ホンダN-ONEがマイナーチェンジ!ダイハツキャストと比較!!

プレミアム・軽として人気となっているN-ONEがマイナーチェンジしました。
レトロなイメージのN-ONEに4つのタイプが登場し、それぞれのストーリーを表現したので紹介します。

N-ONEの個性的な4つのタイプについて

4つの世界観をStandard、Select、Premium、RSで表現し、N-ONEの個性を更にアピールしています。


Standard

Standard

Standardは、すっきり機能的なイメージに仕上がりました。
視覚や利便性にこだわったインテリアはシンプルさを演出。丸くて大きいヘッドライトはつぶらな瞳を感じさせます。四角形からインスピレーションを得たリヤコンビランプは、ライン発光のLEDを装備。

Select

Select

Select上品さの中に潜むこだわりが感じられる仕上がり。
エクステリアはブラウンやクロームメッキで彩られ、インテリアはブラウン一色にすることで、上品さと温かみが感じられます。カラードディッシュホイールはレトロなイメージを漂わせています。

Premium

Premium

Premiumは、磨き上げられた上質なイメージや重厚感が漂う仕上がりになりました。
いたるところに散りばめられた加飾とブラック一色のインテリアで上質さを演出。
チタンコートのサブリフレクター(ヘッドライト)、クロームメッキのオーナメント、スモークタイプのリヤコンビランプを採用することで、ワンランク上の存在感が感じられます。

RS

RS

RSは、悍&スポーティーな仕上がりで操る感動を与えてくれます。
走りのボルテージが感じられるフォルムに、アクセントカラーとしてレッドを取り入れたインテリアによってスポーティーさをアピールしています。ダーククロームメッキ仕上げのLEDフォグライト、ブラックのアルミホーホイール(15インチ)を採用。

4つのタイプによって、N-ONEは個性的に彩られ、選ぶ楽しみが加わったような感じがしますね。

N-ONEの静粛性や利便性について

 

遮音機能付フロントウインドウガラスや適正に配置した遮音材や吸音材を採用したことで室内へ入ってくるエンジン音などを減らし、静粛さを実現。

360°スーパーUV・IRカットパッケージを採用したことで、全窓で紫外線を約99%、赤外線を確実にカットします。室内の利便性が向上させるために充電用USBジャック(急速充電対応タイプ)を2個追加。

荷室床下収納スペースが用意されており、洗車グッズや小物を収納しておくのに便利です。クルーズコントロールがタイプ別に設定されており、アクセルを踏まないで一定速で走行できるので、高速道路などで快適。

ヒルスタートアシスト機能

ヒルスタートアシスト機能

ヒルスタートアシスト機能が搭載されていますので、坂道で発進する際に、車両が後退することを、1秒間抑えます。軽自動車の室内は騒がしいというイメージを払拭するような装備などが採用されたので、快適なドライブが楽しめそうです。

更にあったら嬉しい装備も充実しており、使い勝手もよさそうです。

N-ONEとキャストのボディ、室内空間、エンジンなどの比較について

N-ONEとキャストはメディアでライバル車として登場しますので、N-ONE Standardとキャスト スタイルXのボディ、室内空間、エンジンなどについて比較します。

ボディに関しては、N-ONE Standardはキャスト スタイルXと比較して、全長、全幅は同じ、全高は10mm大きくなっています。

室内空間に関しては、N-ONE Standardはキャスト スタイルXと比較して、室内長は15mm大きく、室内幅は20mm、室内高は5mm小さくなっています。

エンジンに関してはN-ONE Standardはキャスト スタイルXと比較して、最高出力は6PS、最大トルクは0.5kg・m大きく、燃費は1.6㎞/l劣っています。

車両重量に関してはN-ONE Standardはキャスト スタイルXと比較して、10kg軽いです。

N-ONE Standard

ボディ:(全長:3395mm  全幅:1475mm  全高:1610mm )

室内空間:(室内長:2020mm  室内幅:1300mm 室内高:1240mm)

車両重量:830kg

燃費(JC08モード):28.4km/l

エンジン:(最高出力:58ps(43kW)/7300rpm 最大トルク:6.6kg・m(65N・m)/4700rpm)

キャスト スタイルX

ボディ:(全長:3395mm  全幅:1475mm 全高:1600mm)

室内空間:(室内長:2005mm 室内幅:1320mm  室内高:1245mm)

車両重量:840kg

燃費(JC08モード):30.0km/l

エンジン:(最高出力:52ps(38kW)/6800rpm  最大トルク:6.1kg・m(60N・m)/5200rpm)

両車はボディや室内空間ほぼ同等の広さがありますが、エンジンのパワーはN-ONE Standardが勝っており、燃費はキャスト スタイルXが勝っています。

まとめ

これまで、N-ONEをまとめてきましたが、4つのタイプに分けることで、それぞれの個性が際立っているように感じ、自分に合ったイメージのN-ONEが見つかるかもしれませんね。

キャストと比較しても、ハイパワーで車両重量が軽く、走りに関しては期待できそうです。

これから、N-ONEの購入を検討している人の参考になれば幸いです。