今話題のWLTCモード燃費とは?

2018年10月から燃費基準の新しい表記として登場したWLTCモード。今まではJC08モードを基準として燃費を表していました。しかしカタログ燃費が良くても実際の街乗りで燃費がいいかはイコールではなかったのが今までの燃費表記。

WLTCモードとはどんなものなのか、JC08モードとの違いはなんなのか、解説していきましょう。

WLTCモードって何?

WLTCモードは、以下の3つの走行モードで構成された国際的な燃費試験の方法です。

  • 市街地モード(WLTC-L)
  • 郊外モード(WLTC-M)
  • 高速道路モード(WLTC-H)

JC08モードでの燃費試験よりも、実際の走行状況に近い内容で試験を行うため、購入後にカタログ表記の燃費から大幅に燃費が落ち込むというギャップを埋めることができます。

JC08モードをおさらい!

JC08モードは、従来利用されていた「10・15モード」の測定方法よりも実際の走行状況に近づけた測定方法とされていました。

「10・15モード」では、エンジンが暖まった状態からスタートし、電装部品はOFF、ギアも固定で室内のシャーシダイナモを使用して測定します。そのため、車作りをする際に燃費測定テストで低燃費になるように車をセッティングする車が多く、実燃費との大きな差が生じてしまっていました。

JC08モードはその差を少なくするため、エンジンが暖まっていないうちから測定を開始するなど、より街乗りの状況に近い負荷をかけた測定方法です。この変更により10・15モード燃費よりも約10%燃費が下がりました。

それでもJC08モードが主流となった現在、実燃費はJC08燃費の約6割と言われています。この差をさらに埋めるために新たな測定方法として登場したのがWLTCモード燃費です。

WLTCモード燃費の測定方法は?

WLTCモードは3つの燃費モードが設定されています。それぞれ以下のような状況を加味して燃費試験に反映します。

市街地モード:信号や渋滞などの影響を受ける中低速走行

郊外モード:信号や渋滞などの影響をあまり受けない走行

高速道路モード:高速道路などでの走行

WLTCモードでの測定方法は以下のようになっています。

 

内容 JC08モード WLTCモード
重量 2名乗車(+110kg) 1名乗車+100kg+積載可能重量の15%
エンジン状態 コールドスタート75%ホットスタート25% コールドスタートのみ
アイドリングストップ JC08モードよりも時間減少
速度 最高速度70km/h 最高速度80km/h

 

内容を見ると、WLTCモードの方が重い状態で平均的な速度も速めで計測されます。今まで低燃費と言われてきた電気自動車や軽自動車はこの測定方法では燃費が下がり、より実燃費に近づきます。

重量を増して測定することで、乗車人数が多いミニバンなどでも実燃費に近い数値となるでしょう。現在WLTCモード燃費が公開されている車種の一例として、マツダ CX-3の燃費を見て見ましょう。

 

WLTCモード燃費 2WD 4WD
WLTCモード 16.0km/L 15.2km/L
市街地モード(WLTC-L) 12.2km/L 11.6km/L
郊外モード(WLTC-M) 16.8km/L 15.8km/L
高速道路モード(WLTC-H) 18.0km/L 17.4km/L

 

JC08モード燃費 2WD 4WD
JC08モード 17.0km/L 16.6km/L

 

JC08モード燃費ではひとつの数値だけが記載されていたため、今までの印象からも私達は「高速道路でこのくらい出ればいい方」くらいの感覚でカタログの燃費を眺めていたと思います。今後WLTCモードで記載されれば、自身の走行環境に応じた具体的な数値をイメージしやすくなるので、車選びの指標としてより有力なスペックとなる訳です。

いつからWLTCモード表記に切り替わるの?

2018年10月から表記に加わったWLTCモード。2017年夏ごろから順次、WLTCモードでの燃費測定が取り入れられています。2018年10月以降に日本国内で発表される新型車にはWLTCモードでの測定が義務付けられていく予定で、2020年9月以降にはWLTCモードでの燃費表示のみに切り替わるとされています。


WLTCモードまとめ

WLTCモード燃費についてご紹介しました。

今までよりもさらに実燃費に近づいた測定方法になることにより、車選びの大事な基準である燃費をしっかりと比較することが出来るようになりますね。現在は移行期間としてJC08モードとの混在となりますが、2020年9月以降はWLTCモードの表記のみに統一されていく予定となっています。

「カタログ燃費の6~7割が実燃費」というイメージが強くついてしまっていますが、それを払拭出来る「カタログ燃費通りの車」が世に出回るようになるのもそう遠い未来ではなさそうです。

JC08モードよりもやや数値の低い燃費表記になるので今以上にインパクトのある数値になるような車も今後出てくるかもしれません。車選びは燃費重視という方は、WLTCモードを基準に車選びをしていくと良いでしょう。

今後の低燃費競争からも目が離せませんね。