車旅のすすめ

夏の猛暑のなか海水浴や花火大会など夏を満喫するのも楽しいですが、車内はサウナ状態でシートに座ることすら億劫になるほどです。

ドライバーはハンドルが暑すぎてまともに握れなくなることもしばしば。

そんな夏も終わりに近づいてきて、朝晩が肌寒く感じる夏の終わりから秋に移り変わる頃、ドライブにはうってつけの季節が訪れます。

冬の凍えるような気温になる前に車旅をしてみてはいかがでしょうか?

そんな車でなければ楽しむことができないところをいくつか紹介します。

ただ場所だけを紹介するのではなく、道中の絶景スポットと運転のしやすさも交えて紹介します。

横浜みなとみらい

お出かけの定番スポットみなとみらい。土曜日と日曜日の日中はとてつもなく混みあう人気スポットです。

そんなみなとみらいも夜になると一転。人の数も少なくなり、夜景スポットになります。電車やバスからも夜景を見ることはできますが、車を運転して行くからこその楽しみ方があるのです。

山下公園からランドマークタワーを目指して道なりに直進。

すると右側には停泊している氷川丸。左側にはマリンタワー、ホテルのエントランスやイルミネーションが見えます。信号も多く、動いたり止まったりします。

普段では少しイラッとするような状況も夜景のおかげで信号待ちが楽しみになるほどです。

山下公園からランドマークタワーを目指してさらに進んでいき、赤レンガ方面へ右折します。

右折後左カーブを抜けた先、左側には水面に反射するビルと観覧車が見えます。このスポットは主に助手席の人が楽しめます。

右側には赤レンガが見えます。夜の赤レンガはライトアップされ、幻想的な雰囲気。イベント広場の先には天気がよければベイブリッジがくっきりと見えます。

赤レンガを楽しんだらそのまま直進。サークルウォークの先にコスモワールドが見えてきます。

 

サークルウォークの交差点を真ん中の直進車線で通過後、斜め右方向みなとみらいトンネル方向へ下って行きます。

トンネルを通過後は車線を変えることなくそのまま道なりに進むと、左側には高層マンションの夜景。ずっとそのまま直進し、橋を通過します。右側には遮るものが少なく、遠くに建物の夜景が見えます。

直進し続け、突き当たりの交差点を左折します。その後すぐに路地を右折します。右カーブが続き、また交差点に突き当たります。

突き当たりの交差点付近にコンビニがあるので、途中休憩したければこのコンビニで休憩しましょう。

突き当たりの交差点を右折したらまた直進します。すると来た道を戻る形になります。
同じ道を戻ることになるのですが、行きと帰りでは見える夜景も別物。

ここから先はぜひご自身の目で確かめてください。

ドライブでの夜景は電車やバスから見える景色とはまた一味違います。見慣れた場所も車だと違って見えるというのも新たな発見になるはず。

電車やバスも夜景の一部となり行き交う電車も魅力的に見えることもあります。
みなとみらいドライブは道が比較的広く、見通しも良いため初心者でも運転しやすいです。

東名高速道路

東名高速道路といえば、新東名が一部区間で開通し一時期サービスエリア巡りが話題になりました。

サービスエリア巡りも魅力満載。食べ歩きはできないもののご当地ならではの美味しいものを食べることができます。

都会から東名高速道路下り方面へ向かい、そろそろ休憩したい頃にちょうどいいのが海老名サービスエリア。

駐車場も広く、食べ物屋も多くあります。定番なのですがメロンパンが美味しいです。

休憩と軽食が終わったら、さらに東名高速道路を下り御殿場インターを目指してください。

平日は御殿場インター付近の混雑はさほどありませんが、土曜日と日曜日の混雑はかなりあります。時間にゆとりをもって出かけるようにしてください。

御殿場インターで下りて、アウトレットでショッピング。広大な広さのアウトレットモールです。平日の御殿場アウトレットは思いのほか空いているので平日が狙い目です。

ここまでは定番を紹介してきましたが、御殿場アウトレットに着いたらやっておくと良いことがあります。

それは、静岡県が誇るハンバーグ店「さわやか」の予約です。都心からのアクセスも良いさわやか御殿場店はかなりの確率で夕食時は混みます。

店頭で並ぶと数時間待ちは当たり前です。さわやか御殿場店の周りには時間を潰す場所もあまりないため予約は必須です。

夕食を「さわやか」で食べお腹いっぱいにして帰ると帰宅する頃ちょうどいい時間になるはずです。

平日も土日も東名高速道路大和トンネル付近、横浜町田インター付近は渋滞するため、早めの夕食と早めに帰路につくことを推奨します。

運転のしやすさは、高速道路という道幅の広い道路なので運転はしやすいです。
御殿場の一般道も見通しが良くドライブしやすい道ばかりです。

ただし、東名高速道路は都会と都会を結ぶ大動脈。時間帯や曜日によっては交通量が多かったり、無理な運転をする人もいるので注意をしながら気を付けてください。

ドライブに必要なアイテム

ドライブデートは会話も弾み楽しい時間を過ごせます。車という狭いパーソナルスペースで二人だけの世界を楽しむこともできます。

ドライブで困ることが多いのが、寒くなり始めてきた頃。そんなときに「あると便利なアイテム」を紹介します。

・ブランケット
・ポケットティッシュ
・バスタオル

この3つはあると便利です。

まず、ブランケット。

これは想像するのは簡単だと思います。日が沈むと急激に気温が落ち、昼間は暑いけど夜は寒いという日が多いときに重宝します。

デートはもちろんのこと、一人旅のときにも仮眠をするときに役に立つのでトランクに常備しておくと良いでしょう。ただし、定期的な洗濯をおろそかにしないようにしてください。

 

次にポケットティッシュ。

車に箱のティッシュは置いてあるケースは多くあると思いますが、ポケットティッシュを常備しているケースは少ないかもしれません。

ポケットティッシュであればサイズがコンパクトでグローブボックスにしまうことができたり、車内の雰囲気を乱すこともないのでおすすめです。

車で旅をしている道中、休憩で車から降りるときにはポケットティッシュを持っていきましょう。食べ歩きなどをしているとき思わぬところで役に立ちます。

 

最後にバスタオル。

これはブランケットと併用して掛けて使うこともできます。さらに仮眠などのときに折り畳んで枕として首回りのサポートに使うこともできます。

最近、サービスエリアや道の駅に足湯がある場所もあります。疲れた足を癒すためにも足湯に浸かるのは良いことです。

足湯に浸かったあと濡れた足を拭くものがないと困ります。その時にバスタオルが大活躍します。

一人旅でもシャワーを浴びたとき、顔を洗ったときなどにも使えるので用意しておいて困ることはありません。

ブランケット、ポケットティッシュ、バスタオルこの3つのアイテムは長距離移動のときには役に立つはずです。

ぜひ、今後はこれらのアイテムも用意して出かけて、快適で楽しい思い出となる旅をしてください。