1.4L直噴ターボエンジン搭載したスズキ「エスクード 1.4ターボ」登場!

SUVの先駆車といっても過言ではないエスクード。
ちょうどいいサイズのSUVとしてスズキのロングセラーモデルとなっています。

今回、このエスクードに1.4L直噴ターボエンジンを搭載した「エスクード 1.4ターボ」が登場したので紹介します。

エスクード 1.4ターボのスポーティーなデザインについて

エスクード 1.4ターボには、新しくデザインされたメッキフロントグリルが採用され、躍動感あふれる雰囲気が感じられるようになりました。

更に、専用色アルミホイールやルーフレールも採用され、迫力が増しました。

ブラックのインテリアには、アクセントカラーとしてレッドを随所に盛り込んでおり、専用のステアリングホイールやペダルプレートを装着したりすることでスポーティーなイメージを演出。

エスクード 1.4ターボの優れた加速や燃費を達成したパワートレインについて

エスクード 1.4ターボには、1.4L直噴ターボのブースタージェット エンジンが採用され、2.0L NAエンジンに匹敵する出力やトルクを発揮し、市街地から高速道路まで様々シーンで、ドライバーの期待に応えてくれる走りを実現しました。

このエンジンにマニュアルモード付パドルシフトを装備した6速ATが組み合わされ、低速域での発進加速や登坂能力、高速走行時の静粛性や燃費が向上。

エスクード 1.4ターボに搭載された新世代四輪制御システム「ALLGRIP」について

新世代四輪制御システム「ALLGRIP」は、電子制御4WDシステム、4モード走行切替機能、車両運動協調制御システムで構成されています。

4つのモード(AUTO、SPORT、SNOW、LOCKの)からセレクトできるので、多様な走行シーンで、走破性と走行安定性が向上。

更に、エスクード専用のコントロールによって、悪路で多いフロントとリヤの対角する2輪がスリップするシーンにおいて優れた走破性を発揮します。

LOCKモードをセレクトした際は、よりパワフルなブレーキのコントロールを行なうことで、悪路走破性が向上。

多彩な機能がある4WDは、ドライバーにとっては安心感を与える存在ですね。

エスクード 1.4ターボの充実した安全装備について

エスクード 1.4ターボには衝突被害軽減システム「レーダーブレーキサポートⅡ(RBSⅡ)」が標準で装備されます。

前方衝突被害軽減ブレーキアシスト機能をはじめ、自動ブレーキ機能、前方衝突警報機能、前方衝突警報ブレーキ機能が装備され、安全機能が充実しました。

更に、標準装備でSRSカーテンエアバッグやフロントシートSRSサイドエアバッグ、アダプティブクルーズコントロール(ACC)が用意されています。

アダプティブクルーズコントロールは、事前に設定した車速で、先行車と一定の車間距離を保持しつつ加速や減速が自動で行われ、追従走行を行います。

エスクード 1.4ターボとCH-Rのボディー、室内空間、エンジンの比較について

SUVの先駆車であるエスクードと、今波に乗っているCH-Rはよく比較されますので、エスクード 1.4ターボとC-HR S-Tのボディー、室内空間、エンジンなどを比較します。

エンジンに関しては、エスクード 1.4ターボはC-HR S-Tと比較すると、全長は185mm、全幅は20mm小さく、全高は45mm大きくなっています。

室内空間に関しては、エスクード 1.4ターボはC-HR S-Tと比較すると、室内長は160mm、室内幅は25mm、室内高は55mm大きくなっています。

エンジンに関してはエスクード 1.4ターボはC-HR S-Tと比較すると、最高出力は20PS、最大トルクは2.5kg・m大きくなっており、燃費は1.4㎞/l優れています。

車両重量に関してエスクード 1.4ターボはC-HR S-Tと比較すると250kg軽いです。

エスクード 1.4ターボ

ボディー:(全長:4175mm 全幅:1775mm 全高:1610mm)

室内空間:(室内長:1960mm 室内幅:1480mm 室内高:1265mm)

車両重:1220kg

燃費(JC08モード):16.8km/l

エンジン:(最高出力:136ps(100kW)/5500rpm 最大トルク:21.4kg・m(210N・m)/2100~4000rpm)

C-HR S-T

ボディー:(全長:4360mm 全幅:1795mm 全高:1565mm)

室内空間:(室内長:1800mm 室内幅:1455mm 室内高:1210mm)

車両重量:1470kg

燃費(JC08モード):15.4km/l

エンジン:(最高出力:116ps(85kW)/5200~5600rpm 最大トルク:18.9kg・m(185N・m)/1500~4000rpm)

まとめ

これまで、エスクード 1.4ターボについてまとめてきましたが、スポーティーなデザインに加え、燃費や加速が向上したパワートレイン、新しい4WD、充実した安全装備が採用されたことにより、全てが一新されたイメージで素晴らしい仕上がりとなっています。

CH-Rと比較しても、室内は広く、パワフルで低燃費なので期待できそうです。

SUVが人気ですが、エスクード 1.4ターボは、スタイリングや動力性能などにおいて、魅力的です。

これから、エスクード 1.4ターボの購入を検討している人の参考なれば幸いです。