ホンダヴェゼルがマイナーチェンジにより安全装備&走りが進化!

洗練したフォルムと荷室や室内の広さで人気となっているヴェゼル。カテゴリーを超えた自動車として人気となっています。

今回のマイナーチェンジでヴェゼルの安全装備と走りが進化しましたので紹介します。

ヴェゼルの進化を遂げたエクステリアについて

ヴェゼルのエクステリアは、デザインを一新したフロントのグリルやバンパー、LEDヘッドライト(インラインタイプ)を採用することで、パワフルかつ先進性が感じられる仕上がりとなりました。

今回、全8色のボディーカラーが用意され、「オーロラアメジスト・メタリック」、「シルバーミストグリーン・メタリック」の2色が新開発新色、プラチナホワイト・パールが新採用色となっています。

優れた質感と快適装備が加わったヴェゼルのインテリアについて

今回のマイナーチェンジで、形状&ステッチが変更されたフロントシートが採用されたことによって、優れたホールド性に進化し、質感も向上。

新しくApple CarPlay」「Android AutoTMに対応したので、USBでスマートフォンに接続し、音楽再生の他、通話、マップアプリの操作が、音声で行えるようになりました。

ヴェゼルの磨き抜かれた走りについて

ハイブリッドモデルに搭載される「SPORT HYBRID i-DCDは改良することで、円滑な加速が実現。更に、新しく採用されたブレーキペダルのリンク機構によって、ブレーキペダルを踏む際に、ペダルの軌跡が適正化され、円滑なブレーキキングを実現しました。

最適な位置に配置した制振材に加え、構造を刷新した高圧燃料ポンプ(エンジン内)によって、静粛性が増しました。摩擦を低減したカムチェーンなどを採用したガソリンエンジン搭載モデルの燃費が21.2km/LJC08モード)に向上しました。

4WDモデルに採用されているリアルタイムAWDのトルク・コントロールを進化させることで、雪道で旋回したり、登坂でスタートしたりする際に、安心感が増し、上質な走りが実現。

ヴェゼルの充実した安全装備について

マイナーチェンジしたヴェゼルのガソリン及びハイブリッドモデルの全タイプにHonda SENSING(8機能)を標準装備しました。

前方向の状況を認識するために、ミリ波レーダーと単眼カメラを使い、ブレーキやステアリングのコントロールテクノロジーが協調することで、安心かつ快適なドライビングができたり、事故を回避することを支援できたりします。

衝突回避支援機能として自動ブレーキ、誤発進抑制機能などが搭載。

LKAS〈車線維持支援システム〉」が搭載され、車両が車線のセンターを走行できるように補助します。

更にACC〈アダプティブ・クルーズ・コントロール〉」によって、アクセルを戻しても、前を走る車との車間距離を保持します。

このようなことにより、運転手の負担を減らし、快適な運転を補助します。

ヴェゼルとCH-Rのボディー、室内空間、エンジンなどの比較について

ヴェゼルとCH-Rはライバル車としてよく登場するので、ここではヴェゼル XC-HR G-Tのボディー、室内空間、エンジンなどについて比較します。

ボディーに関しては、ヴェゼル XC-HR G-Tと比較して、全長は30mm、全幅は25mm小さく、全高は40mm大きくなっています。

室内空間に関しては、ヴェゼル XC-HR G-Tと比較して、室内長は130mm、室内幅は30mm、室内高は55mm大きくなっています。

車両重量に関してはヴェゼル XC-HR G-Tと比較して、200㎏軽いです。

エンジンに関しては、ヴェゼル XC-HR G-Tと比較して、最高出力は15PS大きく、最大トルクは3.1kmm小さくなっており、燃費は4.2kml優れています。

 

ヴェゼルX

ボディー(全長:4330mm 全幅:1770mm 全高:1605mm)

室内空間(室内長:1930mm 室内幅:1485mm室内高:1265mm)

車両重量1270kg

燃費(JC08モード)19.6kml

エンジン(最高出力:131ps(96kW)/6600rpm

最大トルク15.8kgm(155Nm)/4600rpm

C-HR G-T

ボディー(全長:4360mm 全幅:1795mm 全高:1565mm)

室内空間(室内長:1800mm 室内幅:1455mm  室内高:1210mm)

車両重量1470kg

燃費(JC08モード)15.4kml

エンジン(最高出力:116ps(85kW)/52005600rpm

最大トルク18.9kgm(185Nm)/15004000rpm)

まとめ

マイナーチェンジしたヴェゼルについて紹介しましたが、エクステリアではフロントマスク、インテリアではシートなどが変更され、進化した感じはします。

走りについては、ハイブリッドシステムや4WDなどがチューニングされ、磨きがかかったイメージです。このようなことから、運転するのが楽しくなるような内容が追加され、期待できそうです。

CH-Rと比較しても、車両重量は軽かったり、室内空間は広かったりする上、燃費も優れています。

これから、ヴェゼルを購入する人の参考になれば幸いです。