今買ったら得する車の紹介

数社の見積もりを比較して、最高額で売却しよう!

「消費税が上る前に車を買い替えたいな・・・」
「なるべく高い金額で売却したいな・・・」
「見積もり調べるの面倒くさいな・・・」

そこで!

複数の買取希望店舗が査定を行ってくれる
無料の「かんたん車査定ガイド」を使おう!

複数社が愛車の買い取り価格を競いあう為、最高額での売却が可能!

査定は遅ければ遅いほど損です!


リーセルバリューという言葉を聞いたことがある人が多いと思います。リーセルバリューとは中古車市場での人気の事です。

例えば、リーセルバリューが高い国産車、つまり中古車市場で人気ある国産車は、新車で購入して、もし手放すことになっても高く売れるので、お得です。

今は国産車の中でもSUV、ミニバン、スポーツカーというジャンルはリーセルバリューが高い傾向にあり、その中でも特にリーセルバリューが高い車種をランキングで紹介します。

リーセルバリューが高いSUVランキング

3位:トヨタ・ランドクルーザー

国産車と思えないビッグサイズのボディーに加え、3列シート(8名定員)と2列シート(5名定員)が採用されたトヨタ・ランドクルーザー。エクステリアには、グリルよりランプに繋がるグリルフレームを採用しました。

インテリアは、6眼メーターが搭載され、車の状態がすぐにわかるようになりました。

安全装備では、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」を標準で装備。このパッケージには4つの先進安全機能が搭載されており、中でも、歩行者検知機能付衝突回避支援型プリクラッシュセーフティは、ミリ波レーダーと単眼カメラよって統合的な制御が採用され、車や歩行者も認識することが可能になりました。

2位:レクサス・RX

レクサス・RXは、セダンとSUVを融合させたクロスオーバーモデル。

エクステリアでは、タッチレスパワーバックドアが採用されたことで、エンブレムに手を近づけるだけでバックドアが開くので利便性が高いです。

インテリアでは、まるで飛行機のコックピットみたいな運転席となり、低く水平基調のインストルメントパネルを採用したので、開放感と操作性の両立を実現。

安全装備は国産車としては充実しており、様々な安全運転支援を行うために、プリクラッシュセーフティをはじめ、レーンキーピングアシスト、オートマチックハイビーム、レーダークルーズコントロールをパッケージにしたLexus Safety System+を搭載。

1位:レクサス・LX

1位に輝いたLXは、レクサスが手掛けるSUVのフラッグシップモデル。エクステリアは、フロントのロア部に厚みをもたせ、安定性はアピールしました。

サイドは伸びやか&大迫力のアンダーボディを採用。リヤはパワフルでありながら洗練された造形に仕上がりました。

インテリアは、金属の他、革、本木目といった様々な素材を使い、国産車とは思えない上質感を持たせています。

シートは、3列シート(8人乗り)、2列シート(5人乗り)が用意されました。フラットなデザインのインストルメントパネルを採用することで、運転手が車両の姿勢を理解しやすいようになっています。

リーセルバリューが高いミニバンランキング

3位:トヨタ・エスクァイア

エスクァイアは、ハイグレードなコンパクトキャブワゴン。

5ナンバークラスでありながら、広々した室内を追求することで、高級感を演出しました。

中でも、Gi プレミアムパッケージ ブラックテーラードは、スモークメッキを施したヘッドランプガーニッシュをはじめ、LEDフロントフォグランプカバーモール、フロントグリル、リヤコンビネーションランプガーニッシュといったエクステリアパーツを採用。

ブラックカラーのブランノーブ®+合成皮革シート表皮をはじめ、ドアトリムオーナメント、助手席大型オープントレイ、センタークラスターパネル、フロントドアスイッチベースなどを採用しました。

これらのパーツによって独特の世界観を実現。

2位:トヨタ・ヴォクシー&ノア

ヴォクシー&ノアは、トヨタのミディアムクラスに位置するミニバンです。

ヴォクシーとノアは姉妹車で、ヴォクシーはネッツ店、ノアはカローラ店が販売チャンネルとなっています。7人乗りと8人乗りが用意され、3列シートが配置されています。

5ナンバーサイズがベースとなっていますが、全幅は1735mmなので、3ナンバーで登録。

ハイブリッド車とガソリン車が用意されており、ハイブリッド車にはハイブリッドシステム(リダクション機構付のTHS II)、ガソリン車には1986ccのエンジン(3ZR-FAE)が搭載されます。

