女性も運転が苦手な人も安心!最新の軽自動車 ダイハツトコット試乗

今回はダイハツトコットに試乗してきました。

まず、はじめに、女性や運転が苦手な人必見の内容です。

女性へのありがたい気遣いや運転が苦手な人へのサポート技術、万が一の時の安全性が充実している軽自動車です。

筆者も思わず、「軽自動車もついにここまできたか」と思うほどでした。
もちろん軽自動車なので、サイズもコンパクト。

取り回しのしやすさ、狭いところも通過しやすいです。

では、ダイハツトコットの詳細です。

トコットのデザイン性

このトコットという車、ダイハツの女性社員が中心となって開発した車だそうです。
事実上、ミラココアの後継車種にあたる車です。

まず、実車を目の前にして抱いた印象は、

「丸い目だけはかわいいけど…」

という印象でした。

ダイハツの営業担当者も、

「この車、出たばかりですけど、デザインの好みが別れる車です。」

とはっきり言っていました。

第一印象はいまいちでした。

しかし、見慣れてくると、どこか愛くるしい表情にも見えてきました。

シンプルだけど、だんだんと愛嬌が見えてくる、じわじわ来るデザインです。

試乗車は水色のボディカラーに、ブラックのアクセント(ドアミラーカバー、ドアノブ、ホイールカバーなど)が入っている、クールスタイルパッケージが装着されていました。

ボディカラーとパッケージオプションによってかなり大きく表情や印象が変わるのがこのトコットという車です。

というのも、展示してあった車の中には、ピンクのボディカラーとツートンルーフのトコットもありました。

この組み合わせはトコットのデザイン、キャラクターにマッチしていて、印象が良かったからです。

ぜひ、実際にお店に足を運んで自分自身の目で確かめることをおすすめします。

きっと、気に入るボディカラーやパッケージオプションや組み合わせがあると思います。

トコットの内装

車内はいたってシンプル。

余計なものがなく飽きがこないデザインでした。

水平基調のインパネ(メーター周辺のパネル)に突起も最小限にしたナビ画面。

メーターもアナログのスピードメーターと小さめなインフォメーションディスプレイで構成されていました。

スピードメーターの視認性も良く、パッと見て必要な情報がわかるメーターレイアウトのため、目線が長い時間メーターに釘付けになることも少ないでしょう。

またナビ画面も目線を少し左下に落としたところにあるため、ナビを見るために大きく目線を落とさなくて良いところも好印象でした。

室内空間は外観の背の低さとは裏腹に予想以上の頭上スペースがありました。

もちろん、背の高い軽自動車(ダイハツ タントなど)と比較をすれば狭いですが、必要にして十分な空間がトコットにはあります。

室内の天井が外観のルーフに沿ってえぐられているような形状をとっているため、頭上スペースが広くなっているので、窮屈感はあまり感じられませんでした。

トコットの運転席からの視界

運転席からの視界は、ベルトライン(ミラーがある高さのライン)が後席まで水平であるため、見通しは良好です。

前方視界はボンネットが運転席からは見えないため、前方の車両感覚は少し掴みにくいです。

斜め後方の視界は、クォーターピラー(天井とボディをつなぐ柱部分)が少し太めのわりには見やすく、死角は少なめでした。

後方視界はガラスエリアが広くとられているため見やすいです。

リアガラスが少し傾斜しているため、車両後端の感覚は車内からだと分かりにくい部分もあります。

トコットの走行性能

動力性能は、自然吸気エンジンしかラインナップがありません。

日常生活の足(一人か二人乗車がメインで少しの荷物程度)として使う分であれば、不満の無いエンジンでした。

試乗コースの途中で、長くきつい上り坂を登らせてもらいましたが、思っていた以上にすいすい登っていったのは驚きでした。

エンジン音は抑えてあり、エンジンノイズが車内に響き渡ることはあまりありませんでした。

軽自動車だなと感じたのは上り坂での中間加速です。

上り坂の途中でアクセルを少し緩める場面から、また再加速をしようとしたときに、アクセルをかなり多めに踏み込まないと再加速ができませんでした。

