新型リーフは驚きの進化!日産が提案する電気自動車の真骨頂はいかに?

EVらしい強力な加速に加え、爽快なハンドリングが評判の新型・リーフ。
日産の技術の粋を集めたこの自動車は電気自動車の未来を拓く一台といわれておりますので、e-ゴルフとの比較も含めてご紹介します。

新型リーフが提案するエクステリア・デザインについて

新型リーフは、低く抑えられた重心に加え、スムーズなフォルムが印象的。

フロント・マスクには、ブーメラン型のランプシグニチャーやVモーショングリルといったパーツを使い、日産のアイデンティティーを表現しました。

フラッシュサーフェイスグリルにディープブルー、リアバンパーにはブルーモールディングを採用することで、日産の電気自動車であることを主張。

全体的に上手くまとまったエクステリアで、万人受けしそうな感じはしますね。

新型リーフが提案するインエリア・デザインについて

新型リーフのインテリアは上質&ハイテクな雰囲気が漂う空間を目指しており、中でも空間性と機能性を向上させたキャビンが注目。質感に加えくつろぎが感じられる素材を組み合わせ、細部まで作り込まれハイクオリティなインテリアに仕上げることで、プレミアム感が漂います。

鮮烈なブルーのステッチが施されたシート、ダッシュボード、ステアリングは日産の電気自動車であることを表現。

メーター内に配置された7インチのフルカラー(TFT)ディスプレイには、パワーゲージやオーディオやナビの情報などが表示されます。パワーゲージによってセーフティ・シールドの作動やモーターの出力&回生の状態を知らせます。

インテリアは、電気自動車であるリーフの主張が感じられる仕上がりとなっており、所有する喜びを与えてくれますね。

多彩なインフォメーションシステムは、新型リーフと楽しく対話ができそうですね。

新型リーフのパワートレインや先端技術について

新型リーフは先代より航続距離をかなり伸ばし、ロングドライブを安心して、楽しむことができます。更に加速性能が向上し、爽快なドライビングも堪能できようになりました。

新型リーフにはプロパイロット、プロパイロット パーキング、e-Pedalといった先端技術を採用。

プロパイロットは、高速道路(単一車線)における自動運転を可能にした技術です。

プロパイロット パーキングはステアリングをはじめ、アクセル、ブレーキ、シフトチェンジなどを自動的にコントロールすることで、車庫入れや縦列駐車が安全に行えます。

e-Pedalはアクセル操作のみで、発進以外にも加速、減速、停止にいたるまでコントロールが可能。


アクセルを戻すと、通常&回生ブレーキを自動でコントロールして、車両を減速させたり、停止させたりすることが可能で、電気自動車らしいドライビングフィーリングを更に楽しめます。

電気自動車というこれから可能性を広げていくカテゴリにふさわしい、最先端の装備を満載した新型リーフは、ドライバーにワクワク感を与えてくれますね。

新型リーフとe―ゴルフの比較について

新型リーフとほぼ同時期に登場したe-ゴルフは競合車として話題なったので、ボディー、モーター、航続距離などを比較します。

ボディーに関しては、新型リーフ(S)はe-ゴルフと比較して、全長で215㎜、全高で60㎜大きく、全幅で10mm小さいです。

モーターに関しては、新型リーフ(S)はe-ゴルフと比較して最高出力で14PS、最大トルクで3.1㎏・m大きいです。

車両重量に関しては、新型リーフ(S)はe-ゴルフと比較して、100㎏軽いです。

航続距離に関しては、新型リーフ(S)はe-ゴルフと比較して、99㎞長いです。

新型リーフ(S)

ボディー(全長:4,480㎜ 全幅:1,790㎜ 全高:1,540㎜)

モーター(最高出力:110kW(150ps)/3283~9795rpm 最大トルク:320N・m(32.6kgf・m)/0~3283rpm)

航続距離(JC08):400km

車両重量:1490㎏

e-ゴルフ

ボディー(全長:4265㎜ 全幅:1800㎜ 全高:1480㎜)

モーター(最高出力:100kW(136PS)/3,300~11,750rpm、最大トルク:290Nm(29.5kg・m)/0~3,300rpm)

航続距離(JC08):301km

車両重量:1590㎏

新型リーフはe-ゴルフと比較して、動力性能や航続距離が優れ、車両重量も軽いです。

まとめ

新型リーフについてまとめてきましたが、少し長めのドライブでも十分対応できる航続距離になったことは驚き。

更に、プロパイロットなど先端技術を惜しみなく搭載していることも魅力ですね。
新型リーフを運転していると、未来を運転しているような気持ちになるかもしれません。

e-ゴルフと比較しても、航続距離は長く、ハイパワーな上、車両重量も軽いです。

これから、新型リーフの購入を検討している人のお役に立てば幸いです。