自動車保険の年齢条件って??

自動車保険の運転者年齢条件の意味とは?保険料と年齢の関係について

自動車保険の保険料を少しでも安くするために、あらゆる特典や割引、条件を付けて契約することがありますが、運転者の年齢は保険料にも影響を与える項目になることをご存知でしたか。

今後自動車保険を見直そうと考えている方や、これから初めて自動車保険を契約しようとしている方は、運転手の年齢条件について正しく知っておくことで、保険料の節約効果を発揮できるでしょう。

では早速ですが、自動車保険の年齢条件について大切なポイントをご説明したいと思います。

運転者の年齢条件とはなにか?

自動車保険に年齢条件なんてあったの?と驚かれる方もいるかもしれませんが、この目的は運転者の年齢により補償範囲を制限し保険料を節約する目的があります。

補償区分はそれぞれの保険会社が用意しているなかから選択します。

・年齢条件の一例

たとえば21歳以上、26歳以上、30歳以上、35歳以上というような区分わけがされていて、保険会社によっては35歳以上を設けていないなど、若干の違いがあります。

このような年齢条件で保険を契約すると、26歳以上補償の自動車保険では25歳の人が事故を起こした場合には補償対象外になるということです。

・誰でも対象になるか?

自分の車を友達に貸して事故を起こされたなんてケースが稀にありますが、自動車保険の運転者年齢条件が適用される人について、誤解しないよう正しく知っておかないといけません。

補償の適用がされるのは一緒に住んでいる家族のみ。

契約者・契約者の配偶者・契約者の同居の親族となります。同居の親族とは同じ家屋に住む「6親等内の血族」および「3親等内の姻族」の人。友達や知り合い、別居している未婚の子などは年齢条件が適用されないことになります。

・運転者限定について

年齢条件だけでなく、別に運転者を限定して補償する特約もあります。たとえば夫婦限定や本人限定など、このような特約がある場合は年齢条件に適用されても、運転者限定の範囲に含まれない場合は対象外とみなされることがあります。

たとえば年齢条件がある家族共有の車の場合、家族限定で年齢補償を30歳以上に設定しているとしましょう。

契約者と配偶者は50歳、同居の25歳の子供、別居の父70歳という家族構成の場合は、年齢条件で適用されない子供と同居していない父親が補償外になるということです。

年齢条件と保険料の違いについて

年齢条件があると保険料がいくらぐらい節約できるのか、具体的なメリットについて詳しくご説明したいと思います。

・年齢が若いと保険料が高い

運転者の年齢が若いほど事故リスクが高くなるため、保険料は高めに設定されています。

16歳~24歳の事故件数はほかの年齢層よりも圧倒的に多いという統計もあり、若い人は事故を起こしやすいというのは実際に裏付けされているのです。

そのため事故が多い若い年齢の契約者からは高く保険料を徴収しないと保険会社も大変ということなのでしょう。

・年齢範囲の3区分について

運転者の年齢範囲は、「全年齢補償」「21歳以上補償」「26歳以上」の3つに主に分かれていることが多くなっています。

保険料の違いをざっと比較すると、全年齢補償が一番高くなり、事故リスクが低くなる26歳以上は3区分のなかでも一番安い保険料になります。

全年齢と26歳以上を比較すると3倍以上も格差が付くことも。そのため保険料を安くしたい場合は、年齢条件を設定したほうがお得になるということです。

・記名被保険者の年齢は6区分ある

記名被保険者とは契約車両を主に使う人、年齢条件とは異なり保険料算出のために設けられたものが6区分あります。この6区分が適用されるのは26歳以上補償の場合。30歳未満~70歳以上を各年齢層で6つの区分わけがあり、年齢層間で異なるリスクを保険料に反映させることが目的となっています。

たとえば同じ家族でも複数人が同じ頻度で車を使用することがありますよね。このような場合、誰を記名被保険者にするかにより保険料の節約が可能です。

・運転者限定と年齢条件をうまく使い保険料を節約する

保険会社で若干の違いはあるもの、保険料を節約するなら運転者限定と運転者年齢条件をうまく設定すると節約効果がアップします。この二つは併用して付帯できるものなので、誰が普段車に乗るか、補償対象を考えて保険料を見積もるとよいでしょう。

注意するポイントは?

自動車保険の年齢条件は節約を目的として補償内容を考えることが大切です。その際に覚えておきたい次のポイントに注意しましょう。

・適用範囲が複雑になる

保険契約を考える際、保険料を節約することはとても大事なポイントです。年齢条件や運転者限定特約などをつけると節約効果があるものの、適用範囲が複雑になり誰が補償範囲に入っているのか判断しにくい場合があります。

このようなことを避けるためには、保険会社のカスタマーサービスなどで相談や確認することも大切です。ウェブ上で運転者範囲シュミレーションを使い、照らし合わせて確認できる保険会社もありますのでチェックしてみましょう。

・条件を満たさない場合の事故は補償外

運転者の年齢条件を高く設定したほうが保険料は安くなります。しかし設定年齢以外の人が運転して事故を起こした場合は補償対象外になりますので注意が必要です。

・年齢条件の変更について

年齢条件は契約中でも変更が可能です。そこで知っておきたいのが変更するタイミングについて。

まずひとつめのタイミングは保険契約している車両を運転する最も若い人の誕生日です。たとえば20歳の子供が21歳になったら次の補償区分に変更できるため、保険残存期間に合わせて場合によっては数万円の保険料が還付されることもあるでしょう。

もうひとつは子供の別居タイミングです。年齢条件が適用されるのは同居の子供が含まれていますので、子供が別居した時には内容を見直して保険料が節約できます。夫婦だけが運転する場合は運転者限定特約で家族限定から夫婦限定にすればさらに保険料が安くなるでしょう。

・年齢条件を広げる場合もあり

子どもの誕生日などが保険料の見直しタイミング。逆に新たな人が加わった場合には年齢条件を広くしないといけません。

たとえば子供が運転免許を取得した際、別居中の子供が同居を始めた場合など。対象者が増えた場合にはなるべく早く変更手続きをしておかないと事故の補償がされません。同時に家族限定特約を設定している場合も内容を吟味して見直しするとよいでしょう。

・年齢条件の変更手続き方法

万が一年齢条件を変更する場合ですが、契約中の保険会社のサイトや電話で手続きをすることができます。ダイレクト型や代理店型保険どちらでもネット上での手続きが可能なので時間がない方にオススメです。

基本的には契約内容は変更手続きをした当日に反映されますが、ネットで変更手続きをした場合は、保険会社により受付のみ当日で手続きが開始するのは翌営業日になるというケースもありますのでご注意ください。

このような行き違いを防ぐためには、保険会社の担当に直接電話連絡をして確認したほうが安心ですね。

まとめ

保険契約で大事なポイントの運転者年齢条件。

保険料を安くメリットだけでなく注意するべきこともありますので、運転者が誰なのか実際にイメージしながら条件設定をしましょう。

特約などもうまく併用して予算に見合った自動車保険を選ぶことも大切です。