電気自動車の充電スポットは充実してるの?

数社の見積もりを比較して、最高額で売却しよう!

「消費税が上る前に車を買い替えたいな・・・」
「なるべく高い金額で売却したいな・・・」
「見積もり調べるの面倒くさいな・・・」

そこで!

複数の買取希望店舗が査定を行ってくれる
無料の「かんたん車査定ガイド」を使おう!

複数社が愛車の買い取り価格を競いあう為、最高額での売却が可能!

査定は遅ければ遅いほど損です!


日産のリーフが発売して以降、これまで一般的ではなかった電気自動車(EV)も普及しつつあります。ガソリンエンジンではなく電気とモーターで走行する電気自動車(EV)は、様々な面でガソリン車よりも優れている部分が多いです。

その一方で、電気自動車(EV)には欠点もあります。

そのひとつとしてよく挙げられるのが、EV充電スポットが少なさです。電気自動車にとってEV充電スポットの少なさは致命的で、それが理由で電気自動車の購入を躊躇している人も少なくはありません。

とはいえ、以前に比べるとEV充電スポットを目にする機会は多くなりました。そして、これからもどんどん設置されていくことが予想されます。2019年現在、はたして本当にEV充電スポットは少ないのでしょうか?

今回は電気自動車の購入を検討している人のために、EV充電スポットの種類や全国に設置されている数、利用料金を解説します。さらに、一般的なEV充電スポットで充電することができる国産EV/PHEV車もすべて紹介するので、ぜひ参考にしてください。

EV充電スポット(充電スタンド)の種類

そもそもEV充電スポット(充電スタンド)とは、いったいどのようなものを指しているのでしょう。EV充電スポットはガソリンスタンドや道の駅、高速道路のPA/SAなど、車で訪れることの多い施設に設置されている電気自動車専用の充電設備です。

形状は縦長のものや長方形のものが多く、付近の看板に電気自動車のマークが表示されているので、ひと目見ればすぐにわかります。ガソリンスタンドの給油機に似ているタイプもありますが、もちろん、ガソリン車に給油することはできません。

EV充電スポットには大きく分けて、2種類の充電設備があります。

普通充電タイプ

単相交流100V電源または200V電源を使用しているEV充電スポットのことを、一般的に普通充電タイプと呼びます。屋外に設置されているもののほとんどは200V電源で、単相交流100V電源のものは主に家庭用として利用されています。

ガソリンスタンドの給油機のようにケーブルを電気自動車に挿入して充電するタイプと、電気自動車に付属している車載充電ケーブルを用いて充電するコンセントタイプの2つがあります。ケーブルを挿入するタイプはどんな電気自動車でも充電することが可能ですが、後者は限られた車種しか充電することができません。

どちらも商業施設や宿泊施設、有料駐車場など、場所を問わず広く設置されています。充電時間や充電1時間あたりの航続距離は、設置されているEV充電スポットの機種や充電する車種にもよりますが、一般的には航続距離80km分の充電に4~8時間程度かかるものが多いです。

急速充電タイプ

一般家庭にも広く普及している単相交流100V電源や200V電源を使用している普通充電タイプに対し、急速充電タイプは3相200V電源を用いています。これにより、単相交流100V電源や200V電源よりも多くの電気を流すことができ、電気自動車を急速充電することが可能です。

急速充電タイプも普通充電タイプと同様に2種類の設備があります。ひとつは40kW/50kWの大容量タイプ、もうひとつは20kWの中容量タイプです。中容量タイプの急速充電スポットは電気残量がほぼ空の状態から80%までの充電に、30分から1時間。

大容量タイプの急速充電スポットは同じく80%までの充電に15~30分程度の短時間で、電気自動車を充電することができるのです。

普通充電タイプと比べて充電時間がわずかなので、高速道路のPA/SAを中心に幅広く設置が進められていますが、その数は普通充電タイプよりも少なく、まだまだ普及段階にあります。

EV充電スポットは全国にいくつある?

普通充電タイプと急速充電タイプを含めたEV充電スポットは、日本全国にいくつあるのでしょう。EV充電スポットは日本全国に約29,700カ所以上(普通充電タイプが約22,100カ所、急速充電タイプが約7,600カ所)も設置されているそうです。

2018年10月時点での設置数なので、2019年現在はさらに設置数が増えていることが予想できます。EV充電スポットの約29,700カ所という設置数は、日本全国のガソリンスタンドの約6割に匹敵する数なのだとか。

ただし、ガソリンスタンドは1カ所に複数の給油機が設置されていることが大半ですが、EV充電スポットは設備がひとつでも1カ所としてカウントされているはずなので、それを考慮すると、EV充電スポットの設置数はまだまだ少ないといえるでしょう。とはいえ、29,700カ所もEV充電スポットが設置されているというのは想像以上でした。

日本全国で走っているガソリン車と比べると、電気自動車の数は1/10にも及ばないはず。それを考慮した場合、電気自動車の需要にEV充電スポットの供給が間に合っていないというわけではなさそうです。

EV充電スポットの利用料金は?

