電気自動車とは?特徴、メリット・デメリット

電気自動車というのは、バッテリーに蓄えられたエネルギーによって、電動モーターを動かし駆動させる車のことです。ガソリン車の場合はガソリンを燃焼させて駆動させますので、根本的なシステムに大きな違いがあります。

ガソリンが不要となることが一番のメリットです。電気の力で走る車ですのでガソリンが不要となります。そのためガソリンスタンドへ行って給油をするという作業や、それに関する費用も不要となります。ただ、電気の充電は必要となりますので、いずれにせよ充電作業及び多少の費用も発生します。

ガソリン代と電気代を比較した場合、節約効果を得られるのもメリットです。その時のガソリン代の相場にもよりますが、大きな節約になることもあるため、そういった点に魅力を感じて電気自動車へ乗り換えをするオーナーも少なくありません。

電気自動車は非常に静かに走行できるという魅力も持っています。電動モーターによって走行しますので、ガソリン車のようなエンジン音がありません。

しかしこの点は一方でデメリットもはらんでいます。エンジン音がないことで静かな走行が可能となりますが、それによって歩行者や自転車などに気付いてもらいにくくなることがあるのです。その結果、車が近づいて来ることに気付かずに横断などをする歩行者や自転車とのアクシデントが起こる懸念もあります。

デメリットとしては充電スポットが、まだ十分に足りていない現状があることです。数としては増加傾向にあるものの、ガソリンスタンドと比較をするとまだまだ圧倒的に数が少ないです。そのため充電がなくなりそうになった時にも、すぐに充電ができない可能性や、すでに別の車が利用中で待たなければいけないなどのマイナス点もあります。

なお、充電スポットが少ないゆえに、長距離ドライブの際には計画性が求められます。もし充電ができない場所ですと不便がありますから、ガソリン車ではあまり心配のないことを考慮しなければいけません。