安全運転支援システム完備 車種ベスト3

最近よくテレビで「安全支援支援システム」完備した車種のCM放送されていますよね。ご覧になった事がありますか。運転する際に、安全かつ運転者の負担軽減してくれるとっても便利なシステムですよね。今回は、安全支援システム完備車種はどんなものがあるのか調べてみました。車のタイプ別にベスト1を1車ずつ見ていきましょう。

安全運転支援システムとは?

現在では安全運転支援システムは、運転者の負担軽減を目指したものとして認識が高いように思います。もともとは、高齢運転者の交通事故の発生防止・被害者軽減対策の一環として自動ブレーキや複数の運転支援機能を備えた自動車のことをいいます。サポカー・セーフティー・サポートカーともいわれます。

コンパクトカーのベスト1はノート

ノートは日産自動車から販売されているハッチバック型(バックドアが跳ね上げ式)の乗用車です。主にどんな安全運転支援システムが搭載されているのでしょうか。

インテリジェント クルーズコントロール

30km/h以上で走行中に、約30~100km/hの範囲で車の速度を設定できます。先に走っている車を見つけたときは、運転者が設定した上限で車間距離を保ちながら追従運転をしてくれます。

インテリジェントLI/LDW

LDWは車線逸脱警告のことです。何かの原因で走行車線を逸脱しそうな時に、メーター内のディスプレイへの警告表示とブザーで注意をしてくれます。またインテリジェントLIは車線逸脱警報のことで、走行車線内に戻す方向に手助けをしてくれるシステムです。

インテリジェントエマージェンシーブレーキ

車や人との衝突を回避するシステムです。前方車種や歩行者をカメラで検知します。衝突の可能性が高いと認識した場合に、メーター内のブザーで危険を運転手に知らせます。それでも安全な速度に原則できなかったときには、自動的にブレーキをかけて衝突を回避・被害や損害の軽減に努めます。

インテリジェント アラウンドビューモニター

車の上から見渡している映像を映し出すことによって、駐車時の安全を確認してくれるシステムです。カメラによって全周囲を見渡せるので、モニターを確認しながら安全に駐車することができます。映像は上・横・斜め前・後ろの切り替えができます。

踏み間違い衝突防止アシスト

駐車場でペダルの踏み間違いによる、急に加速するのを抑制してくれるシステムです。前方・後方に障害物や人がいてブレーキが遅い場合や、アクセルとブレーキを踏み間違ったときに、メーター内のブザーで警告します。その後、アクセル・ブレーキの制御をするとこで衝突回避します。

さすが、国内販売車種の常にトップ3以内をとる車です。ノートは見た目のシャープさも安全運転システムが完備されていることも含めて認められている車だとわかりますね。

軽自動車のベスト1はN-BOX

 

N-BOXは、本田技術工業から販売されている、トールワゴン型の軽自動車です。同じホンダから販売されている乗用車のフィットには一部オプションの安全運転システム「ホンダセンシング」をN-BOXは全車に準装備されています。では、「ホンダセンシング」はどんな安全運転システムなのでしょうか。

衝突軽減ブレーキ

車体の前方1か所と後方2か所に設置されたレーダーとカメラで物や人を認識します。その対象との危険を察知した場合にブザーで警告し衝突回避操作をしてくれます。

誤発進抑制機能

不注意で急発進してしまったときに注意してくれて、急発進を防止してくれます。コンビニや、人や物の多い駐車場でアクセルとブレーキを踏み間違ったときにはホッと一安心です。

歩行者事故低減ステアリング

車と歩行者がぶつかりそうになった時に、歩行者を認識し衝突しないように回避操作をしてくれます。

車線維持支援システム

走行している車線内を走行できるように、蛇行運転にならないようにサポートしてくれます。

路外逸脱抑制機能

走行している車線から、逸脱しないようにサポートしてくれます。ふと、よそ見したときに車体がふらっと車線から逸脱しようとしたときは助かります。

アダプティブ・クルーズ・コントロール

前方の走行している車との車間距離を適切に保ちながら、走行してくれます。長距離運転・高速道路での運転になると前方との車間距離が縮まりやすくなるので安全に運転できるので安心ですね。

先行車発進お知らせ機能

停車時に、前方の車が発進した際に知らせてくれる機能です。ボーっとしてても、知らせてくれるので頼もしい機能ですね。

標識認識機能

うっかり標識を見落とさないように、ディスプレイに表示してサポートしてくれる機能です。通りなれない道路で運転する際、初心者、高齢運転手へのサポート機能ですね。

後方誤発進抑制機能

不注意による急な発進を認識した際に、人やものがある場合にブザー音と表示で知らせてくれます。

オートハイビーム

対向車が来た時にハイ/ロービームを自動で使い分けしてくれる機能。対向車はハイビームを受けるとまぶしくてハンドル操作を誤る可能性もあるので、相手にとっても必要な機能ですね。

細やかな安全運転支援システムがたくさんありますね。安全運転ができれば快適な運転を楽しめます。運転手だけに全負担をかけるのではなく、少しサポートしてくれるだけで心にも運転手の体への負担も減りますね。

SUVのベスト1はXV

XVは、SUBARUから販売されている車です。SUBARUの安全運転支援システムの「アイサイト」は有名ですよね。そんなアイサイトの特徴はなんでしょうか。

アイサイト コアテクノロジー

人やものにぶつからないように衝突の危険を認識した場合、運転手に知らせます。衝突回避操作が認識できないときは、自動で減速・ブレーキ操作を行います。

後退時ブレーキアシスト

車の後退時、後部に障害物があった場合は警告表示と警報音で知らせてくれます。回避操作が認識できないときは、自動的にブレーキをかけます。

AT誤発進抑制制御

駐車場からでるときに、誤操作で急な「発進」「後退」による飛び出しを止めてくれます。

全車速追従機能付クルーズコントロール

高速道路や長距離運転中に、0km/H~約100km/hの間で前の車に追従して走行してくれます。車間距離を保ちながら走行してくれるので、運転手の負担は大幅に減りますね。

アクティブレーンキープ

走行している車線の両区画線を認識して、車線から逸脱しないようにサポートしてくれます。

警報&お知らせ機能

運転している車がふらついている場合や車線逸脱すると、警報音と表示で運転手に知らせてくれます。また、前車が発進したのに気づかない場合、音と表示で知らせてくれます。うっかり防止機能ですね。

スバルリヤビークルディテクション(後側方警戒支援システム)

ドアミラーからは見えにくい、後側方の車が衝突危険の距離になったときに知らせてくれます。また、その危険距離から車線変更しようとした場合にドアミラーの内側のインジケーターの点滅と警報音で後側車に知らせます。また、駐車場からの後退時、自車の後側車に近づいてくる車にインジケーターの点滅と音で近づいてくる運転手に知らせます。

ハイビームアシスト

夜間や早朝の運転時にハイビームとロービームを自動時に切り替えて安全で快適な運転ができるようにしてくれます。

サイドビューモニター

助手席側前方の画像が確認できるので、左折するとき・狭い道を通るときに画像確認しながら運転できます。見えにくいところを確認できるのが良い点ですね。

まとめ

タイプ別に安全運転支援システム完備車種のベスト1についてまとめてきました。日産・ホンダ・スバルとも、申し分ないくらいの安全に運転できるシステムを搭載していることが分かりました。運転する人・その周りにいる人が事故に無縁の生活を送れることが望ましいですね。

事故を防ぐため・運転手の負担を軽減しようとサポートしてくれる安全運転支援システムはとても素晴らしいですね。システムに頼りすぎないのが一番ですが、いざという時の頼れるシステムであるには間違いないですね。