EV充電スポットの利用料金は充電タイプの違い(普通充電タイプか急速充電タイプか)や設備の機種などによって様々です。基本的には急速充電タイプの方が利用料金が高く設定されていて、一回の充電(30分)につき450~600円程度となっています。

日本国内で普及しているEV充電スポットのほとんどは「NCSカード」を使用することができます。「NCSカード」とは、NCS(合同会社日本充電サービス)が販売している充電用カードのこと。

登録手数料と月会費こそ発生してしまうものの、EV充電スポットをお得な料金で利用することが可能です。「NCSカード」を利用して充電した場合、普通充電タイプは2.5円/分、急速充電タイプは15.0円/分の料金が発生します。

ちなみに「NCSカード」の登録手数料は1,400円(税抜き)、月会費は1,400~4,200円となっています。月会費については、普通充電タイプ用か急速充電タイプ用、両タイプ兼用で料金が異なるので、詳しく知りたい人はNCSの公式サイトをチェックしてみてください。

・充電用カードには様々な種類がある

「NCSカード」に限らず、EV充電スポットを利用するための充電用カードは様々な種類があります。「NCSカード」以外でよく使用されている充電用カードは以下の4種類です。

よく使用されている充電用カード
  • PHV Drive Support(トヨタ)
  • PHV 充電サポート(トヨタ)
  • ZESP2(日産)
  • 電動車両サポート(三菱)

充電用カードの種類によってプランや月会費、利用料金が異なっています。例えば、「PHV 充電サポート」の定額プランは急速充電タイプの利用料金が15.0円/分ですが、「ZESP2」の使いホーダイプランなら急速充電タイプの利用料金は無料です。

それぞれに利点や欠点があるので、自分にとって最もお得な充電用カードを探してみてください。

・無料充電できるスポットもある

EV充電スポットによっては、利用料金が発生せず無料で充電できるところもあります。ただし、無料のEV充電スポットは人気があるので駐車スペースが埋まっていることが多く、使いたいときに使えないことがあります。

有料のEV充電スポットでもガソリン代に比べれば十分に安いので、積極的に有料のEV充電スポットを利用する方にしましょう。無料のEV充電スポットは空いていれば「ラッキー」程度に考えていた方がいいと思います。

充電スポットに対応している国産EV/PHEV車一覧

最後に、日本全国のEV充電スポットに対応している国産EV/PHEV(プラグインハイブリッド)車を簡単に紹介します。

トヨタ プリウスPHV

日本で最も人気が高いPHEV(プラグインハイブリッド)車であるプリウスPHV。プリウスのようにエンジン+ハイブリッドを用いた走行と、モーター走行が可能です。

先進的かつスタイリッシュなエクステリアが何よりの魅力。乗車定員が5名のプリウスと違って、乗車定員は4名となっています。特別仕様車やスポーツグレードを除いたプリウスPHVの価格は、3,261,600~4,222,800円(税込)です。

日産 リーフ

リーフはモーター以外の動力源を一切搭載していない完全な電気自動車で、日本では外車を含む電気自動車販売台数でNo.1を記録しています。近未来を感じさせるスタイリッシュな外観と、高出力モーターによる力強い走りが最大の特徴です。

オーソドックスな5ドアハッチバックを採用しているので、実用性の高さも魅力のひとつ。スポーツグレードを除いたリーフの価格は、3,243,240~3,999,240円(税込)となっています。

三菱 i-MiEV

三菱が過去に製造・販売を手掛けていたi(アイ)をベースに開発されたのがi-MiEVです。軽自動車規格に収まるコンパクトなボディサイズを実現しましたが、その代償として航続距離が短く、シティコミューターとして短距離走行が想定されています。

2018年4月以降はボディサイズの拡大に伴い、軽自動車枠から5ナンバー(小型乗用車)枠に移行しました。ベースのiが販売終了となった現在でもi-MiEVの販売は継続されており、その価格は2,948,400円(税込)~、です。

三菱 アウトランダーPHEV

三菱の主力モデルであるミドルクラスSUVのアウトランダー。そのプラグインハイブリッドモデルがアウトランダーPHEVです。位置づけとしてはアウトランダーの上位版であり、外観・内装の質感もそれに見合うクオリティを実現しています。

高いレベルの電子制御4WDがアウトランダーPHEV最大の魅力ですが、2,668,680~3,356,100円(税込)と、プラグインハイブリッド車でありながらリーズナブルな価格で販売されているところも見逃せません。

EV充電スポットは日本全国に普及している

EV充電スポットに関する様々の情報と、現在販売されている国産EV/PHEV車を紹介しました。上記でもお伝えしたように、2019年現在のEV充電スポットは29,700カ所以上です。

ガソリンスタンドの数には遠く及びませんが、それでも利便性は以前と比べてはるかに高くなっています。ガソリンスタンドに行かないと給油できないガソリン車とは違い、EV充電スポットが設置されているならどんな場所でも充電できる電気自動車は、これからの自動車のスタンダードになっていくでしょう。

現時点でもEV充電スポットは日本全国に普及していると言えるので、電気自動車の購入に躊躇する必要はありません。エコカー減税によって車両総額が大きく優遇されるので、エコカー減税が実施されている今こそが購入のチャンスです。

 

愛車の相場は今いくら?かんたん45秒入力のクイック診断!

「そろそろ新車に乗り替えたいな・・・」
「自分の愛車はいくらで売れるかな・・・」
「消費税が上る前に車を買い替えたいな・・・」
「今のうちに売っておいたほうがいいかな・・・」
「なるべく高い金額で売却したいな・・・」
「見積もり調べるの面倒くさいな・・・」

自分の所有する愛車を売却に出したいと検討されることも多いですが、
街中での買取店舗では相場を掴むことができずに、
売却後に後悔することにもなりかねません。

そこで!

たった3STEPのクイック診断サービスをつかおう!


複数の買取希望店舗が査定を行ってくれます!

メーカー・車名・車タイプ・事故歴・郵便番号などの項目を指定するだけで、
複数社から無料で見積もりの回答を得ることができます!

 

複数社が愛車の買い取り価格を競うため、最高額での売却が可能!

査定は遅ければ遅いほど損です!