中古車を自社ローンで購入するメリット・デメリット

自社ローンという言葉は聴き慣れないですが、簡単にご説明すると中古車を販売するお店などが独自に行っている分割返済です。

例えば、銀行などのローンが利用できない人でも自社ローンを使って中古車を購入できる可能性があるので紹介します。

そもそも自社ローンとは?

通常、中古車をローンで購入しようと考えた場合、ディーラーで提供されているディーラーローンや銀行などで提供されているマイカーローンを利用することが多いと思います。

これらのローンにおいては、審査が行われるので全ての人が利用できるとは限りません。

例えば、金融事故を起こしてしまった人はローンの審査が通らない可能性が大です。

そんな人でも自社ローンなら分割返済で中古車を購入できる可能性があります。

自社ローンは提供するお店で独自に審査するので、金融機関の影響は受けません。

ただ、自社ローンはあまり馴染みがないので、心配だと考える人も多いと思います

最近では自社ローンを前提に中古車を販売する店も登場しているので、納車までの流れを簡単に説明します。

納車までの流れ
  1. お店に電話やメールをして審査を受けて、審査が通ればお店に行きます。
  2. お店で購入する中古車を決めて、正式に契約します。
  3. 中古車の購入に必要な書類を郵送して納車となります。

このお店は、自社ローンを利用することを前提にすることで、ディーラーや銀行のローンを使えない人に絞り、中古車を販売しているようです。

このように自社ローンは簡単な手続きによって分割返済で中古車が購入できるので驚きです。

中古車を自社ローンで購入するメリットとデメリットについて

自社ローンは独自で審査するので、金融機関の影響は受けないというメリットは紹介しましたが、その他のメリットは次の通りです

自社ローンのメリット

・円滑に中古車が購入できる

 

・金利が付かない

 

・審査基準が比較的甘い

・【メリット】円滑に中古車が購入できる

通常、銀行でマイカーローンを利用する場合、銀行で所定の書類などに記入して、審査が通れば、購入費用が銀行口座などに振り込まれます。

その購入費用を使ってお店で中古車などを購入します。

この場合、銀行とお店に出向かなくてはならず、面倒な面があります。

自社ローンの場合、提供するお店の審査さえ通れば、中古車が購入できるメリットがあります。

・【メリット】金利が付かない

一方、低金利政策のためか、昔に比べれば、ディーラーローンや銀行のマイカーローンの金利は低くなりましたが、それでも数パーセントはあります。

自社ローンを扱うお店は金融機関ではないので、金利を受け取ることはできないので、利用者にとっては自社ローンは金利が付かないメリットがあります。

・【メリット】審査基準が比較的甘い

自社ローンの審査基準はディーラーローンや銀行のマイカーローンの審査基準より甘い傾向だといわれています。

あるお店では、定職があり、毎月収入があれば、ほぼ審査基準は満たしています。

たとえ、過去に金融事故を起こしたり、現在でも月々の返済があったりしても、お店から金額の聞き取りが行われ、審査されます。

安定収入が見込めないアルバイト、主婦、学生であっても自社ローンを利用できる可能性はあります。

自社ローンの審査を受ける際も次のような書類を持参するだけなので簡単です。

・運転免許所のコピー

・源泉徴収票もしくは収入が証明できるもの

・印鑑

 

ここまで自社ローンのメリットを紹介しましたがデメリットもあり、次の通りです。

自社ローンのデメリット

・高額な中古車は少ない

・相場より価格は高め

・保証人が必要

・所有権はお店

・【デメリット】高額な中古車は少ない

全てのお店ではありませんが、自社ローンで購入できる中古車は200万円以下であることが多いです。

ホームページを覗くと、コンパクトカーや軽自動車が多い傾向です。

このような傾向になるのでは、お店が自社ローンによるリスクを負っているからです。

銀行やクレジット会社のローンを通せば、高額の自動車を販売してもお店にリスクは少ないです。

・【デメリット】相場より価格は高め

また、お店は自社ローンを提供しても金利で儲けるといったことはできないです。

そのため、利益確保のため、車両の価格を少し高めに設定している場合があります。

ある自社ローンを提供するお店の車と価格は次の通りです。

全般的に、100万円以下の軽自動車やコンパクトカーが多いです。

年式、走行距離から考えて、少し値段が高いと感じられます。

 

車種 年式 走行距離 価格
スズキ アルトラパン X 2010

(平成22)年

11.4万km 88万円
日産 マーチ ボレロ 2011

(平成23)年

9.3万km 67万円
トヨタ bB Z 2010

(平成22)年

11.8万km 48万円
マツダ AZワゴン 2010
(平成22)年
13.0万km 55.2万円
ホンダ フリード G 2009

(平成21)年

11.7万km 97万円
スズキ パレット T 2008

(平成20)年

10.0万km 94万円
ダイハツ ハイゼットトラック 2008
(平成20)年
4.4万km 82万円

 

・【デメリット】保証人が必要

通常、銀行などでマイカーローンを利用しても、自動車が担保となるので、保証人が必要ないことが多いです。

しかし、自社ローンの場合は保証人が必要で、中には複数の保証人が必要な場合があります。

一般的に保証人は親や兄弟といったことになりますが、頼みづらい人は、保証会社を利用する方法もあります。

一方、自社ローンで中古車を購入した場合、車検証に記載される所有者はお店となります。

これは、購入者が自社ローンを勝手に売却などができないようにするためです。

通常、ローンが終わっても、この所有権が自動的にお店から購入者へ移ることはありませんので、手続きが必要です。

自社ローンを提供するお店の口コミ

自社ローンを提供するお店を利用した人の口コミを紹介します。

Aさん

「私の都合に合わせて頂き感謝します。年式の割には綺麗な車だったのでお気に入りになりました。ありがとうございます。」

Bさん

「自動車の購入では、ご配慮して頂きありがとございます。これから車検や点検で、お世話になると思いますので、宜しくお願いします。」

Bさん

「車検切れぎりぎりの慌ただしい乗り換え要望に対しても、しっかり対応して頂けとても感謝しております。ありがとうございました。」

Cさん

「自社ローンを利用して購入しました。毎月の支払のご相談にもしっかり対応して頂き、素晴らしいお店だと感じました。長いお付き合いになりそうなので宜しくお願いします。」

Dさん

「初めて自社ローンで中古車を購入しましたが、頭金や分割返済金に関しては、私の要望に沿った内容となり、良かったです。」

Fさん

「以前購入させて頂き、乗り換えのために再度購入させて頂きました。納車の際はピカピカに仕上がっており驚きました。100km程度走りましたが、不具合はなく、快調に走っていますので、よい買い物をさせて頂きました。」

Gさん

「納車してすぐに不具合が発生しましたが、迅速に対応して頂いたので助かりました。信頼できるお店だと思いました。」

まとめ

自社ローンを紹介しました。自社ローンは、金融事故などを起こした人でも分割返済で中古車などが購入できます。

自社ローンはいわゆるお店のツケみたいな感じで、金利は付かない上、審査も甘い傾向ではあります。

ただ、注意したいのが中古車の価格です。

年式、走行距離などから、相場を割り出し、あまりにも自社ローンで提供している中古車の価格が相場より高い場合は、購入をやめたほうがいいでしょう。

口コミから自社ローンを提供するお店だからだといって特別なことはないので、スタッフさんとよく話し合って、自分に合った取引を選びましょう。