自動車保険乗り換えのタイミングと注意点

自動車保険を乗り換えするベストなタイミングと手順について

自動車保険市場ではあらゆるタイプの保険が販売されていますので、現在加入中の保険よりもお得で魅力的なものが次々に見つかることがあります。保険料を見直すことは家計にとっても大きな節約になるので、定期的に自動車保険をどうするか考えることは大切といえるでしょう。

料金を安くするだけでなく補償内容を充実させたい、ロードサービスを充実したいなど現在の自動車保険に不足を感じる点があると思います。

そんな時に考えるのが自動車保険の乗り換えについて。そこで今回は乗り換えを検討されている方にぜひ知ってほしい手続きのタイミングや注意点について説明したいと思います。

自動車保険を乗り換えるメリットについて

自動車保険を乗り換えるメリットについてみていきましょう。現状で満足している方も他社の保険を比較すると意外な魅力を発見するかもしれません。

・特約を選びなおしピッタリの保険内容にする

特約は必ず付帯させるものではありませんので、自分に合わせて好きな特約を付け万が一に備えることが大切です。

たとえば示談交渉の際に必要な弁護士報酬や訴訟費用を補償する弁護士特約などがあります。

特約をつけるとその分保険料が高くなり、なかには実際には必要ない特約をつけている方もいるでしょう。そんな場合に自動車保険を乗り換えると新規で自分に合った補償内容を見直すチャンスになります。

・保険料が安くなる

乗り換えする一番の理由といわれるのが保険料の見直しのため。

同じ補償内容で他社なら年間数万円も安くなるという場合も多いため、定期的に保険商品を比較して賢く自動車保険を契約することが大切です。

またなかには保険会社で乗り換えキャンペーンを行っている場合もありますので、このようなタイミングを活用して特典や割引を受けて乗り換えることもオススメです。

・ロードサービスのグレードがアップする可能性がある

自動車保険を選ぶ際にポイントが高いロードサービスの内容。

めったに使うことがなくても万が一充実した内容のロードサービスがあればドライブも安心です。自動車保険を乗り換えると現在の保険会社よりもロードサービスの内容が充実する可能性があります。

たとえばレッカー移動の距離が長くなる、無料になる、宿泊費用の限度額、ガス欠の際の無料ガソリン量が増えるなど。ちょっとした違いでも現状より内容が充実するなら乗り換えを検討する価値がありますよね。

自動車保険を乗り換えるデメリットは?

自動車保険の乗り換えにデメリットはあるのでしょうか。手続きを始める前に注意したい点についてみていきましょう。

・解約返戻金について

保険料が多少節約できる年払いにしている方は多いと思いますが、自動車保険を満期日前に解約する際は「解約返戻金」が残り日数に応じて保険会社より返金してもらうことができます。

しかし単純計算した金額ではなく多くの保険会社では短期率を加えて金額を算出するため、残りが全額返還されないこともあります。

半年で解約した場合は払い込んだ金額の半分にはならず、70%前後の短期率で計算されるため金額が減ってしまいます。

・補償内容が変わってしまうこともあり

自動車保険の満期日が間近に迫っているとあわてて次の保険会社を探してしまい、補償内容をよく確認せずに契約する場合があります。

あまり検討せずに決めた保険は現状よりも補償内容が充実していない場合もありますし、サービス内容が変更されることもあります。

契約後に気がついても遅く、満足な補償やサービスがないまま1年間過ごす人もいるでしょう。

・満期日前の乗り換えは等級アップに影響する

自動車保険を満期日まで待たずに乗り換える場合は、等級アップが遅れてしまう可能性があります。

基本的に等級が上がるのは1年間無事故であることが条件になるので、途中で乗り換えると新規の保険で無事故が1年続かないと等級アップにはならないのです。

たとえば4月1日に契約した現在の自動車保険、満期日まで待てば翌年の4月1日に等級アップしますが、10月に乗り換えたとするとその日から1年間待たないといけないため、半年前後のずれが生じてしまいます。

自動車保険を乗り換えるタイミングは?

後で失敗しないためには乗り換えの2つのタイミングを参考にしてください。また新しく契約する保険が現状の保険よりもメリットが多いことが比較の基準になります。

・満期日に乗り換える

一番安全なのは満期日に乗り換えをすることです。手続きもスムーズなので、乗り換えの検討をしている場合は満期日の3~4か月前には早めに新しく申し込みをしておきましょう。

遅くても満期日1か月前には手続きをしておくこと。通常は4か月前ぐらいからどこの保険会社でも契約の受付を行っていますので、事前に確認してください。

新規で保険を契約するときは満期日と新たに契約する日が同じであることを確認しておきましょう。空白の期間が生じると万が一の際に補償がありません。

また保険の空白期間が長いと今までの等級の引き継ができない場合もあるため、手続きの手順などはチェックが必要です。

・満期日前に乗り換える

満期日前に乗り換えるのはデメリットがいくつかありますので、本来ならば満期日をむかえてから手続きをすることをオススメします。

もしどうしても満期日前に乗り換えるという場合は次のポイントに注意してください。

満期日前に乗り換える際は現在の保険会社に解約の連絡をしないといけません。満期日まで待てばこの手続きは必要ないので、手間が増えてしまうことがデメリットといえるでしょう。

解約と新規の手続きの両方を行い解約する日から新規の保険がスタートするように手続きをしてください。等級の引き継ぎで損する満期日前の乗り換えですが、保険会社によっては「保険期間通算特則」により契約途中でも等級を引き継いでもらうことが可能です。

乗り換えの際の注意点

現在契約中の保険は基本的に満期日がくれば特別な手続きは必要ありません。

しかし乗り換えする際は現在の保険会社に念のため確認をしておくとよいでしょう。また乗り換えの際の以下の注意点についても理解しておくことが大切です。

・期間が空く場合

自動車を買いなおして納車されるまで時間がかかる場合など、乗り換えタイミングで空白ができてしまうことがあります。

この際には「中断証明書」を取得しておかないと等級の引き継ができない可能性があるので注意が必要です。

次の契約まで7日以内であれば問題ありませんが、それ以上の空白期間がある場合は中断証明書で等級の引き継ぎ期間を延長することが可能です。

・しっかり内容を吟味すること

魅力的な自動車保険は数が多く存在します。しかし補償内容などをしっかり把握して比較しないと自動車保険を乗り換えをするメリットはありません。

保険料が高くなった、補償内容が変わった、ロードサービスが充実していないといった違いがあるようでは乗り換えせずに現在の自動車保険を継続したほうが良いでしょう。

乗り換えする目的をよく考え、満足するためには見積もりサイトなどを使って比較することもオススメです。

まとめ

自動車保険の乗り換えは上手にすれば、内容を充実させてさらに保険料を安くすることも可能です。

車の使用目的が変わった場合や走行距離が減ったなど、ライフスタイルの変化に合わせて自動車保険を定期的に見直すことはとても大切といえますね。