日産「新型リーフ」がフルモデルチェンジ!発売日、価格、特徴は?

日産の「電気自動車リーフ」が2017年末(9月6日発表)に新型にフルモデルチェンジが行われました。エコカーとして、トヨタやホンダがハイブリッドに力を入れ、マツダはディーゼルに力を入れる中で、日産はその先を行く電気自動車の開発に力を入れてきました。価格や走行距離など、現行モデルでの弱点をどこまで克服することができたのかなど、非常に気になるところでした。

すでに「新型リーフ」に関して日産から発表されている情報では、走行距離は最低でも現行モデルの約2倍にまで延ばすことに成功したようです。メーカーとしては、60kWhのバッテリーを搭載し500~550kmの走行距離を目指して開発が進められてきたのです。結局最終発表の1充電当たり走行距離は400kmとカタログには表記されています。

500km以上の走行距離であれば、ガソリン車とそん色ありません。最高出力は80kw[109ps]/3,008〜1,0000rpm、最大トルクは254n-m[25.9kgf-m]/0〜3,008rpmとなります。

新技術として導入されるのが「eペダル」です。これは発進からスピードアップ、ダウン、停止までを一つのペダルで行うことができるというもので、つまりブレーキが必要なくなるということです。また、次世代自動運転技術「プロパイロット」、「プロパイロット パーキング」も搭載されています。

クルーズコントロールのほか、自動車線変更、自動ブレーキ、自動パーキングなどの機能が搭載されるようですが、自動運転がどの程度まで可能となっているのか楽しみです。2020年までには完全自動運転ができることを目指しているとのことなので、2017年登場の新型リーフでは、まだ完全自動運転とまではいかないようです。

「新型リーフ」の外観に関しては、現行モデル同様に5ドアハッチバックスタイルが踏襲されるようです。現行モデルは未来的な外観ではありますが、少し間延びし躍動感に乏しい印象でしたが、「新型リーフ」をそれと比べるとよりシャープでワイルドな外観となりそうです。販売価格はバッテリー容量によって変わり、315万円台から399万円で落ち着きました。