今買わないほうがいい車の紹介

数社の見積もりを比較して、最高額で売却しよう!

「消費税が上る前に車を買い替えたいな・・・」
「なるべく高い金額で売却したいな・・・」
「見積もり調べるの面倒くさいな・・・」

そこで!

複数の買取希望店舗が査定を行ってくれる
無料の「かんたん車査定ガイド」を使おう!

複数社が愛車の買い取り価格を競いあう為、最高額での売却が可能!

査定は遅ければ遅いほど損です!


ご存じとは思いますが、国産車はおおよそ6~9年の間隔でフルモデルチェンジを繰り替します。

例えば、国産車を新車で購入しても、タイミングが悪くすぐにフルモデルチェンジしてしまうといわゆる旧型モデルとなってしまい、損をした気持ちになってしまいます。

そんなことにならないように2019年にフルモデルチェンジを予定している国産車の中から、今買わないほうがいいコンパクトカーを紹介します。

トヨタ・ヴィッツ

1990年に、スターレットの後継モデルとして誕生したヴィッツ。

2010年には現行車で3代目となるヴィッツが発売となり、2019年の11~12月にフルモデルチェンジが行われるのではないかとネットなどで噂となっています。

トヨタは日本ではヴィッツというネーミングで展開していますが、海外ではヤリスというネーミングで展開しており、今回のフルモデルチェンジで、ネーミングをヤリスに統一するのではないかという情報も流れています。

ヤリスというネーミングでWRCにおいて活躍しており、国産車としてのイメージ戦略だと考えられます。

次期ヴィッツ(ヤリス)では、フロントマスクに大型のグリルが採用され、カローラハッチバックを彷彿させる存在感を演出。

リヤはフェンダーをぐるりと囲むキャラクターラインが印象的です。

3ナンバー枠のボディーとなり、全長は3940mm、全幅は1695mm、全高は1475mmになると予想されます。

1300cc、1500ccの直列3気筒エンジンを搭載するガソリン車と1500cc+THSのハイブリッド車が展開されるといわれ、ガソリン車のトランスミッションはCVTだそうです。

気になるGRですが、1600ccの3気筒エンジン+ターボを搭載、組み合わされるトランスミッションは、6速ミッションやATになる予定。

GRは、1年程度遅れてからの発売が予想されます。

国産車の中で現行ヴィッツを購入しようとしている人の中で、急がない人は年末まで待ったほうがよさそうです。

ホンダ・フィット

2001年にロゴの後継モデルとして登場した初代フィットはセンタータンクレイアウトが採用されたため、広々とした室内を獲得しました。

フィットは2007年、2013年にフルモデルチェンジが行われていますので、2019年にフルモデルチェンジが行われると予想。

現行フィットで3代目となり、安定した売れ行きをみせる中、2代目で搭載されたハイブリッドは3代目で刷新され、次期フィットでは大幅に燃費が向上されると噂されます。

次期フィットのエクステリアは、インパクトがあるフロントグリルと大きめのヘッドライトを組み合わせる予定で、存在感は抜群です。

現行フィットのエッジが効いたボディラインから、すっきりしたボディラインに変更される予定。

厚みがあるリヤピラーが印象的で、ボディーに回り込むように配置される横長のリヤコンビランプを採用するらしいです。

気になるパワーユニットは、現行フィットのガソリン車と同じ1300ccと1500ccのエンジンが搭載される予想ですが、ハイブリットが大幅に刷新され、1000ccの3気筒ダウンサイジング+ターボエンジンが搭載されるようです。

更にハイブリッドについては、i-DCDが1モーターから2モーターに変更され新型インサイトが搭載したシステムに近くなる予定です。

このことにより、現行フィットの燃費より更に向上すると予想されます。

ライバル車であるトヨタ・アクアの燃費は、現行フィットより上回っていますが、フルモデルチェンジによって巻き返す予定です。

一方、このクラスの国産車ではノートe-POWERの販売に勢いがあり、なんとか食い止めたいという思いもあるかもしれません。

国産車の中で、現行フィットの契約は少し待ったほうがよいかもしれません。

日産・マーチ

マッチのマーチというキャッチコピーで1982年に登場した初代マーチ。

当時、日本のコンパクトカー市場では、トヨタのスターレットとマーチが人気でしたが、現在ではスターレットはカタログ落ちし、2010年に発売された4代目・マーチの販売についても、ハイブリッドを搭載するフィット、アクア、ヴィッツの台頭によって、勢いがありません。

