安さが人気!?ダイレクト型自動車保険のメリット・デメリット

数社の見積もりを比較して、最高額で売却しよう!

「消費税が上る前に車を買い替えたいな・・・」
「なるべく高い金額で売却したいな・・・」
「見積もり調べるの面倒くさいな・・・」

そこで!

複数の買取希望店舗が査定を行ってくれる
無料の「かんたん車査定ガイド」を使おう!

複数社が愛車の買い取り価格を競いあう為、最高額での売却が可能!

査定は遅ければ遅いほど損です!


自動車保険が安い!人気のダイレクト型保険のメリットとデメリットについて

インターネットから契約手続きができる近年人気のダイレクト型自動車保険。安いので人気があることは皆さんもすでにご存じかもしれませんね。自動車保険を選ぶ時にまず気になる保険料、格安だと宣伝している保険会社はほとんどがダイレクト型といっても良いでしょう。

できるだけ出費を抑えて自動車保険を選びたいという方に注目されているダイレクト型は、ローコストである点以外にも様々なメリットがあります。

しかし自動車保険は事故があった時の補償内容がとても大切なので、選ぶ際には事前に検討すべき点があることも忘れてはいけません。そこで早速ですが、自動車保険が安い点が魅力のダイレクト型保険のメリットとデメリットについてご説明したいと思います。

ダイレクト型自動車保険が安いのはなぜか?

ダイレクト型とは異なる代理店型自動車保険は、保険料が高くなる傾向があるため節約したい人にはちょっと抵抗があるかもしれません。

しかし気になるのがなぜダイレクト型は代理店型よりも保険料が安くなるのかその仕組みについて。早速次のポイントについてみていきたいと思います。

・リスク細分型のため

ダイレクト型保険は1990年代後半から日本で販売開始した自動車保険です。インターネットや電話で直接保険会社と契約することから「ダイレクト型」保険と呼ばれるようになりました。

保険料が安いメリットが一番の魅力、コストを抑えられる理由は保険料を変動させる様々な条件を細分化しているため。たとえば等級、使用目的、年間走行距離、お住まいの地域など、契約者の事故のリスクを細かくして保険料を算出します。

このリスク細分型は優良な安全ドライバーは保険料が安くなり、リスクが高いと保険料が高くなる仕組み。ピンポイントで条件設定できるため従来の自動車保険よりも保険料が安くなるのです。

・人件費がかからない

保険会社では勧誘も仕事のひとつ、代理店型の保険会社では新規顧客を獲得するために営業活動をする社員やスタッフが必要になります。

また店頭で受付するサービススタッフなど、対面式で営業をすることもありますので人件費がかかってしまいます。それに対してダイレクト型自動車保険はインターネットを使い契約するので、人件費がかからずその分保険料にも反映されているのです。

・代理店を通さず契約するため

自動車保険が安いと人気のダイレクト型、一番の魅力は代理店を介さず保険契約ができるため保険料が安くなること。

従来の自動車保険は代理店を通じて契約しますので、保険料の15%ほどは代理店への手数料として契約者が負担しないといけません。

ダイレクト型なら保険会社と契約者の間に存在する代理店がないため、中間コストが節約できますので保険料を安くすることが可能です。保険料をざっと比較すると、代理店型よりも2割ほどダイレクト型のほうが安くなるといわれています。

ダイレクト型自動車保険のメリットについて

ダイレクト型自動車保険は安いので人気があることが一番の特徴です。しかし保険料以外にも魅力点が色々ありますので、契約の際にぜひ参考にしてください。

・契約手続きが簡単

自動車保険の契約は色々な書類を揃えて手続きが面倒なイメージがありますよね。その点ダイレクト型保険だとインターネットを使い手続きするため、営業時間が決まっている代理店型とは違い24時間可能です。

一般的な流れとしてはまず保険会社のウェブサイトから無料で見積もりを依頼。結果を確認して好みの条件を設定するなどカスタマイズして契約画面へ進みます。申し込みの際は印鑑不要でウェブで完結、保険開始日から補償がスムーズにスタートします。

・アドバイスをもらうことも可能

代理店型は対面式で保険担当者とあらゆる相談やアドバイスを受けることができますが、インターネットでのやりとりになるダイレクト型保険だと、かなり知識がないと失敗するのではと不安になる人もいるでしょう。

