新古車のメリット・デメリットは?新車とどっちがお得?

中古車を探すために中古車販売店などに行くと、新古車や未使用車といわれる車を見かけることがあります。

新古車や未使用車は一度登録した後、未使用のまま売り出した車のことです。未使用なので、新車に限りなく近いので、気になっている人もいると思います。

この記事では、新古車のメリットやデメリットなどを紹介します。

そもそも新古車が存在する訳とは?

中古車の販売店などで新古車を見かけると、せっかく購入しても乗らないで売ってしまったのだろうか?と考える人もいると思います。

何かのトラブルによって乗らないまま愛車を手放し、新古車になってしまうケースもありますが、自動車のメーカーやディーラーの都合で売り出された新古車が殆どです。

例えば、新型車が発売されても納期が長いとスムーズに乗り換えができないため、ディーラーは契約した人に早く新型車を届けたいという考えになります。

そのため、ディーラーは契約した内容をもとに自動車のメーカーに発注することは避けて、注文を受ける前に新型車を自動車メーカーに注文してストックしておくことが多いです。

ただ、ストックした車の中で発生した売れ残りについては、ディーラーで登録して中古車市場に流すので、新古車として中古車市場に発生します。

稀にではありますが、営業マンの発注ミスによって、お客さんからキャンセルされた自動車が新古車として中古車市場に流れることがあります。

発注ミスをした営業マンが、会社に内緒でキャンセルされた自動車を売却しまうこともあります。

当然、新車の価格では中古車販売店は、引き取ってくれませんので差額は営業マンが負担するそうです。

一方、車の販売は、ディーラーが1台売るごとに、自動車のメーカーからディーラーに報酬が与えられるシステムになっていることが多いです。

更に、自動車のメーカーからディーラーへ報酬の他に報奨金も与えられる制度があるそうです。

この報奨金は、ディーラーの販売実績に応じて与えられているため、ディーラーは報奨金欲しさに、買い手がない自動車を発注し登録することで、販売実績を水増しすることがあります。

ディーラーは買い手がいない自動車をいつまでも所有しておけないので中古車市場に流すので、新古車や未使用車となります。

報奨金は、自動車を値引きする際の原資になっているといわれ、ディーラーにとっては重要です。

自動車のメーカーがディーラーに報奨金を払ってでも自動車を多く売りたい理由の一つにシェア争いがあります。

例えば、軽自動車の販売台数がナンバーワンになれば、自動車のメーカーにとってはかなりの名誉であり、販売にも弾みがつきます。

一方、自動車のメーカーやディーラーの都合によって発生した新古車は、普通自動車より軽自動車が多い傾向があります。

軽自動車は普通自動車に比べ、諸費用が安い上、登録に必要な日数が少ないといったメリットがあるので、販売台数を水増しする自動車としては、ぴったりです。

紹介したように自動車のメーカーがもっと販売台数を伸ばしたいという考えによって、販売台数の水増しという結果となり、多くの新古車や未使用車が中古車市場に流れることになります。

中でも軽自動車の新古車は多いので、軽自動車を探している人にとっては狙い目となっています。

新古車のメリットとデメリットについて

新古車のメリットとデメリットについて紹介します。

・新古車のメリットについて

新車に比べて新古車は低価格な上、税金が安く納期も短いメリットがあります。

一度登録した自動車は、殆ど新車とはいえ、新車と同じ価格では売れませんので、安価で販売されていることが多いです。

新車と比較して新古車はだいたい10~15%程度安く売られていることが多いです。

更に、新古車はすでに登録済みなので、新車を購入する際に課せられる初回の重量税を支払う必要がありません。

新古車は販売店の店頭に並べられていることが多いので、ディーラーで新車を購入するより早く入手できます。

新古車は未使用なので、他の中古車に比べ、走行距離は短いので長く乗れるメリットもあります。

少し車両価格が高くてもよいので、すぐに入手でき、長く乗れる中古車を探している人とっては新古車を購入するメリットは大きいです。

・新古車のデメリットについて

新古車を購入しようとすると、自分好みのボディーカラーやオプションが選べなかったり、車検期間が短かったりするデメリットがあります。

新車であれば、自分が好きなボディーカラーやオプションを選ぶことが可能ですが、新古車は難しいことが多いです。

特にメーカーオプションはメーカーの工場で装着するため、完成した後から販売店などで装着できるものは少ないです。

車検に関しても、長期間売れなかった新古車は、新車と比べて期間が短いです。

場合によっては、購入してから、すぐに車検を通さなくてはならなくなり出費が増えます。

新車の場合、通常、3年間の一般保証が付いていますが、新古車の場合、新車が受ける一般保証より短くなってしまうことが多いです。

中古車販売店などで新古車を購入する場合は、お店の保証があるかどうかを確認する必要があります。

更に、新古車を購入すると書類上は2人目のオーナーとなってしまうので、売却の際には査定額が低くなってしまうことがあります。

新古車とはいえ店頭で売られているので、購入希望者が乗り降りしたり、触ったりしているので、すり傷などが僅かにできてしまうことがあるので、神経質な人は新車にしたほうがよいでしょう。

一方、新古車を市場に流すディーラー側にもデメリットがあります。

ディーラーは新古車を売却する際、新車より価格を下げなければならず、薄利になってしまいます。

新古車と新車ではどっちがお得?

新古車と新車を比較した場合、お得感はケースバイケースだと考えられます。

例えば、軽自動車の価格だけを考えた場合、新車と比較して15%以上安い新古車を購入できればお得と考えていいでしょう。

多くの軽自動車の場合、新車で購入する際の値引き額は5~15万円程度なので、例えば、車両価格が120万円だったら105~115万円となります。

一方、同じ軽自動車で車両価格より15%安くなっている新古車であれば、102万円となるので新車で購入するより僅かにお得です。

普通自動車の場合は、新車で購入する際の値引き額の幅は大きいので、新車で購入することを前提に見積もりを取ってもらい、新古車の車両価格と比べたほうがよいと考えられます。

紹介したように、価格については新古車だからといって極端に安いとは限らないので、新車の価格に値引きを考慮した結果と比較しないと、本当の意味でお得感を導くことはできないと考えられます。

納期に関しては、殆どの場合、新車より新古車が短いので、新古車のほうがお得感があります。

まとめ

新古車について紹介しました。現在では新古車という言葉は、自動車公正取引協議会から使用禁止となっているため、正式には登録済み未使用車という言葉を使うそうです。

多くの新古車は様々な理由で中古車市場に流れていますが、メリットもデメリットもあるので、紹介した内容を参考にして頂き、購入するかどうかを検討して頂ければ幸いです。

新古車は、グレード、オプションにあまり拘りが少ない人にとってはぴったりな車です。この記事が、新古車を探している人にとって役に立てば幸いです。