4代目・マーチの発売から9年弱経過するため、2019年にフルモデルチェンジするのではないかとネットなどで噂になっています。

更に、日産は日本国内ではマーチというネーミングで発売していますが、欧州でマイクラというネーミングで発売しています。

そのマイクラが既にフルモデルチェンジして新型マイクラが発売されており、新型マイクラを日本では新型マーチとして販売することが予想されるので紹介します。

新型マイクラのエクステリアは、先代のキュートなイメージからスタイリッシュなイメージに変り、国産車の中ではノートを彷彿させる仕上がりとなっています。

フロントマスクは、Vモーションのフロントグリルとブーメラン型のフロントヘッドライトを組み合わせ、ヘッドライトのバルブにはLEDを採用しました。

サイドビューは、フロントピラーからルーフへかけて緩やかに傾斜させることで、空力の向上に貢献しているように見えます。

インテリアは全般的にスポーティーかつ清楚な雰囲気が漂い、ボディーのカラーに合わせたカラーリングをシートやインパネなどに施してあり、ボディーとインテリアの一体感を演出しています。

MT車も用意されており、インパネシフトではなくフロアシフトを採用しました。

インパネのセンターにはインフォメーションディスプレイ(7インチ)がビルトインさせており、カーナビゲ―ションの表示やスマホとの連携ができるようになっています。

また、Apple CarPlayと連動することが可能で、アプリをダウンロードすることで、利便性や楽しみ方が広がります。

更にBOSE Personal サウンドシステムが採用されています。

このシステムはBOSEと日産が共同で開発しており、ヘッドレストにスピーカーが内蔵されているため、ダイナミックサウンドが体を包み込みます。

一方、新型マーチにはノートなどに搭載されたe-POWERを搭載されるではないかと噂されています。

e-POWERは、新しい発想の電気自動車のシステムで、発電用のエンジンによって発電された電気を使いモーターで走行します。

e-POWERを搭載したノートは、このクラスでは爆発的な売れ行きを示しているで、e-POWERを新型マーチにも搭載される可能は十分あります。

新型マーチにe-POWERを搭載すれば、商品価値がぐっと上がり、注目されること間違えありません。

国産車の中でマーチの購入することを検討している人は、少し待ったほうが得策かもしれません。

まとめ

今買わないほうがよいヴィッツ、フィット、マーチといったコンパクトカーを紹介してきました。

ヴィッツやフィットは、トヨタやホンダの売れ筋だけあって、2019年に予定されるフルモデルチェンジにかなり力が入ると思われ、現行車を購入しよう考えている人は待った方がよいと考えられます。

次期マーチに関しても、マイクラがすでにフルモデルチェンジしているので発売されるのは時間の問題だと考えられます。

更にe-POWERが搭載されることになったら、爆発的なヒットが予想されるので、現行マーチの購入を検討している人は、急がないのであれば、待ったほうがよいでしょう。

この記事がこれから、ヴィッツ、フィット、マーチの購入する人の参考になれば幸いです。

 

愛車の相場は今いくら?かんたん45秒入力のクイック診断!

「そろそろ新車に乗り替えたいな・・・」
「自分の愛車はいくらで売れるかな・・・」
「消費税が上る前に車を買い替えたいな・・・」
「今のうちに売っておいたほうがいいかな・・・」
「なるべく高い金額で売却したいな・・・」
「見積もり調べるの面倒くさいな・・・」

自分の所有する愛車を売却に出したいと検討されることも多いですが、
街中での買取店舗では相場を掴むことができずに、
売却後に後悔することにもなりかねません。

そこで!

たった3STEPのクイック診断サービスをつかおう!


複数の買取希望店舗が査定を行ってくれます!

メーカー・車名・車タイプ・事故歴・郵便番号などの項目を指定するだけで、
複数社から無料で見積もりの回答を得ることができます!

 

複数社が愛車の買い取り価格を競うため、最高額での売却が可能!

査定は遅ければ遅いほど損です!