すべて自分で判断して契約するのは心配という方でも、ダイレクト型保険では電話やメールサービスで担当スタッフに相談が可能です。契約手続きの疑問、補償内容に関する問い合わせなども会社によっては窓口で対応してくれることもあります。

・事故対応が直接できる

代理店型保険はもし事故を起こした際に保険会社に連絡するべきか、それとも代理店なのか困惑することもあるでしょう。その点ダイレクト型保険は代理店を介さず、保険会社に直接事故連絡ができるので安心です。

保険会社によって対応方法は異なりますが、事故受付センターなど特別な窓口が用意されてありますので電話1本、もしくは専用のメールで事故の連絡が可能です。関係各所にも保険会社から連絡がいき、事故受付は24時間365日即日対応しています。

ダイレクト型自動車保険のデメリットについて

自動車保険が安いので人気が集まるダイレクト型保険ですが、保険料の安さだけでなくデメリット点についても考えるべきポイントがあります。

・保険の知識がある程度必要になる

インターネットで契約をするダイレクト型保険は担当者がステップごとに説明をしてくれるわけではありませんので、自分がしっかり契約内容を吟味して契約しないといけません。

若いドライバーだと自動車保険の基本の仕組みすらわからない人もいますし、補償内容や限度額についてどうやって判断すべきか判断できないこともあるでしょう。

そのため保険契約に関して多少なりとも知識を持っている人のほうが有利になりますので、心配な場合は多少保険料が高くとも代理店型で対面式のサービスを受けたほうが安心かもしれませんね。

ネット上で完結する保険契約は後で失敗が判明してもすべて自己責任になってしまいます。

・保険会社の担当者が事故現場に来ない場合もあり

事故にあった場合、ダイレクト型保険は契約機関の担当者が現場に駆け付けることはあっても、保険会社の社員や担当者がやってくることは少ないといわれています。

事故にあった場合は事故受付に電話をしてどのような対処をするべきかアドバイスをしてもらえますが、保険会社の担当者が来ないためロードサービスで対処することが多くなります。

緊急の場合にはどのような対処やサポートがあるか、契約前にしっかり確認しておく必要があります。

事故対応が迅速でオススメのダイレクト型自動車保険

人気があるダイレクト型自動車保険をいくつかご紹介します。それぞれの事故対応の特徴を理解して比較してください。

・チューリッヒ

24時間365日事故受付、全国約9,500箇所のロードサービス拠点があり土日祝日でもスタッフの訪問サポートで安心して事故解決できます。

・アクサダイレクト

フィールドマネージャーによる対面相談が特徴。平日と土日は17時までの受付なら初期対応ができます。

・イーデザイン損保

24時間365日事故対応受付。専任担当者が相手方と示談交渉を行う点や、インターネットによる事故対応をすることが特徴です。

・ソニー損保 

提携修理工場は全国に420か所。フリーダイヤルの事故受付は20時までなら当日対応します。

まとめ

自動車保険が安いダイレクト型保険は人気が集中しています。満足して契約するためにも、できるだけ情報収集をして自分にぴったり合う保険選びをしてください。

一括見積サイトもありますので、手間をかけずに比較したい時に便利です。

愛車の相場は今いくら?かんたん45秒入力のクイック診断!

「そろそろ新車に乗り替えたいな・・・」
「自分の愛車はいくらで売れるかな・・・」
「消費税が上る前に車を買い替えたいな・・・」
「今のうちに売っておいたほうがいいかな・・・」
「なるべく高い金額で売却したいな・・・」
「見積もり調べるの面倒くさいな・・・」

自分の所有する愛車を売却に出したいと検討されることも多いですが、
街中での買取店舗では相場を掴むことができずに、
売却後に後悔することにもなりかねません。

そこで!

たった3STEPのクイック診断サービスをつかおう!


複数の買取希望店舗が査定を行ってくれます!

メーカー・車名・車タイプ・事故歴・郵便番号などの項目を指定するだけで、
複数社から無料で見積もりの回答を得ることができます!

 

複数社が愛車の買い取り価格を競うため、最高額での売却が可能!

査定は遅ければ遅いほど損です!