新型RAV4、日本発売は2019年!デザイン・燃費など最新情報まとめ!

新型RAV4は2019年に日本に導入されると言う話が濃厚です。RAV4は2016年に国内販売を終了して以来、海外向けのみの車種として存在していましたが、新型においては既に海外では登場しており、日本でも様々な状況を鑑み2019年から販売される予定となっているようです。

新型RAV4 1.5リッターのハイブリッド搭載か?

新型RAV4は2.4リットルのガソリンエンジンとハイブリッドエンジンが用意される模様ですが、ハイブリッドエンジンについては詳細はまだ未定であり、ひょっとすると現在プリウスに搭載されている1.5リッターのハイブリッドが搭載される可能性も少なくありません。

そのため本来の走行性能に加えて燃費性能も高くなることが予測され、これまでのモデルに比べて非常に使い勝手の良いモデルとして登場する可能性が高くなっています。

新型RAV4 高い走行性能と燃費性能

RAV4はすでにボディの高剛性化と低重心化を実現しており、燃費性能と高い操縦安定性、走破性を目指して開発した新4WDシステム「ダイナミックトルクベクタリングAWD」の採用もしているため、乗り心地をそのままにどんな路面でも安定した走りが可能となっています。新型RAV4はこれにさらに改良を加えられると予想されてます。

新型RAV4 人気の浮き沈み

RAV4は初代ライトウェイトSUVとして高い人気を誇り、悪路を走ると言うよりは街中をスポーティーに走ると言うイメージが強いものでした。

当初は1.3リットルのガソリンエンジンと1.5リットルのガソリンエンジンが用意されており、非常にコンパクトで取り回しの良いSUVとして高い人気を誇っていましたが、モデルチェンジのたびに最終型では非常に大きなボディーサイズとなってしまったためにその人気を急落させてしまった過去があります。

海外ではその創発性の高さから非常に高い人気を継続していましたが国内では燃費性能が重視される傾向が強くなってきたことから国内販売台数が落ち込み、2016年に国内市場から撤退した経緯を持っています。

しかし近年では燃費性能が重視される反面、ユーティリティービークルの需要が非常に強まっており、2018年にはこれまで国内で長期間販売が停止されていたピックアップトラックが国内市場に蒸し、高い人気を博しています。

そのため新型RAV4もこれらの流れを汲み米国で磨き上げられた様々なスペックをもとに日本市場に投入される予定となっているのです。

新型RAV4 走行性能と走破性を両立させたモデルの可能性

米国では2018年に先行的に新型が登場していますが、これはガソリンエンジンのモデルであり、ハイブリッドエンジンは日本向けとなる可能性も高くなっています。

日本では米国とは異なりスポーティーで小回りの利く走行性能が要求される部分があるため、ボディサイズも米国仕様に比べてコンパクトに改良される恐れもありますが基本的な使用は米国モデルとあまり変わらないと考えられており、比較的大型のSUVとして登場する可能性が高まっています。

現在SUVとしては既にハイブリッドのものが国内市場では非常に販売台数を伸ばしていることからこのモデルとは一線を画したものとなる可能性が高く、比較的大型で走行性能と走破性を両立させたモデルとなる可能性が高くなっているのです。

はこれまでのSUVとは大きく異なる様々な機能を持っている可能性も高く、トヨタのSUVの新たなフラッグシップとなる可能性が高くなっています。