CVTというトランスミッション(動力部分)の組み合わせの影響もあるとは思いますが、上り坂での再加速でもたついてしまうのは仕方ない部分なのかもしれません。

平坦な道での再加速は問題無いのでご心配なく。

トコットの乗り心地

ロードノイズ(走行時に発生する騒音)の侵入は少し大きめですが、会話ができないほどの大きさではないため、問題はありません。

ただし、高速道路となると動力性能の不満やロードノイズなどの音で疲れが生じるでしょう。

乗り心地は、しっかりとしていて、ボディがねじれるような不安感はありません。

ボディ剛性はしっかりとしていて、サスペンション(衝撃を吸収する部分)も踏ん張りが効いてくれるため、乗り心地に安心感があります。

シートの座り心地は最近の軽自動車にしてはホールド感がある形状で、長時間乗っていても疲れにくい形状でした。

最近の軽自動車はベンチシートタイプ(フラットな椅子)が多いため、運転中無駄におしりが動いてしまったり、ホールド感がないために、自分自身の筋肉(腹筋)を使って体を支えなければならないモデルも多いです。

しかし、トコットはホールド感があるため、無駄な力を使って自身の身体を支える必要がないのはありがたく嬉しいポイント

先進のテクノロジーで安全運転を支援

トコットの素晴らしいところは、安全性

運転席、助手席のエアバッグはもちろんあるのですが、カーテンシールドエアバッグ(下記の図③)が標準で装備されているのは素晴らしい点です。

万が一の事があったときに、ドアの薄い軽自動車だと、乗員へ衝撃が伝わり窓ガラスに頭をぶつけてしまう恐れもありますが、カーテンシールドエアバッグがあることによって、衝撃を緩和してくれます。

最近の安全装備も例外なく着いています。

危険が迫るとドライバーに注意を促したり、緊急ブレーキを作動させたり、事故の回避を支援する予防安全機能ダイハツスマートアシストⅢ搭載。

その他、衝突警報、車線逸脱警報、誤発進抑制、先行車発進警報、オートハイビームが装着されています。

さらに、コーナーセンサーもフロント4つ、リア2つ装備されているため、音と表示で障害物までの距離を教えてくれます

オプションのナビを合わせて装着すると、アラウンドビューモニター(真上から見えるカメラ)も着いてくるため、駐車場での安心感も高いです。

これらのセンサーがたくさん着いているのにも関わらず、ブラインドスポットモニター(車線変更時にドアミラーに映らない車を検知してくれるもの)が無いのはなぜだろうと疑問に思ってしまいました。

トコットの助かる機能

運転手目線でありがたい機能としては、ウインカーレバーを軽く操作すると、3回だけ点滅してくれる機能や走り出すとドアロックが自動でされる機能(シフトをパーキングにするとロックは自動で解除される)、スマートキー(鍵をもったまま引くなどの動作だけでドアの解錠施錠ができる)、プッシュスタートシステム、オート格納ドアミラーなどそこそこいい車並みの装備があるところです。

ユーティリティ(車に備わる便利なもの)でありがたい機能としては、運転席と助手席のシートヒーター(暖かくなるシート)、二人分のUSB電源ソケット、助手席前後に買い物袋を下げるフック、長財布程度なら楽々入るセンターコンソール、二人分のカップホルダーが着いています。

手元からの範囲でのユーティリティは良いところがたくさんあります。

ただし、収納スペース(グローブボックスなど)は少なかったり、狭いスペースしかないのはちょっと残念なところです。

大きな荷物があるときには、後席を倒せば荷室が広がります。

女性にもおすすめな一台

良いところも残念なところもありますが、女性ならではの目線が加わり、小さい気遣いがたくさんあり、安全面も充実した車がトコットでした。

この車であれば日常の買い物、二人でちょっとしたお出かけには困らない、女性にもおすすめな一台です。

最後にダイハツ トコットは立体駐車場にも入る高さであるということを付け加えておきます。
最近の軽自動車は背が高く駐車場に困るケースもあると思います。

はっきり言ってしまえば、立体駐車場に入らない軽自動車がほとんどです。そんな中、トコットは立体駐車場にも入るため、どこの駐車場でも困ることはないでしょう。