自動車保険の強制保険と任意保険の役割

自動車保険には強制保険と呼ばれるものと任意保険と呼ばれるものがあり、前者は名称からして必ず入らなければならないもので、後者は入りたければ入るものというイメージになりがちですが、実は両方とも入ってこそ初めて自動車を運転してもいいいという関係になります。

強制保険は自賠責保険と呼ばれるものですが、仕組みとしてすべての車に掛けなければならないものとされています。あくまで車単位ということで、補償は相手方の身体へのものに限定されています。事故の加害者が身体や車に被害があったとしても、自賠責保険からは保険金の給付は一切ないということになっています。

そして、傷害に関する諸費用の保証は120万円が限度であり、後遺障害に関する労働能力の低下や精神的苦痛に対する補償は4000万円が限度であり、死亡の場合は逸失利益の他葬儀費、慰謝料が支払われますが、3000万円が限度となっています。
つまり、事故の程度によっては自賠責保険だけでは不十分ということになりがちというわけです。

そこで任意保険にも加入するということになるわけですが、この保険は相手方の身体だけに限定されていないで、運転手や同乗者の身体、そして車と物など、事故が発生したときのあらゆる損害を補償するという仕組みとなっています。

相手方を死傷させてしまった場合の対人賠償、他人の車や家屋、塀、ガードレール、信号機、電柱、店舗などを壊してしまった場合の対物賠償、その他に人身傷害や搭乗者傷害も保険の対象となっています。
そして車両保険も付与することができます。

その他では、保険をどう設定するかにもよりますが、無保険車傷害やロードサービスなどがついているものも少なくありません。
何よりも補償金額は最近では一億円を超える場合もしばしばあるので、限度なしでの無制限でないと、危険極まりないということになります。

自動車を運転するには、どうしても様々なリスクを伴いますが、少なくともお金に関してのリスクを前もって避けるためには、強制保険だけではなく、任意保険にも加入する必要があるということなのです。