自動車保険の等級引き継ぎで知っておいたほうがいい事

自動車保険の等級引継ぎ!やる前に知っておくべき大切なポイント

自動車保険には等級制度があり、事故の有無や保険使用によってそれぞれの等級が変わります。この等級制度ですが新規の保険契約の際にどうなるのか、引継ぎができるのか疑問を持っている方も意外と多いですよね。

そもそも自動車保険の等級というのは事故歴により翌年の保険契約に適用する等級が決まり、1~20までの等級の間で保険料が割引や割増される制度です。1年間事故がない場合は翌年に1等級上がりますので、ベテラン安全ドライバーのなかには20等級という方も決して少なくありません。

はじめて自動車保険を契約する際は6等級からスタート、上限になる20等級になるには最短でも14年かかります。この制度ですが複雑な面もいくつかありますので、早速ですが意外と知られていない等級制度の引継ぎについて詳しく解説しましょう。

自動車保険は家族間で等級引継ぎができる

自動車保険の等級引継ぎは家族間でもできることを知らない人は以外と多いでしょう。適用するためには次の条件が必要になりますので参考にしてください。

・等級引継ぎができる家族の範囲について

等級を引き継ぐケースには、子供が免許を取り初めて自動車保険に加入する場合があります。本来ならば初めて契約するので6等級からのスタートになりますが、父親が20等級であればそのまま引き継ぐことが可能なのです。

そのメリットは保険料が安くなることで、適用するには家族として判断される範囲に注意が必要です。

対象になるのは契約者と配偶者、そして契約者と同居の親族、配偶者の6親等内の血族と3親等内の姻族。そのため子供が初めて自動車保険を契約する場合は、同居していれば等級引継ぎができることになります。

・引継ぎできる期間に注意しよう

同居の家族ならすべてのケースで大丈夫というわけではありません。等級引継ぎをするには保険始期日が満期日の翌日から起算して7日以内(等級継承期間)でないとできません。

また契約車両ですが車の買い替えや車両入替も保険会社により条件が定められているため、入替をする場合は所有者が入替前と同じであること、もしくは記名被保険者と同じであるなどの条件を満たさないといけません。

車両入替は二輪自動車から自家用自動車に変えることはできませんのでご注意ください。

・保険会社間であれば等級引継ぎは可能

等級引継ぎは一般的に違う保険会社へ乗り換える際には等級引き継ぎができるようになっています。

長く契約をしていた保険会社から新たな保険に変えるのはとても抵抗があることですが、等級はそのまま新規契約をしても前の保険から引き継がれるため、契約者にとっては安心できる部分になるでしょう。

ただし自動車保険は保険会社だけでなく全労災やJA共済、教職員共済などもありますので、このような機関から保険会社に変わる際には等級引継ぎができない場合もあるのでご注意ください。

等級引継ぎができないこともあり

自動車保険の等級引き継ぎは場合によってできないケースがあるので注意しましょう。次の場合は対象にはなりませんので事前に確認したほうが安心です。

・譲り受けた車両の場合

友達や知り合いからもらった車は基本的に新規で自動車保険の加入が必要になりますので、等級を引き継ぐことができません。ただし廃車にするタイミングと車を譲りうけるタイミングが同じ時は車両入替の手続きをして等級引き継ぎが可能になります。

・2台目の車は対象外

すでに一台車をお持ちの場合、追加で2台目を増やす際は自動車保険の引き継ぎはできません。保険はそもそも車両に対してかけられるものですから、車両の入替えをしないと等級引継ぎができないのです。

・法人から個人に変わった場合

車を週末だけのる個人の保険契約者と車で営業活動をするような法人の場合では事故のリスクも変わります。また個人と法人は保険契約の形態が違いますので、法人から個人、もしくはその逆パターンでも等級引き継ぎができない仕組みになっています。

例外としては法人契約の記名被保険者が個人の場合、またこの条件に該当し個人契約にする際、記名被保険者を同一もしくは配偶者や同居親族にする場合も引き継ぎは可能です。 

・結婚や離婚などの変更がある場合

結婚や離婚も自動車保険の等級引継ぎに影響を与えます。そもそも同居家族が引継ぎ範囲になるため、たとえば結婚して別世帯になる際は対象となる家族には含まれないので引き継ぎはできません。

また離婚して姓が変わった、別居して同居していないというケースも同様に家族の範囲には含まれません。

保険会社間で引き継ぎをする場合について

現在加入中の自動車保険よりも安い会社を見つけたので、乗り換えしたいということがよくあります。このような保険の見直しをする場合ですが、ダイレクト型保険や代理店型に関係なく自動車保険会社同士であれば等級引き継ぎができますので、その際の手順についてみていきましょう。

・7日以内に引き継ぐこと

新しい保険の始まる日が、前の保険満期日の翌日から起算して7日以内でないと引き継ぎはできません。

もし解約日や満期日から8日以上経過している場合は、最初の6等級に戻るため注意が必要です。ぎりぎりまで待たずに保険の乗り換えや見直しをする際には早めに予定を立てておくと安心です。

・必要書類を揃えておく

保険会社を乗り換えする場合は、必要書類を準備して等級の引き継ぎも忘れずに行いましょう。その際に必要な書類は「現在加入中の自動車保険の保険証券」「運転免許証」「車検証」の3つ。不足書類がないように事前に新規で契約する保険会社に確認をしておきましょう。

・解約手続きをする

現在加入中の保険は解約手続きを行う必要があります。最初に保険会社に解約の意思を伝えどのような手続きが必要なのか確認してださい。通常は解約申込書を自宅に送付してもらい、必要事項を記入して提出する形になっています。

保険会社によっては身分証のコピーなど、ほかに添付が必要な書類もあるかもしれません。

また新規で契約する保険会社には他社から乗り換えすることを伝え、補償期間の空白が生じないように早めに手続きをしましょう。解約した自動車保険に関しては残りの保険期間分について保険料が変換されます。

・中断証明書を使う

自動車保険は解約後13か月期間が経過すると等級がリセットされてしまいます。長年蓄積した高い等級を失ってしまうのはとてももったいないことなので、将来車を運転する計画がある場合は「中断証明書」を使いましょう。

海外赴任で車にしばらく乗らないようなケースは、車を手放す際に中断制度を使い等級を最大で10年間保存することが可能です。中断証明書を発行してもらうにはいくつかの条件があります。

まず自動車保険を中断するときに7等級以上であること。契約車両を譲渡または廃車すること、車検が切れていないこと、契約車両が盗難や災害にあい手元にない場合など該当条件を確認しておきましょう。

直接保険会社に中断証明書を発行してほしいと伝えると条件を満たせていれば発行してもらえます。必要な書類がいくつかありますので保険会社に確認してください。

まとめ

自動車保険の等級引き継ぎは保険料が安くなる点が一番のメリットです。夫婦間や同居の子供なども引き継ぎが可能なので、上手に活用すれば節約効果もアップするでしょう。

あらゆるケースに適用される等級引き継ぎ制度、気になる場合は保険会社に相談しておくことも大切です。

また自動車保険は等級制度だけでなく、あらゆる割引制度を各保険会社で提供していますので、少しでも節約したい場合は何社か見積もりを取り補償内容と保険料をバランスよく比較しましょう。