PHV・PHEV車とハイブリッド車との違いと人気PHV車を比較!

トヨタのプリウスやアクア、ホンダのインサイトなど数年前からハイブリッド車はもはや当たり前と言えるほどメジャーになりました。

それに伴い「PHV/PHEV」と言ったハイブリッド車も登場しました。

とはいえ、

・種類が多すぎて人気車種の違いがわからない

・そもそもPHV/PHEVと普通のハイブリッド車の違いがわからない

という方も多いと思います。

そこでこの記事でPHV/PHEVを比較して、その性能や特徴の違いを踏まえどの車を選択するかその悩みを解決します。

具体的には、

ポイント
  1. PHV/PHEVと通常のハイブリッド車との違い
  2. PHV/PHEV車の比較
  3. イチオシ車種

の順番にご紹介していきます。

2分程度で読めますし、シーン別に解説するため自分にあった車を見つけることができますよ。是非ともPHV/PHEVの購入を考えている人は参考にしてみてくださいね。

PHV/PHEVと通常のハイブリッド車との違い

意外と知られていないのが、PHV/PHEVとハイブリッド車との違いです。ハイブリッド車はガソリン車と違いエンジンとモーターの2種類を搭載。どちらか一方で走ることも可能で両方を使用してパワフルな走行も可能。

モーターで走行している際に充電が切れた場合には、自動的にガソリンに切り替わり走行中のエンジンやブレーキの動力を電力に変換して充電をします。つまりハイブリッド車の弱みは充電手段が限られている点なのです。

そこでこの問題を解消したのが、PHV/PHEVです。プラグインハイブリッドカーの略称で両者に技術的な違いはなく、トヨタがPHV三菱はPHEVと使い始めたことが名称が分かれている原因です。

この車種の特徴は、外部からも充電が可能になった点であり普段は電気、遠出はガソリンと使い分けが簡単で途中で電気が切れても外部のサービスエリアなどにある充電器を使うことで即座に充電ができます。

しかし、弱点もあり本体価格がガソリン車やハイブリッド車と比べて高いことが挙げられます。外部の充電スポットを利用する場合には月額料金がかかることもあり、走行距離が短い人の場合はランニングコストを考慮しても少し高いと感じるかもしれません。

走行距離が短い方はEV車(電気自動車)もしくは燃費の良い軽自動車などがおすすめです。本体価格との総合的なコストを考慮すると短距離の場合PHV車はあまり向かないでしょう。

反対に長距離で走ることもある場合はガソリン車よりもPHV車の方がその特性を活かせます。外部の充電スポットは14,000箇所存在しているため、充電にもそこまで困ることはありません。

EVモード(ガソリンと電気を併用して走行)だけでも最新車種ならば60km以上の走行距離が出せるため、通勤、退勤程度の走行距離ならば電気だけで十分あり、ガソリンを温存しておくことができます。そのためガソリン代を抑えたい人には最適の1台でしょう。

人気PHV車の比較

プリウスPHV

プリウスPHV

インフラが整ってきたこともあり、PHV/PHEV車の人気は加速しています。この記事では人気のPHV/PHEVの性能などを比較して紹介していきます。比較する3車はトヨタ「プリウスPHV」三菱「アウトランダーPHEV」ホンダ「クラリティPHEVです。

トヨタ「プリウスPHVはハイブリッドモデルからデザインを変更したため、見た目はHV車のプリウスと異なるのが特徴。2017年のフルモデルチェンジでEVでの走行距離も大幅に向上しました。

以前までは30キロ程度の走行距離も現在は60キロほどEV走行が可能となっています。これにより毎日の買い物や通勤ならば、ガソリンを使わずにEVだけの走行ができる様になりさらに人気が加速しています。

弱点は積載性が少々プリウスに比べ劣ることですが、それを補うだけの居住性に走行距離、安全装備を搭載しているため非常に魅力的な車で価格は320万~420万円となっています。

トヨタプリウスに対抗するのは三菱の人気SUVPHEV化した「三菱アウトランダーPHEVです。この車は広い室内空間に荷室空間はアウトランダーのままであるため、街乗りはもちろんのこと悪路にも強くアウトドアにも最適な車です。

三菱アウトランダーPHEV

三菱アウトランダーPHEV

前後には独立したモーターを装備することで、静かな走行を実現しアウトドア時には家電製品の外部充電も可能になるため、まさにアウトドアにぴったりな車と言えるでしょう。価格は332.4478.9万円とほぼ同じです。

この2車に対して新しく登場してきたのが、ホンダ「クラリティPHEVです。この車はFCV(燃料電池車)として官公庁向けにリースされているシリーズを一般販売する際にPHEV化しました。

クラリティPHEV

クラリティPHEV

特筆するべきは国内トップのEV走行が可能なことでしょう。走行距離は114kmでハイブリッド走行でも28km/Lと優秀な燃費が特徴です。100km以上の走行が可能なため、日帰り旅行も問題なく往復できます。

ガソリンと組み合わせればもはやどこまででも行けるでしょう。この車には最新の安全装置「ホンダセンシング」が搭載されており死角をカバーするカメラにより、視野を広げ運転をサポートします。

この車の価格は588万円と他の2車と比べて高めに設定されているため、この価格設定がどのように影響するかは今後も注目でしょう。

まとめ

トヨタ「プリウスPHVはデザインも従来のプリウスから変更し、オリジナルになりました。EV走行距離も60kmまで上昇したことにより、ガソリンを基本的に使うこと無く毎日の買い物から通勤までをカバーできます。

34人で頻繁に車を使うけれども遠出はあまりしないファミリー向けの車です。ガソリン代を抑えたい方におすすめです。

三菱「アウトランダーPHEVSUVの強みを活かしたPHEV車です。悪路にも強くアウトドアにピッタリな車です。PHEV化することにより外でも家電製品の外部出力が可能になるため、頻繁にアウトドアに行く方におすすめです。

ホンダ「クラリティPHEVは走行距離114kmの国内トップレベルのEV走行距離を実現したPHEV車です。「ホンダセンシング」搭載で安全性も優秀であり、安心して運転できる車でしょう。価格は少々ネックにはなりますが、高級PHEVを楽しみたい方やクラリティシリーズを体験したい方はおすすめです。