日産が誇る次世代ハイブリッド e-POWERとは

日産が誇る次世代技術のひとつであるe-POWER。テレビCMやインターネットの広告などでよく目にする単語ですが、これがいったいどんな技術・仕組みなのか知っている人はそう多くないと思います。

今回はe-POWERの仕組みやメリット・デメリットを徹底解剖。現在、e-POWERが搭載されているすべての車種も紹介します。e-POWERにはどんな魅力が備わっているのでしょうか。

日産のe-POWERってどんなシステム?

「e-POWER」は日産が2016年、自社のコンパクトカーであるノートに初めて採用した次世代のハイブリッドシステムです。日産は「e-POWER」を電気自動車であるかのような宣伝を行っていますが、厳密に言うと、「e-POWER」は電気自動車ではありません。

とはいえ、従来のハイブリッドカーと比べて電気自動車に近いことは事実です。「e-POWER」はシリーズハイブリッド方式と呼ばれるハイブリッドシステムを採用しています。

これはガソリンエンジンで発電したエネルギーを用いて、モーターを駆動させて走行するというものです。とても優れたシステムである「e-POWER」は、従来のガソリンエンジン搭載車と比べると、たくさんのメリットが存在します。

e-POWERのメリット

それでは、早速「e-POWER」のメリットをチェックしていきましょう。「e-POWER」が従来の車よりも優れているメリットは4つもあります。

燃費性能の向上

「e-POWER」は従来のガソリンエンジン搭載車と比べて、燃費性能が大きく向上しています。ガソリンエンジン搭載車はガソリンを消費してエンジンを駆動させ、その力を使ってタイヤを駆動させていました。

しかし、「e-POWER」はエンジンが駆動することによって生まれた力を発電に用います。エンジンには得意な回転域と不得意な回転域があり、得意な回転域ではパワフルかつ燃料消費も少ないですが、不得意な回転域ではパワーのロスや燃料消費が激しいです。

「e-POWER」であれば、エンジンを常に得意な回転域で駆動させることができるため、ガソリンの消費を抑えながら発電することができます。

加速性能の向上

「e-POWER」のシステムと組み合わさっているエンジンは、今のところ排気量の少ない小型エンジンです。小型エンジンが大型エンジンと比べて非力なのはご存知だと思いますが、「e-POWER」はエンジンではなくモーターで走行します。

「e-POWER」に搭載されているモーターは高出力モーターなので、アクセルを踏み込んだ直後にトルクフルな加速を実現します。エンジンで駆動する車はアクセルを踏み込んでから加速するまでに若干のタイムラグがありますが、「e-POWER」にはタイムラグが一切ありません。

アクセルひとつで加減速が可能

「e-POWER」には「e-Pedal」と呼ばれる機能が採用されています。「e-Padal」とは、アクセルの踏み加減を調節するだけで減速や停止することができる仕組みのことです。

もちろん、従来通りの発進や加速もできるので、アクセルひとつで車を運転することができるようになります。最初は慣れが必要ですが、一度慣れたら「e-Padal」の快適さを忘れることができなくなりますよ。

静粛性が高い

エンジンは回転数を上げていくとエンジンノイズが発生します。スポーツカーに乗っているならまだしも、快適な移動を満喫したいときのエンジン音は耳障りです。

ですが、「e-POWER」のエンジンは常に低回転域で駆動しているため、車内にうるさいエンジン音が響くことはありません。

その代わり、加速時などにモーターの回転音が発生しますが、エンジン音と比べると些細な音です。e-POWERは従来のガソリンエンジン搭載車と比べて静粛性が高く、長距離移動も快適に過ごすことができます。

e-POWERのデメリット

「e-POWER」は次世代の優れた技術ですが、完璧ではありません。たくさんのメリットをもたらす代わりに、いくつかのデメリットもあります。「e-POWER」のデメリットは3つです。

最高速が低い

「e-POWER」はモーター駆動なので、トランスミッションは必要ありません。しかし、トランスミッションが搭載されていないことやモーターが低速トルク重視であることが災いして、最高速が低いとされています。

たしかな情報ではありませんが、噂によると140~160km程度だとされています。バッテリーに充電されている電気が少ないと、最高速はさらに低くなってしまうようです。

とはいえ、法定速度内で走行する限り140km以上もスピードを出すことはないと思います。高速域での走行がガソリンエンジン搭載車に劣るというのは事実ですが、実用域ではまったく問題のないデメリットです。

高速域で燃費が下がってしまう

上記でもお伝えしたように、「e-POWER」は高速域での走行が苦手です。トランスミッションの非搭載やモーターが低速トルク重視にセッティングされていることが影響しています。

そもそも「e-POWER」は街乗り用途を想定しているシステムなので、高速域での走行が苦手なのも当たり前と言えます。

ストップ&ゴーが多い市街地など、街乗りをしているときのような高い燃費性能を発揮することができません。高速走行時の燃費性能に関しては、ガソリンエンジン搭載車に分があります。

価格が高い

「e-POWER」はガソリンエンジン搭載車と比べて、価格が高いです。ガソリンエンジン搭載車が走行するために搭載しているのはエンジンだけですが、「e-POWER」はガソリンエンジンのほかにモーターやバッテリーをはじめとするハイブリッドシステムを搭載する必要があります。

「e-POWER」を搭載しているモデルと搭載していないモデルを比較すると、約50万円程度の価格差があるようです。これはトヨタやホンダのハイブリッドシステムと同じくらいの価格になります。

日産のe-POWER搭載車種は?

日産が現在、「e-POWER」をラインナップしている車種は2つあります。まず、「e-POWER」第1弾として登場したノート e-POWER。もうひとつが2018年度上半期にミニバン販売台数No.1を記録したセレナのe-POWERです。

ノート e-POWER

ノートe-POWERは2016年に登場しました。「e-POWER」のラインナップと同時にマイナーチェンジが実施されたこともあり、販売台数が大きく増加。

その後も国内ではトップクラスの月間販売台数を記録し続けています。ノートは「e-POWER」を採用したことで、コンパクトカーらしからぬ加速性能の高さと、コンパクトカートップクラスの燃費性能を手にしています。

セレナ e-POWER

日産の「e-POWER」搭載車種第2弾として登場したのがセレナ e-POWERです。セレナ e-POWERは2018年3月に登場し、2018年度上半期ミニバン販売台数No.1という記録に大きく貢献しています。

ノートと同様に「e-POWER」を採用したことで、良い意味でミニバンらしくない加速性能と高い燃費性能の両立を実現しました。

e-POWERは今後日産のスタンダードになる

今回は日産の次世代技術のひとつである「e-POWER」を徹底解剖しました。「e-POWER」はとても魅力的なシステムであり、たくさんのユーザーに受け入れられています。

今後は同社のクロスオーバーSUV、エクストレイルやジュークにも「e-POWER」が採用されるという噂もあり、「e-POWER」が今後、日産車のスタンダードになることは間違いないでしょう。