新車と中古車どっちがお得

車を使う生活をしていると、必ずやってくるのが車の買い替えですね。その時に悩むのが、次は新車か、それとも中古車にしようか悩むところですね。

機能や燃費の良さを考えたら新車、でも、安く買えそうな中古車も捨てがたい。どちらの方がお得なのか比較してみたいと思います。

新車と中古車どちらがお得か価格で比較してみよう

購入価格で比較すると、予想は簡単ですよね。例えば、日本で一番販売台数の高いノートで見てみましょう。

 

車名価格
新車ノート e-powerX 2,021,760円
中古車ノート e-powerX 1,750,000円

 

軽自動車で日本で一番販売台数が高いのはN-BOXです。こちらでもみてみましょう。

 

車名価格
新車N-BOX  L・G Honda SENSING 4WD1,629,720円
中古車N-BOX  L・G Honda SENSING 4WD1,450,000円

 

見た通り、価格だけで比較すると中古車が圧倒的に安くお得なことが分かりますね。しかも、中古車といえども、走行距離も少なく、きれいな状態であれば中古車で十分な時もあるでしょう。

中古車の場合、カラーやディーラーオプションなどは選べないことがありますが、あまりこだわりのない場合は、お得に欲しい中古車を手に入れることができるかもしれません。価格でお得なのは中古車の魅力な点ですね。

リセールバリューで比較してみよう

そもそもリセールバリューってなに?

一度買ったものを再び売るときの値段の事です。

ノート e-powerXのリセールバリューで比較すると

車を購入した後に、大体3年で買い替えることが多いので、3年のリセールバリューで計算してみましょう。

 

車名購入価格リセールバリュー
ノート e-powerX新車2,021,760円1,111,968円
ノート e-powerX新車1,750,000円962,500円

 

ノート e-powerXはノートが人気な事と、e-powerが搭載されていることで他のノートよりリセールバリューが少し高くなり、55%のリセールバリューが見込めます。

N-BOX  L・G Honda SENSING 4WDのリセールバリューで比較すると

車名購入価格リセールバリュー
N-BOX  L・G Honda SENSING 4WD 新車「1,629,720円1,059,318円
N-BOX  L・G Honda SENSING 4WD 中古車1,450,000円942,500円

 

他の車種でも、ホンダのN-BOXは軽自動車ではダントツに販売台数が高いことと、人気のグレードや燃費や安全性能が高いことで、他の軽自動車よ3年後リセールバリューが65%以上が見込めます。

人気車種の中でも、カラーがホワイトやブラックだと安定したリセールバリューが見込めるのも念頭に置いておいたほうがいいでしょう。

この2色以外だと数万以上価格が落ちる可能性があります。その点においては、中古車はカラーが現品限りのことが多いので、その時にホワイトかブラックがあればいいですね。

3年後を見据えて、リセールバリューでお得なのは新車だと言えますね。

エコカー減税でお得なのはどっち?

最近エコカー減税という言葉を聞くことが多くなりましたよね。エコカー減税は新車である一定の基準値を達成した車に、自動車取得税の免税や自動車税の免除などが適用される制度です。

また、グリーン化特例という制度で排出ガス・燃費性能が優良と認められた車に適用される、新車を買った翌年度の自動車税を軽減してくれる制度です。

中古車でも適用されるのですが、実際年数の経過した車は減税率が低いのが現状です。電気自動車・燃料電池自動車・プラグインハイブリッド車・クリーンディーゼル車・H32燃費基準+20%~50達成に当てはまるものであれば減税は期待できます。

しかし、中古車となると年数が経過しているものだとこの条件に当てはまるものは少ないでしょう。

ノート e-powerXのエコカー減税額は、自動車取得税が50,500円、重量税が22,500円で合計73,000円減税になりますね。また、グリーン化特例による自動車税減税額は25,500円です。

また、N-BOXの場合エコカー減税額は、自動車取得税が1,900円、重量税が5,400円で合計7,300円減税になります。また、グリーン化特例による自動車減税額はないです。

以上の事から、エコカー減税でお得なのは新車だと言えますね。

メンテナンス費で比較

新車を買った場合は、3年または6万kmまではメーカーから保証が受けられます。なので、新車は消耗品や法定点検以外はメンテナス費用がそんなにかからないことになりますね。では、中古車はどうでしょうか。さすがに中古車には新車ほどの保証はついていません。

特に中古車の場合は、車についてとても詳しい知識を持っている人や、自分でメンテナンスできる人であれば問題は少ないでしょう。そうでないのであれば、新車を選んでメンテナンス費はあまりかからないようにしておくのもいいですね。

納車期間

ノートで見てみると1~2か月が通常です。しかし、場合によっては3か月かかるときもあります。モデルチェンジ後で需要が集中すると3ヶ月くらいになるときがあるので、今すぐに車が欲しい場合は中古車という選択になるかもしれません。

中古車の場合、納車期間は1~2週間くらいです。長くみて2週間だとしても、現物がすでにあるので納車までは新車よりダントツに早いですね。納車期間では中古車がスピード勝負で圧勝でした。

新車と中古車でカーローンを組む時の金利の差は?

車を買うときほとんどの方が、カーローンを組んでいるのではないでしょうか。ディーラーの平均的なカーローンの手数料率が6%~8%でした。

また、通常のカーローン平均5%で、銀行の平均カーローンは3%~5%でした。この二つを比べるとカーローンを組むにも借りるところを考えて借りないと手数料がかなり重荷になるかもしれません。ちりも積もれば山となりますから。

ディーラーのカーローンは基本、新車の時しか組むことがないですよね。なので、もし新車買う際にディーラーのカーローンを組んでいる人なら、中古車を銀行のカーローンを組んでいる人のほうが金利は安く済みますね。

総合的にどっちがお得?

新車のメリット

新車のメリット

・リセールバリューが高い

・好きなカラー・グレード・ディーラーオプションが選べる

・エコカー減税またはグリーン化特例を受けれる

・メーカー保証が3年または6万kmまである

・安全性能や燃費が良い

新車のデメリット

新車のデメリット

・価格は中古車より高い

・納車に時間がかかるときがある

中古車のメリット

中古車のメリット

・価格が安い

・納車期間が早い

・現在販売していない車に乗れる

中古車のデメリット

中古車のデメリット

・メーカー保証が乏しい

・車に詳しくないとメンテナンス費がかかる可能性がある

・前に誰かが乗っている履歴がある

以上、新車と中古車のメリット・デメリットについてまとめてみました。運転手となる人が車に何を求めているかで、メリットにもなりデメリットにもなります。

まとめ

今回は、車を購入する際に新車がいいのか、中古車がいいのか調べてみました。今回は乗用車の一番売れているノートとN-BOXでみてきましたが、今回の結果はノートやN-BOXだけに当てはまるものではありません。

人気があるものはリセールバリューが高いというだけでも知識の中に入れていただければ、車を購入するときの材料になるでしょう。あなたにとって、最良のパートナーとなる車を選ぶ選択肢の1つになるといいですね。