自動車保険の賢い選び方:人身傷害保険と搭乗者傷害保険について

自動車保険の補償は大きく3種類に分けることができます。1つ目が相手方への補償、2つ目は自分と同乗者への補償、3つ目が車の補償となり、人身傷害保険と搭乗者傷害保険については2つ目の自分と同乗者への補償ということになります。

つまり人身傷害保険と搭乗者傷害保険は補償の対象が同じですから、自動車保険に加入する際はどちらか1つを選ぶ方が多いでしょう。しかし補償対象は同じでも補償の内容には違いがあるため、自分にピッタリ合った自動車保険を選ぶときはそれぞれの違いを確認しておきましょう。

人身傷害保険とは事故によってかかった実損害額が支払われる保険です。自動車事故では過失割合がポイントになってきますが、人身傷害保険は過失割合に関わらず実損害額が全額補償されることが特徴的です。

一方の搭乗者傷害保険はあらかじめ決定しておいた保険金額が支払われるため、人身傷害保険と違って実損害額を見るわけではありません。

自動車保険とは違いますが医療保険の場合は加入する際に入院日額を決定するため、日額5千円でかける方もいれば1万円でかける方もいるでしょう。つまり搭乗者傷害保険は医療保険と同じように決まった金額が受け取れますから、どちらかを選ぶときは保険金額を比較するというのも1つの方法です。

自動車保険で最も重要な補償と言えば相手方への補償ですが、あわせて自分自身や同乗者の補償もしっかり担保しておく必要があります。保険商品を選ぶときは複数の保険会社の商品を比較し、補償内容が充実していて保険料がお得な商品を選ぶといいでしょう。

数多くある自動車保険商品を自分自身で比較することは簡単ではありませんが、インターネット上で手軽に利用できる一括サイトが便利です。希望の補償内容や保険金額を選択し、自分と車に関する情報を入力するだけで複数の保険会社に見積もりを依頼することができます。

現在自動車保険に加入している方が別の保険会社に乗り換えても、等級は引き継がれるので安心です。