自動車保険の等級って?事故を起こすと等級ダウン??

自動車保険の等級ダウン・事故の種類や適用期間などの疑問について

自動車保険には等級制度(ノンフリート等級制度)があり、事故歴に応じて保険料の割増や割引を行う制度が導入されています。等級は1等級~20等級に分かれており、初めて自動車保険を契約する時は6等級からスタート

1年間無事故で保険を使わなかった場合は翌年等級が1つ上がり7等級になるという仕組みです。

この自動車保険の等級制度は20等級が一番割引率が高くなりますので、長年無事故で保険を使わない人のほうが保険料が割引されるということ。

しかし忘れてはいけないのは、事故を起こした場合は等級がダウンするという点です。事故の種類によっても異なる等級ダウン、気になる疑問について詳しく説明していきましょう。

事故の種類によって変わる等級ダウン

自動車保険は事故にあい保険を使うと翌年の等級が下がってしまいます。どれぐらい等級が下がるのかは事故の内容次第。

3種類のパターンに分かれている事故の種類についてみていきましょう。

・3等級ダウンするケース

1等級やノーカウント事故として判断されないものはすべて3等級ダウンになります。

3等級ダウンするケース
  • 交通事故で他人にけがを負わせ対人賠償保険金が支払われた場合
  • 電信柱などの建物に車をぶつけて車両保険が支払われた時
  • 他人の車にぶつけて対物賠償保険金が支払われた時

などが対象になります。

事故があった翌年の保険料を算出する際には3等級ダウンするため、たとえば10等級の人は7等級になるということです。

・1等級ダウンするケース

1等級ダウンするケース
  • 火災や爆発により車が破損した場合
  • 盗難された場合
  • 暴力行為で車が破壊された場合
  • 台風や洪水、高潮、竜巻など自然災害の場合
  • 落下物や飛来中のものに衝突や接触して窓ガラスが破損した場合
  • 落書きされた場合

・事故がノーカウントされるケース

事故にあい保険金が支払われても等級ダウンしないノーカウントのケース。

事故がノーカウントされるケース
  • 人身傷害補償保険や搭乗者傷害保険の保険金のみ支払われた場合
  • 弁護士費用特約の保険金のみ支払われた場合
  • 自転車に乗っている間の事故で自転車事故補償特約の保険金のみが支払われた場合

などがあります。

事故あり係数適用期間について

自動車保険の等級制度は事故の内容により異なりますが、一度等級がダウンした場合いつになったら元に戻るのか疑問を抱く人も多いでしょう。そこで知っておきたいのが「事故あり係数適用期間」というものについてです。

・事故あり係数適用期間とは

事故にあいずっと等級が下がったままでは保険料の負担が厳しくなってしまいますよね。

事故あり係数適用期間というものは、「事故あり」として割引や割増を適用する期間を示したもので、お手持ちの保険証券の等級近くに記載されてありますので念のために確認しておきましょう。

・3等級ダウンは3年

事故あり係数適用期間は3等級ダウンした場合は翌年の契約から「3年間」事故ありとして等級が続いてしまいます。

一例をあげますと15等級の人が3等級ダウンの事故にあった場合。翌年は12等級になり事故ありの等級が3年間続き、無事故だった15等級に戻るのは4年目になる計算です。

・1等級ダウンは1年

1等級ダウンの事故にあった場合は事故あり係数適用期間は1年。

15等級の場合は翌年の契約が14等級になりその次の年になると無事故の15等級に戻ります。等級ダウンした数が多いほど無事故状態に戻るには時間がかかるということなのです。

・1年間に2回事故にあった場合は?

自動車保険の等級は事故内容によりダウンする数が変わりますが、事故は残念ながら一年に一度とは限りません。もし1年に2回事故にあい保険金が支払われた場合、事故あり係数適用期間は追加されてしまいます。

この期間は事故1件あたりにカウントされますので、3等級ダウン事故が1件増えれば3年、1等級ダウン事故なら1年が加算されます。

たとえば1年の間に3等級ダウン事故と1等級ダウン事故に1回ずつあったとしましょう。合計すると4等級ダウンになりますので、20等級なら翌年の契約から16等級にダウンされます。

事故あり係数適用期間もそれぞれの3年と1年をプラスして4年になるため、事故にあった年を1年目とすると5年目までが事故ありとしてカウントされることになります。無事故の20等級に戻るのは6年目になる計算です。

・上限と下限がある

事故あり有係数適用期間には上限が6年、下限が0年と決められています。

初めて自動車保険を契約する際は事故あり有係数適用期間が0年となりますので、保険料の算出の際には無事故係が適用されます。

20等級に関する基礎知識について

そもそも自動車保険の保険料は各保険会社の統計などに基づいて定められ、自動車の種類や運転者の年齢や年間走行距離などが反映されています。

事故を起こしやすい人からは保険料を高く設定し逆に長年安全ドライブを続ける人は保険を使うリスクが低いため保険料が安くなる仕組みがあります。等級制度で一番割引が高くなる20等級、知っておくべきポイントについてご説明したいと思います。

・割引率について

20等級になると保険料の割引率がとても高くなり事故なしで63%割引になります。

1等級は逆に64%割増になるため、かなりの金額の差が出ることが分かります。等級による割引率は保険会社で共通になっているので、乗り換えする際にも同じメリットが受けられます。

20等級の自動車保険の相場は年間で3万~4万円、ほかの等級と比較すると5万円ほど格差が出ることも。ドライバーの皆さんは20等級を目指して安全運転を心がけているでしょう。

・14年間という長い道のり

20等級になるには無事故で保険を使用しない期間が14年間必要です。たとえば18歳ではじめて自動車保険を契約して、6等級でスタートしたケースを考えてみましょう。

順調に無事故が続けば32歳の時に20等級に到達します。もし3等級ダウンの事故に1度あうと20等級に到達するのは36歳になる計算です。

・20等級でも保険料は異なる

同じ等級なので保険料も同じはず、というのは大きな間違い。20等級になるとほかの等級よりも保険料が安くなるメリットはありますが、さら同じ等級内でも若干の保険料の違いがあります。

過去に事故を起こした経歴がある場合と、完全に無事故の20等級と比較すると割引率が19%近くも異なります。

また事故あり有係数適用期間が0年、20等級、前年度に無事故だった場合などに適用される「長期優良割引」という制度が保険会社によって提供されていますので、さらに20等級でも割引される可能性があります。

・20等級になると割引が減る?

無事故で長い間20等級が続くと最高レベルに達しているためそれ以上保険料が安くならないという声もよく聞かれます。さらに20等級の人が保険料を抑えるためには、保険会社を乗り換えることも方法のひとつ。

また運転者限定の範囲をせまくする、年齢条件の範囲を見直す、インターネット割引や早割などの保険会社で提供している割引サービスを活用することも良いでしょう。

まとめ

自動車保険の等級は事故にあわないように毎日安全運転を心がけて順調に毎年アップさせていくことが一番。

また自動車保険は定期的に見直して少しでも節約するように考えることも大切です。

便利な保険の一括見積サイトなどもありますので、等級による割引以外にもさらにお得に充実した補償が受けられる自動車保険を探してみましょう。