新車を買う時に知っておきたい!オプションにまつわるお話。

新車を買うってワクワクしますよね。全く装備が付いていない車にさまざまなオプションを装着することで自分好みの仕様に近づけることができることが新車の魅力です。

ですが、新車でしか装着することができないオプションもあったりするので意外と複雑。そこで今回は、新車を買う時に知っておくと必ず失敗しない「オプション」について解説します。

新車を買う際に選ぶオプション、実は2種類ある!

新車を買う時にまず悩むのは「オプション」ですが、このオプションには2つの種類があることを知っていますか?新車のオプションには「メーカーオプション」と「ディーラーオプション(販売店装着オプション、と呼ばれることもあります)」があるんです。

この2つの違いって何?って思われる方もいると思います。

簡単に説明をすると・・・

オプションの名称の違い
メーカーオプション:新車を作る時に取り付けられるオプション
ディーラーオプション:新車が組みあがった後に取り付けるオプション

ということになります。

もっと簡単に言うのであれば、メーカーオプションは「後付け不可」ディーラーオプションは「いつでも後付けできる」ということになります。

ディーラーでも「欲しいオプションはありますか?」ぐらいにしか聞いてこないこともあるので、この2つの違いはしっかり押さえておきましょう。

特に「メーカーオプション」に関しては「新車を発注してしまうと追加も変更もできなくなってしまう」ので注意が必要です。

気を付けなければいけない「メーカーオプション」

メーカーオプションが新車発注時のみにしか選択できないオプションであるということが分かったところで、実際はどのようなオプションがあるのでしょうか。

車種によって選べるオプションは違いますが、よくあるメーカーオプション一覧を作りますので見ていきましょう。

サンルーフ
 生産時にしか装着できないオプションの代表格はこのサンルーフです。ボディの天井部分を大胆にカットしてガラスをつけることになるので、ボディの強度面等を考えれば生産時にしか選べないものだということは納得でしょう。
シート生地
 本革やアルカンターラといった通常のシート生地とは異なる素材を用いたものもメーカーオプションとなります。スポーツタイプの車では、有名ブランドのセミバケットシートがオプションになる、といったこともあります。
カーナビ
 こちらもサンルーフと同様にメーカーオプションの代表格ともいえます。近年はカーナビはディーラーオプションのみしかないといった車種もありますが、高額車になるとメーカーオプションナビの選択肢がある場合もあります。このナビの特徴として、エアコンの操作パネルがナビと一体化していたり、スピードメーター上に案内表示ができたりするものもあります。
オーディオシステム
 通常は各ドアに4つのスピーカーがついて終わりですが、高級車になるとBOSEなどのオーディオメーカーとコラボをしてハイスペックかつその車専用にチューニングしているオーディオシステムを組むことがあります。こうなると車両の内部に多くの配線を取り込むことになってしまうので、後付けはできません。
両側電動スライドドア
 ミニバンの後席ドアはスライド式が多いですが、標準仕様だと「助手席側のみ電動」や「両側とも手動」という車もあります。この電動スライドドアも車両を生産するときしか取り付けができないオプションになります。
自動ブレーキシステムなどの電子制御
 最近の車は自動ブレーキや運転支援システムといった予防安全システムを多く搭載しています。この装備は車のコンピューターにも関わってくる装備なので工場で車を作っているときしか取り付けることができません。このような電子制御系の装備は後付けが基本的にできないものとなっているので注意が必要です。車種によってはこのシステムを敢えてはずす「レスオプション」というものも存在するようです。
全方位見ることができるカメラ
 バックカメラだけであれば後付けのカーナビと共に取り付けることができますが、全方位見られるカメラは例外で、新車注文時のみのオプションとなります。車種によってはカーナビとセットでしか装着できなかったりするパターンもあり高額になるケースもあります。
カーテンエアバッグシステム
 エアバッグは最近の車であれば運転席と助手席は標準装備となっていますが、これはあくまでも前方あるいは後方からのダメージにのみ効果があります。側面からの衝撃に関してはカーテンエアバッグがないと危険なので、これも付けたいという場合には、エアバッグを埋め込んだりセンサーを取り付ける必要があるためメーカーオプションとなります。
寒冷地仕様
 ミニバンでは雪国に住んでいなくてもこの装備は必須です。2列目や3列目用のヒーターが装着されます。標準地仕様だとエアコンは1列目だけで2・3列目はクーラーのみという衝撃の装備になってしまうことが多々あります。広い車内を効率的に暖めて快適にするためには必須の装備といえるでしょう。
ボディカラー
 意外な盲点ですが、ボディカラーもメーカーオプションが存在します。シルバーなどの通常色は追加料金がかかりませんが、パール塗装などの特殊な工程が必要な塗装色は「特別塗装色」と言われメーカーオプション扱いになります。

「ディーラーオプション」は納車後でもいつでも装着できる!

Honda インターナビ

Honda インターナビ

ディーラーオプションは「販売店装着オプション」や「ショップオプション」とも呼ばれるものです。完成した車にポンッとつけることができるオプションで、乱暴に言ってしまえば「いくらでも後付けできる」オプションです。

後付けのカーナビもそうですし、エアロパーツ、電装系のパーツなど、選択肢は多岐に飛んでいます。機能的なものもありますが、基本的には嗜好性の高いものが多いですね。

メーカーオプションが「車の機能性を高める」ものだというのであれば、ディーラーオプションは「車の快適性や利便性を高める」ものといったイメージになりますね。

まとめ

車の購入はわくわくしますが、メーカーオプションを間違ってしまうとショックが大きくなります。

しっかりと事前に予備知識をつけておいて失敗しないように気を付けましょうね!