そのため短距離での使用はあまり特性を生かせないのです。

反対にPHV車ならば家庭用電気での充電が可能なため短距離でも電気との切り替えで効果的に運転が可能です。

 

EV車(電気自動車)とFCV(燃料電池車)はモーターのみ搭載された自動車で、動力の切り替えなどは必要ありません。

しかしガソリン車と同じようにEVには電気、FCVには水素の補充が必要になるため近くに確実に補充できる環境が必要になります。

 

ハイブリッド車の一番の特徴はなんと言っても燃費の良さでしょう。

動力が1つでは無いため長期間の走行も問題なく走ることができて、ガソリンエンジンと比較すると燃料代は半分以下に抑えることもできるのです。

通常ガソリン車の方が数十万円ほど高いですが、エコカー減税などの補助金の対象になっているため実際の購入価格はメーカーの小売希望価格よりも安い価格で購入することが出来ます。

しかし、デメリットもありガソリンエンジンとは違いバッテリーの寿命が存在します。内部構造が複雑なこともあり扱える人も限られてきます。

そのため、一つのパーツが故障したらガソリン車以上に修理にコストが掛かります。

補助バッテリーの交換でも3~4万、メインのバッテリーでは15万前後かかります。ガソリン車が1万円前後と考えるとかなり割高とも言えるでしょう。

初期費用も結構かかるため判断に困るところです。

人気のハイブリッドカー比較

ハイブリッド車は前述の通り、走りは静かで燃費もガソリン車の半分程度とこんな便利なハイブリッド車に乗ってみたいと考えた方も多いと思います。

しかしネックになってくるのが、車体価格です。補助金がでてもやはり比較的高めに設定されています。

そこでハイブリッド車でも手が出やすい価格帯のハイブリッド車3車を比較し紹介します。

比較する3車

トヨタ「アクア」

ホンダ「フィット」

スズキ「スイフト」

です。

・トヨタ「アクア」

トヨタ「アクア」はプリウスのように空気性能を抑えるデザインにもなっていて運転性も良いためコンパクトハイブリッド車の中ではダントツの売上を誇っています。

その静寂性はEVドライブモードにすれば、通常時以上に静かなためいつでも走行ができます。

その燃費性能は37km/Lと驚異的な低燃費です。これらは理論値ではありますが、通常通り運転しても30km以上は走行が可能となっています。

また、コンパクトカーでありながら荷物も十分に積むことができる室内空間も魅力でしょう。

ホンダ「フィット」

ホンダ「フィット」は燃費、価格帯は「アクア」とほぼ同じですが、ホンダセンシングが導入されているため安全で快適なドライブを楽しむ事ができます。

ホンダセンシングは一部のホンダ車に付けられている安全運転支援システムのこと。

自動ブレーキや誤発進抑制機能などの衝突回避支援機能に加え、ステアリング制御など、全8種類を装備しており、より安全快適な運転が可能になっています。

・スズキ「スイフト」

スズキ「スイフト」は日本生まれのコンパクトカーではありますが、欧州の足回りを採用しており他社のコンパクトカーに比べて重厚感のある乗り心地が体験できるとのことで、人気を集めています。

玄人好みの車に仕上がっているため、コンパクトカーに乗り慣れている人には違和感があるかもしれません。

もちろん燃費性能もハイブリッド車なのでバツグンであり、ストレス無くドライブができるでしょう。

200万円以下でハイブリッド車ということも踏まえるとお得です。車に普段から乗り慣れている人や少し変わった車に乗りたい方にはおすすめの1台です。

まとめ

ハイブリッド車の中でも200万円台の価格帯の3車を比較して紹介してきました。それぞれをまとめると、

トヨタ「アクア」は非常に優秀なバランスタイプで万人向けの車です。燃費良し、性能良し、価格良しまさに優等生といったところでしょう。

ホンダ「フィット」はハイブリッド車の中でも安全性が強化された車です。

他のコンパクトハイブリッド車以上の安全性を兼ね備えているため、普段運転しない人などはこの車だと安心かもしれません。

スズキ「スイフト」は反対に玄人好みの車です。燃費や価格もさることながら欧州仕様の足回りは、運転を楽しみたい人にとっては非常に嬉しいポイントです。