1位:トヨタ・アルファード&ヴェルファイア

1位に輝いたアルファード&ヴェルファイアはトヨタのフラッグシップミニバンとして君臨します。

新たな高級車の概念を開拓するために開発されたモデルで、豪華さや勇壮さが感じられるデザインを施しました。

2種類のエンジンが採用され、2.5L 2AR‐FEエンジン+Super CVT‐iは、アイドリングストップ機能がオプションで設定されます。

V6・3.5L 2GR‐FKSエンジン+8速ATは優れた走行性能と低燃費を実現。安全装備では予防安全パッケージ・Toyota Safety Senseを標準装備し、国産車としては充実しています。

リーセルバリューが高いスポーツカーランキング

3位:日産・GT-R

GT-Rは、日産が誇るスーパースポーツカー。

3.8L V型6気筒DOHCツインターボエンジンを搭載し、他を圧倒するハイパフォーマンスを発揮します。

中でもGT-R ニスモは、レーシングカーを彷彿させるハイパフォーマンスを発揮するチューンを施し、NISMOロードカーシリーズにラインナップされます。

一方、GT-Rには、Apple CarPlayが標準装備され、快適&楽しい運転も演出する国産車です。

2位:レクサス・LC

レクサスのフラッグシップクーペとして君臨するLCにはLC500hとLC500のグレードがあります。

LC500hは3.5L V型6気筒エンジン+マルチステージハイブリッドトランスミッションを搭載します。

LC500は5L V型8気筒エンジン+Direct Shift‐10AT搭載。それぞれのグレードにはSパッケージとLパッケージが用意されます。

マルチステージハイブリッドシステムは、ハイブリッドシステム+有段ギヤとなっています。

エンジンとモーターの出力をコントロールすることで、低い速度からパワフルな駆動力を発揮し、力強さを感じる走りを実現しました。

新しく開発されたDirect Shift‐10ATは、快適さと切れ味の良さが兼ね備わった変速を達成した上、アルミ化よって大幅な軽量化を実現しました。

1位:ホンダ・NSX

1位に輝いたNSXは進化し続けるホンダのスーパースポーツモデル。

ホンダが得意とする電動化技術によって、新しい時代のスーパースポーツモデルに生まれ変わりました。採用されたSPORT HYBRID SH‐AWDには、新しく開発された3.5L V型6気筒ツインターボエンジン+ダイレクトドライブモーター+9速DCTなどが採用され、4WDを電動でコントロールします。

今回、新しく開発した専用タイヤや高剛性のサスペンションを採用したことで、基本性能をアップさせ、国産車の中ではトップクラスです。

まとめ

リーセルバリューが高く、今購入するとお得なSUV、ミニバン、スポーツカーを紹介しました。世界的にも有名なトヨタやトヨタが展開するレクサスが手掛ける自動車はリーセルバリューが高いです。

ボディーのタイプ別では、SUVがここにきて人気が沸騰中なので、中古車市場でも注目となっています。

ミニバンは、中古車市場でも根強いニーズがあり、ファミリー層に絶大なる人気となっています。

スポーツカーは、生産台数が少なく中古市場に流れている数も少ないので争奪戦になっているようです。この記事がこれから国産車を購入する人の参考になれば幸いです。

愛車の相場は今いくら?かんたん45秒入力のクイック診断!

「そろそろ新車に乗り替えたいな・・・」
「自分の愛車はいくらで売れるかな・・・」
「消費税が上る前に車を買い替えたいな・・・」
「今のうちに売っておいたほうがいいかな・・・」
「なるべく高い金額で売却したいな・・・」
「見積もり調べるの面倒くさいな・・・」

自分の所有する愛車を売却に出したいと検討されることも多いですが、
街中での買取店舗では相場を掴むことができずに、
売却後に後悔することにもなりかねません。

そこで!

たった3STEPのクイック診断サービスをつかおう!


複数の買取希望店舗が査定を行ってくれます!

メーカー・車名・車タイプ・事故歴・郵便番号などの項目を指定するだけで、
複数社から無料で見積もりの回答を得ることができます!

 

複数社が愛車の買い取り価格を競うため、最高額での売却が可能!

査定は遅ければ遅いほど損です!