車の買い取り方法、なぜ下取りより買取のほうが高く売れるの?

数社の見積もりを比較して、最高額で売却しよう!

「消費税が上る前に車を買い替えたいな・・・」
「なるべく高い金額で売却したいな・・・」
「見積もり調べるの面倒くさいな・・・」

そこで!

複数の買取希望店舗が査定を行ってくれる
無料の「かんたん車査定ガイド」を使おう!

複数社が愛車の買い取り価格を競いあう為、最高額での売却が可能!

査定は遅ければ遅いほど損です!


車を買い替えたい人にとって、今の車を売って頭金にしたい人はとても多いはずです。

その際に下取りに出すか買取をしてもらうか、そのどちらかを考えている場合に下取りに出してしまう人が多いです。一方でディーラーに下取りに出したとしても実際に手にできる金額は少なく、むしろ買取の方が高く売れるのが実情です。

なぜ、買取の方が高く売れるのか、むしろディーラーでの下取りがなぜ安いのか、そのあたりを知っておくことでよりよい方法で処分ができ、お得に買い替えることができるようになります。

下取りと買取

・下取り(したどり)は、新しい車を購入することを条件に、それまで使用していた古い車をを買い取る契約

・買い取りは車買取サイトなどを利用して車を売却する方法

そもそも下取りというシステムは最初から買い替えありきのシステムであり、新しいものを値引きするために存在しています。買取の場合は車としての価値を見ており、商品として売れるかどうかだけをチェックし、そのために金額も高くなります。

正規品のパーツ以外をつけていると下取りの場合にはさらに値段が下がるように、着眼点が全く違うのもポイントです。なので、どれだけお金をかけて立派な形にしていたとしても、下取りではびっくりするほど安い金額で引き取られることがあるので注意が必要です。

下取りの場合では仮に引き取ったとして、それを高く売るようなルートがほぼありません。もちろんメーカーによってはそうした場所を持つところはあるかもしれませんが、基本的にはオークションに出品するぐらいのことしかできないのが実情です。

そうなると高値で取引をするメリットがないために安く抑えられることになります。買取が高くなるのは、それ自体が商品になりえるからであり、新品ではないもののそれに近いような状態であれば、新品同様でありながら値段は多少安いということになり、消費者のニーズはかなりあります。

例えば、同じメーカーで買い替えを行う場合や多少お金が少なくなってもいいので手続きなどをシンプルにさせたい場合などはディーラーでの下取りでいいかもしれません。その場合には金額の面で多少見劣りがあるものの、オプションを別につけるなど様々なところで優遇を受けられる可能性があるからです。

買取の方が好都合

一方で、お金の面で少しでも楽をしたい人にとっては買取の方が好都合です。メーカーにこだわりがない場合や今までのものよりサイズを小さくしてより生活の足になるようなものにするなど、買い替えに明確な意図がある場合にはそちらの方がいいです。

結局、新車に買い替えてもらうために下取りの制度があるだけのことで、高値で処分できるようにしているわけではありません。一方で買取は車そのものの価値にお金を出すため、当然のことながら高く売れるというわけです。

あとはなぜ処分をするのかという理由に適した形で行っていけばいいだけのことです。また別のメーカーから買い替えを行う際にそれまで乗っていたものを下取りに出しても安く見積もられてしまうので、こうした場合には事前に中古車関係の業者のところで処分をしてからの方がよりお得に買い替えが行えます。

愛車の相場は今いくら?かんたん45秒入力のクイック診断!

「そろそろ新車に乗り替えたいな・・・」
「自分の愛車はいくらで売れるかな・・・」
「消費税が上る前に車を買い替えたいな・・・」
「今のうちに売っておいたほうがいいかな・・・」
「なるべく高い金額で売却したいな・・・」
「見積もり調べるの面倒くさいな・・・」

自分の所有する愛車を売却に出したいと検討されることも多いですが、
街中での買取店舗では相場を掴むことができずに、
売却後に後悔することにもなりかねません。

そこで!

たった3STEPのクイック診断サービスをつかおう!


複数の買取希望店舗が査定を行ってくれます!

メーカー・車名・車タイプ・事故歴・郵便番号などの項目を指定するだけで、
複数社から無料で見積もりの回答を得ることができます!

 

複数社が愛車の買い取り価格を競うため、最高額での売却が可能!

査定は遅ければ遅いほど損です!