ワンボックスカー人気ランキング

数社の見積もりを比較して、最高額で売却しよう!

「消費税が上る前に車を買い替えたいな・・・」
「なるべく高い金額で売却したいな・・・」
「見積もり調べるの面倒くさいな・・・」

そこで!

複数の買取希望店舗が査定を行ってくれる
無料の「かんたん車査定ガイド」を使おう!

複数社が愛車の買い取り価格を競いあう為、最高額での売却が可能!

査定は遅ければ遅いほど損です!


ワンボックスカーといえば、業務用や乗用といった種類があり、働く自動車といったイメージ。ワンボックスカーはエンジンが運転席の下にあり、車両の大きさに対して、室内空間を最大限に確保した構造となっています。

エンジンが運転席の前にあるミニバンとはこの点で異なります。この記事ではワンボックスカーの人気ランキングを紹介します。

ワンボックスカー人気ランキング3位:スズキ・エブリイワゴン

スズキのエブリイワゴンは広々とした室内、低燃費、使い勝手のよさで人気の軽ワンボックスカー。

エブリイワゴンのエクステリア&インテリアには広さに加え、上質感やゆとりが感じられます。

最大限の広さやサイズを確保したスタイリングに仕上がっており、フロントマスクはシャープさに加え上質感、サイドビューには安定感、リヤビューはスマートさがあります。

ボディーカラーは5色用意されており、ガーデニングアクアメタリックやムーンライトバイオレットパールメタリックなどとなっています。

ドア開けて運転席に乗り込むと機能なインパネレイアウトに気付かされ、ベージュを基調しとしたインテリアは質感が高く、室内は、広々としており包み込まれ感と解放感が両立しています。

エブリイワゴンには色々なシートアレンジが採用されており、リヤシートは左右が分割して動き、助手席には前倒し機構があります。

更に、ユーティリティーナットが配置されおり、アクセサリーを装着できる上、室内空間をカスタマイズできるラゲッジボードステーを配置しました。

エブリイワゴンにはR06A型ターボエンジンを搭載し、低速からパワフルなトルクを発生させ、高速では伸びやかな走行が可能となりました。

このエンジンに組わせるのはトルク容量が改善した4ATとなっており、中低速で走りやすさが向上。

全車に衝突被害軽減ブレーキなど先進安全技術を標準で装備しました。

快適装備として、挟み込み防止機構が付いたワンアクションパワースライドドアが用意されており、携帯リモコンを持っていれば、ワンアクションスイッチをプッシュするだけで、解錠及び開閉ができます。

スライドドア(左)の開閉に連動して動く、電動オートステップも用意されており、乗降をアシストします。

車速連動式オートドアロックも採用され、約15km/hになると全ドアが自動的で施錠します。

ワンボックスカー人気ランキング2位:日産・NV350キャラバン

1973年に誕生したキャラバンは商用車に必要な基本性能が備わっている上、趣味やレジャーなどに使える利便性が高いモデル。

フルモデルチェンジした5代目・NV350キャラバンが現行モデルで、ガソリンエンジンやディーゼルエンジンが搭載されます。

エクステリアは、新しいレイアウトを採用したことで荷室が最大限に確保できた上、拡大したホイールベースを採用したことで、安定感があるスタイリングに仕上がりました。

フロントマスクには、アングルドストラットグリルを装着したことで立体感と存在感を両立。

シャープなイメージのバイキセノンヘッドランプにはLEDポジショニングランプを内蔵しました。

ボディサイドのキャラクターラインは躍動感を与え、ルーフサイドのドリップチャネルを廃止したことで、すっきりさせました。

インパネのアッパーは黒色、ロアは灰色の2トーンのカラーを採用することで、水平方向に広がり感が感じられるモダンなイメージを演出。

採用されたファインビジョンメーターは青色と白の表示が浮かび上がり、見やすく高精度な仕上がりとなっています。

明るい銀色やメッキを施したステアリングホールをはじめ、シフトノブ、メーター、空調ダイヤルやベンチレーションは上質感があります。

室内空間は4ナンバー枠の小型商用車での中では、クラストップの荷室長(3050mm)を実現し、優れた積載性を実現。

広々とした荷室空間と5:5分割可倒式シートによって、長尺物搭載しても、後席は、1名座ることができます。

荷室からの利便性を向上させるラゲッジユーティリティナットを荷室の側面にあるパネルに装備しました。

快適性などを向上させるために、プッシュエンジンスターターをはじめ、インテリジェントキー、足踏み式パーキングブレーキ、メーターパネル中央の車両情報ディスプレイなどを装備。

