中古車は値引きできるの?中古車をお得に購入するコツを伝授!

憧れのあの車を中古車で!少しでも安く車が欲しい!そのような時は中古車の購入を考えますよね。中古車は販売が終了した旧型モデルや車体価格が安い車など様々な状態の車が販売されています。

新車の値引き情報はネット上に溢れかえっていますが、中古車は値引きできるのでしょうか?年式や状態によってはかなりお買い得な中古車ですが、さらに値引きしてもらえたらうれしいですよね。そこで、中古車の価格設定の仕組みや値引き方法について解説していきましょう。

中古車は値引きできる?

中古車の値引きは不可能ではありません。ただ、ハードルは高いと言えます。
中古車は一般的に次のような順を追って店頭に並びます。

中古車が店頭に並ぶまでの流れ

買取業者が前オーナーから車を買い取る
中古車オークションにかけられる
中古車販売店が仕入れる
クリーニングなどを施して店頭に並ぶ

前オーナーから10万円で買い取った車だとした場合、買取業者がそのまま自社で販売しない場合はオークションに出され、販売店が10万円以上で仕入れます。

そこにクリーニングなどの施工費用、販売店の利益が乗せられた値段をつけて販売されているのです。買取業者が販売もしている場合は、仕入れ値である買取の10万円に利益を載せた金額を設定して販売します。

この利益分はあまり高くない価格に設定されていることが多く、車体からの値引きは難しいのが現実です。

年式が古い、走行距離が多い、傷や汚れが目立つなど、中古車特有の個体差を踏まえた金額で仕入れていますし、買う側としてもそれなりの金額でしか買おうとは思えませんよね。中古車販売店もその点は分かっているので無茶な価格は付けません。つまり、車体そのものの利益率はあまり高く設定されていないのです。

中古車販売店の利益に直結する部分は、整備費用や代行手数料、カーナビなどのオプション品の販売、延長保証サービスなどです。値引きの交渉をする場合はこれらを交渉材料として商談を進めていくことになります。

中古車の値引きをする方法

中古車の値引きは難しいというお話をしましたが、全くできないという訳ではありません。
新車のように数十万円の値引きは不可能に近いですが、数千、数万の値引きであれば交渉の余地はあります。

中古車の購入時に値引きをしてもらう方法を4つご紹介します。

車庫証明などの諸手続きは自分で行う

値引きの交渉の第1歩が「代行手数料」が発生する手続きを自分で行うことです。最近では、見積もりの段階で既に代行手数料を引いてあり、「車庫証明の取得はお客様で実施ください」というように設定してある店舗が増えています。

車庫証明の発行手続きには警察署に支払う手数料の2,000円前後かかります。代行費用の相場は5,000円~15,000円と店舗によって大きく異なり、安くしてもらうには自分で手続きするのが1番です。自分で手続きをする場合は警察署に支払う手数料のみですみますから、これだけでも中古車の購入費用が数千円安く収まります。

延長保証の加入やオプション品の購入をする

これは新車の値引きでもよく使われる方法です。オプション品の購入や延長保証の加入をする代わりに、値引きをしてもらう方法です。

中古車の保証は1~6ヶ月と短く、エンジンなどの走行機関に対してのみ適用されることが多いです。エアコンなどの電装品の故障は保証対象外となり、万が一購入後しばらくしてから不調がでた時は販売店を頼りにすることが難しくなります。

そのような事がないように、販売店側でも有料の保証延長サービスを取り扱っていることがほとんどなので、それに加入することを条件に値引きをしてもらうなどの交渉をしてみると良いでしょう。

傷の修理などをオマケでやってもらう

「もう少し安くなりませんか?」というやり取りをしてみても、「これ以上は難しい」といわれることがほとんどです。そのような時は、「この傷を直してくれればこの価格でもいい」という交渉も出来ます。

傷の修理も大きさによっては数万円かかります。販売店がどこまで譲歩してくれるかは、その車体の価格や在庫期間、販売店が板金やさんとのつながりがあるかによっても異なりますが、試してみる価値はあります。

同じ価格でも傷の修理をしてもらえれば、1~2万円得をしたようなものです。どうしても気になる損傷があった場合は相談してみましょう。

「あと○○円引いてくれたら今日決める」と言う

中古車は状態が1台1台異なるため、売れてしまったら同じ個体を購入することができません。そのため、購入を見送る場合は見積もりの有効期限が短く、取り置きもほとんど対応していません。

そのような中古車業界で最後のひと押しに有効なのが「今日決める」という言葉。「この端数を切ってくれたら買います」「あと2万安かったら今日買っちゃう」と購入の意志を具体的に示し、落とし所を作ることで値引きを成功させやすくなります。本当にその車が欲しい、他の人に取られたくないと思ったら商談の決め手として使ってみましょう。

中古車との出会いは一期一会

同じ年式、同じ走行距離、同じ色の同じ車種があっても、店舗によって価格は異なりますよね。かと言って、「この個体はこの価格だから同じくらいにしてくれ」というのは通用しないのが中古車の世界です。

何故、他の個体と比較ができないのかと言うと、1台1台の状態が異なるからです。世界にはいろんな人がいますから、オーナーによって車の状態も全く異なります。

数字上は同じように見える2台の車も、「3ヶ月ごとにオイル交換をして毎週洗車とコーティングをされていた車」と「オイル交換は車検のときだけ、洗車もせずタイヤも古い車」だったら、前者の方が高い値段で売れることは想像がつくでしょう。

「車はただの移動手段」と考える方もいれば、「車は相棒、家族!」と考える方もいます。車の扱い方はそのまま状態として現れるので、全く同じ車体というのは現れません。中古車との出会いは一期一会、似た車・近い車に出会うことはあっても、同じものには出会えないのです。

無理な値引きは販売店との関係も悪くしてしまい、お目当ての車を予算に近い金額で購入することが叶わなくなることも考えられます。中古車の値引きは、がっつかず「端数おまけして貰えた、ラッキー」位の感覚で望む方が好ましいでしょう。

中古車の値引きまとめ

中古車購入時の値引きについてご紹介しました。内容をまとめておきましょう。

中古車の値引きは難しい
値引きしてもらえても数千円程度が相場
値引きは代行費用やオプション品、追加保証などのサービスを引き合いに出す
代行費用を値引きしてもらう場合は自分で手続きが必要
中古車はまったく同じ個体がないので見積もりの有効期限が短い
「今日決める」を条件に最後の一押しを

中古車は一期一会というお話をしました。実際、お店でも「この状態のものはなかなか出てこないですね~」と、その車体の状態を売りにしていることも多いです。車体の本体価格からの値引きが難しいので、手数料を抑えたり修理などをおまけしてもらうなどの工夫をして実質的に安く手に入れるのが、自分にとっても店舗にとってもいい形といえるでしょう。

交渉ごとは気合が必要になりますが、「この車体が欲しい」という熱意を持って販売店のスタッフと話していけば納得のいく買い物が出来るのではないでしょうか。中古車購入時の参考にしてみてください。