自動車大国ドイツ

日本車は世界でも良い車として知られています。日本車と同等もしくは同等以上に良い車として知られているのがドイツ車です。

そもそも、ドイツ車にはどんなメーカーがあるのか?

ドイツ車として有名なのが、メルセデス・ベンツ、BMW、アウディ、フォルクスワーゲン、ポルシェなどこれらの車はすべてドイツ車。

有名な高級外車としても名高いメーカーばかり。

自動車雑誌やモータージャーナリストの人たちのドイツ車評価は非常に高いです。

どうしてドイツ車はこんなにも評価が高いのか?
その秘密を探っていきましょう。

速度域の違い

一般道、高速道路での速度域が違います。

日本の道路では一般道は最高速度60km/h。高速道路は今のところ最高速度100km/hです。
(現在高速道路の一部区間で最高速度110km/hを実施中。最終目標は120km/hとネクスコの方が言っていました。)

日本と同じような速度域の道路ももちろんあるのですが、一般道でも最高速100km/h。高速道路に関しては速度無制限区間(アウトバーン)があります。このような速度域の違いは車作りに大きく影響します。

日本の場合、一般的な車であればルール上100km/hまでしか出せません。100km/hで安定して安心して走れる車で良いということになります。

ドイツの場合、速度無制限区間があるため、200km/hで走っても300km/hで走っても問題が無い車が必要になります。どんなに速い速度で走っても耐えられる車でなければ、ドイツでは通用しません。

このような最高速度の制限の違い、もう少し広く言えば、道路環境の違いによって車の作り方までもが変わってきます。「ドイツの車は安定している」と言われるのはこのような理由があるのです。

②デザイン

デザインというと見た目のデザインであるエクステリアやインテリアのことを連想すると思います。もちろん、見た目のデザインも日本車とドイツ車では違いがあります。

日本車は車種ごとにデザインが違い、モデルチェンジごとに同車種であっても印象を大きく変えるデザインをするのが日本のデザインです。

ドイツ車も車種ごとにデザインは違いますが、ブランドアイコンを入れているのが特徴です。メルセデス・ベンツではスリーポインテッドスター、BMWではキドニーグリル、アウディではシングルフレームグリルといったようにメーカーそのものを象徴するデザインを取り入れています。

エクステリアはもちろん、インテリアもどの車種を見てもどこのメーカーの車かわかるほどです。

変化と革新のデザインを追求していく日本車、変わらないけど進化するデザインのドイツ車と言えます。

③長距離長時間

長距離長時間移動の面から見ても日本車とドイツ車には違いがあります。速度域の違いでも説明したように、車の作り方が違います。

日本における車の使用頻度は週末がメイン。年間走行距離は平均的に1年10,000km程度です。ドイツではちょっとしたお出かけ程度でも100km以上走ることもよくあるそうです。

日々の通勤や買い物でも頻繁に車を使う環境にあるドイツでは、年間走行距離の平均は20,000kmを越えることもあると言われています。

使用環境も走行距離も日本とドイツでは倍以上違ってきます。

ドイツでは走る距離も長く車に乗っている時間も長いため、長時間座っていても疲れにくいシートの作りになっています。

日本車では長時間座っているとおしりが痛くなったりしびれてきたりすることがありますが、ドイツ車では長時間座っていても痛くなかったりしびれたりはしません。

年間平均走行距離が長い使用環境に対応するため、ドイツ車は車の骨格の作りが非常に強い作りになっています。車雑誌などのメディアでは、この事を「ボディ剛性が高い」と表現しています。

ボディ剛性が高いだけでなく、長距離、長時間、長期間乗ってもへこたれないサスペンションやシートになっています。

ドイツ車に初めて乗ると「乗り心地がゴツゴツしてる」「シートが硬い」と思うかもしれません。しかし、これが長距離長時間乗ると疲れにくく、身体への負担が少ない硬さなのです。

例え話をすると、低反発枕は最初は包み込まれる感覚があり身体にフィットして気持ちいいのですが、寝返りをしたり、ずっと同じ姿勢で固定されるとだんだんと寝苦しくなってきます。

高反発枕は、初めは包まれる感覚は無いのですが、適度な反発で自由に動くことができるので、結果として熟睡できます。

この高反発枕がドイツ車と考えてもらえればわかりやすいかと思います。

長時間高速道路で移動することもあるドイツでは、高速域での車両の落ち着きがすごくあります。

高速道路の継ぎ目を越えたときの衝撃や振動の吸収はバタバタせずストンとサスペンションとタイヤが衝撃をうまく吸収してくれます。

ボディが丈夫であるため、車体はねじれたりよりたりせず頑丈な殻に包まれたような安心感があります。

そんな魅力がたくさんあるドイツ車。
機会があればぜひ乗ってみること所有することをおすすめします。

外車って…

ドイツ車いわゆる外車って高いんじゃないの?
と思われる人も多くいると思います。

正直、日本車と比較をすると少し割高です。
かつては高級車の象徴、お金持ちの象徴の外車というイメージがありました。現代では小回りの効くコンパクトカーもあります。

コンパクトカーだからといって安く仕上げるために手を抜いたりはしていません。小さい車でもアウトバーン(速度無制限道路)を走ることはあるはずですから車体の作りはしっかりとしています。

実は、世界的に見てコンパクトカーのセグメント(Cセグメント)は激戦区。

フォルクスワーゲンのゴルフをベンチマークとして、メルセデス・ベンツAクラス、BMW1シリーズや2シリーズ、アウディA1やA3やTT、フォルクスワーゲン ポロなどの小さいけれど質感の高い走りや安定感のある走りを実現したモデルが人気です。

日本車もグローバルで販売をしているため、この激戦区にも参戦しています。
トヨタ カローラスポーツやオーリス、ホンダ シビック、マツダ アクセラ、スバル インプレッサなどは激戦区に参入している車です。

日本車のコンパクトカーとして見ると少し価格が高い車ですが、世界的に見たらコストパフォーマンスに優れた壊れにくい安心感のある車として見ることができます。

ドイツ車日本車のコンパクトカーは日本の中古車市場へ出回ると新車と比べるとかなり安く買える物も多くあります。中には掘り出し物のような良い車が出回っているときもあります。

リーズナブルで手が届きやすい車、小回りも効いて使い勝手の良い車を探しているのであれば、ぜひCセグメントの日本車だけでなくドイツ車もチェックしてみてください。