搭載するYD25DDTiエンジンは新しく開発したクリーンディーゼル・テクノロジーを採用しました。

また、QR20DEやQR25DEといったガソリンエンジンは燃費技術を積み重ねました。

これのことで、ディーゼルエンジン、ガソリンエンジンともに、クラストップレベルの低燃費を実現しました。

ワンボックスカー人気ランキング1位:トヨタ・ハイエース

ワンボックスの人気ランキングに輝いたハイエースは1967年に登場して以来、高い信頼性や広々した室内などが評価され、トヨタの売れ筋の自動車となりました。

5代目となるハイエースが現行車となっており、機能性と美しさを追求したデザインに加え、広々とした室内を獲得し、衝突安全性能や環境性能も向上しました。

エクステリアデザインは、スクエアなシルエットを基調に、張り出した面質、なだらかなサイドウインドゥ、上手くまとまったフロントマスク、シャープなサイドキャラクターラインやホイールアーチによりダイナミックさを表現。

インパネには、操作しやすいスイッチ類や確認しやすいメーター類に加え、オーソドックスかつ幅広なイメージのツートーンの配色を採用しました。

ウォークスルーのしやすくするために、インパネシフトやステッキ式パーキングブレーキを装着。

フラットマットを装着したシートバック(フロントシート)を採用したので、ホールド感を向上し、長時間の運転での疲労を減らしました。

ハイエースにディーゼルターボエンジンや2種類のガソリンエンジンを搭載しました。

2500ccインタークーラー付ディーゼルターボエンジン(2KD-FTV)は伸びやかなパワーとトルクを発揮。

2000ccガソリンエンジン(1TR-FE)は、優れた環境性能を発揮させ、国土交通省の低排出ガス車認定制度の平成17年基準排出ガス50%低減レベルを達成しました。

2700ccガソリンエンジン(2TR-FE)は、2000ccガソリンエンジン (1TR-FE)を排気量アップし、バランスシャフトを装着したことで、静粛性かつ高出力、低燃費を実現しました。

このエンジンに組み合わせるミッションは、フレックスロックアップ付4速オートマチックトランスミッションとなっており、燃費性能を向上させました。

これにより、国土交通省の低排出ガス車認定制度の平成17年基準排出ガス50%低減レベルを達成。

平成22年度燃費基準+5%」を達成(ワゴンロング:4WD車、スーパーロング)、平成22年度燃費基準(ロング:2WD車)を達成しました。

おすすめのワンボクックスカーとなっています。

まとめ

ワンボックスカーは、商用車として荷物や人を沢山運ぶことが多いですが、キャンピングカーに改造したり、バイクや自転車を運んだりする人も増えています。広い室内を利用して、車中泊を楽しむこともできます。

特にハイエースは、国内だけではなく、世界各国で人気あり、アジア、中近東、オセアニア、アフリカ、中南米などの人々が乗っています。

これから、ワンボックスカーの購入を検討している人の参考になれば、幸いです。

愛車の相場は今いくら?かんたん45秒入力のクイック診断!

「そろそろ新車に乗り替えたいな・・・」
「自分の愛車はいくらで売れるかな・・・」
「消費税が上る前に車を買い替えたいな・・・」
「今のうちに売っておいたほうがいいかな・・・」
「なるべく高い金額で売却したいな・・・」
「見積もり調べるの面倒くさいな・・・」

自分の所有する愛車を売却に出したいと検討されることも多いですが、
街中での買取店舗では相場を掴むことができずに、
売却後に後悔することにもなりかねません。

そこで!

たった3STEPのクイック診断サービスをつかおう!


複数の買取希望店舗が査定を行ってくれます!

メーカー・車名・車タイプ・事故歴・郵便番号などの項目を指定するだけで、
複数社から無料で見積もりの回答を得ることができます!

 

複数社が愛車の買い取り価格を競うため、最高額での売却が可能!

査定は遅ければ遅いほど損です!