【テスラ】モデル3が発売!特長、スペック、価格、日本発売はいつ?

アメリカの電気自動車メーカーテスラ社から「新型のモデル3」が7月28日ついにアメリカにおいて発売になりました。「モデル3」にはいくつもの特徴がありますが、その中でも最も注目されているのは400万円前後の廉価価格が付けられていることです。

これまで販売されていたテスラSやテスラXは、1000万円を超えるような高級車で、興味があっても誰でも購入することができるクルマではありませんでした。しかし、400万円前後で購入可能であるなら、心を動かされる方もあることでしょう。

日産の電気自動車新型リーブの価格は330万円ですが、リーフと比べると遥かに高性能で高級感があります。

「モデル3」のエクステリアは空気抵抗を少なくするためにフロントからリアにかけて流れるようなデザインとなっています。5ドアセダンですが、5ドアクーペと言っても良いでしょう。またボディは重厚さやしっかり感がありうすっぺらな安っぽさはありません。インテリアには15インチのモニターが搭載され、電気自動車であることをアピールしています。

スペックとして注目すべきは0-100m加速で、わずか5.6秒で駆け抜けます。これは高性能スポーツカー並の性能で強烈な加速を味わうことができます。また、電気自動車の弱点である走行距離も約350kmあり、ガソリン車に比べると劣りますが、大きな不満の声は上がらないでしょう。

また、「モデル3」でもう一つ注目されているのは、安全性の高さです。最新のオートパイロットシステムが搭載され、事故を未然に防ぎます。ステラでは最高の5つ星の安全性を約束するほど大きな自信があるようです。

日本での発売日に関しては右ハンドルに変更する関係から2019年ころになりそうです。左ハンドルに関しては2018年の後半から輸入が開始されそうです。大量生産ができないので気長に待つしかなさそうですが、予約をすることはできますので、少しでも早く手にしたい方はディーラーで予約を入れると良いでしょう。

「新型ノートe-power」の特徴は?燃費、価格、販売台数は?

日産の「新型ノートe-power」は、エンジンで発電してモーターのみで走るということが特徴的です。駆動用バッテリーを搭載し、バッテリーの残量と相談したエンジンとの併用によって力強い駆動をみせます。また、減速時にはエンジンを止めて駆動用バッテリーの充電をおこなうなど、エネルギーの転用も見逃しません。

グレード別設定の「ECOモード」と「日産エコメーター」では、発進や加速、走行中の負荷を検知し、アクセルペダルを模した表示でペダル操作をサポートしてくれます。また、3段階のLEDでの3段階のエコ表示とスコア表示によって楽しみながらドライブすることができます。

HR12DDRエンジンを搭載していれば、リッター26.2kmを記録しており、高い燃費性能を誇っています。
運転方式には「e-POWER Drive」というモードがあり、アクセルを戻すと強い減速がかかるため、渋滞などでのアクセルとブレーキの踏み分け数を減らし、快適に運転することが可能です。

「ノートe-power」には、自動運転化技術「インテリジェントクルーズコントロール」が搭載されていて、マルチセンシングカメラが捉えた先行車との一定の設定距離を保ちながら走行し、先行車が減速した場合ブレーキを促す表示、停止した場合は同時に停止する機能を備えています。この機能は人に対しても作動し、人が急に前方に現れた場合には急ブレーキがかかり衝突を回避します。

車体はコンパクトでありながら中は広々とした空間がキープされ、アラウンドビューモニターやいつでも後方カメラ映像に切り替えることのできるルームミラーなど、安全かつ快適なドライブを様々な機能がサポートしてくれます。

そんな日産の「新型ノートe-power」は、メーカー希望小売価格で税込1,399,680円です。そして、e-powerを含むノートが、日本自動車販売協会連合会の乗用車系車名別販売台数ランキング、2017年7月度での月間販売台数1位を記録し、1万2431台を売り上げています。

「新型レクサスCT200h」がマイナーチェンジ!スペック、価格は?

「レクサスCT200h」はCセグメントと呼ばれるセダン・ハッチバックに該当する車種であり且つ、レクサスのCセグメントの中では初のハイブリットカーとして販売されている新型車種です。その「レクサスCT200h」ですが、2017年秋になってマイナーチェンジが実施されました。フルモデルチェンジとは違って細やかな変更ではありますが、装備面等で走行性・使用感にも大きな違いが生じています。

まず一部グレードのみの採用であった「Lexus Safety System +」が、全グレードの標準装備として位置付けられています。これに伴って全てのモデルにおいて、前方への衝突危険性をブザーで知らせるセンサー・車線逸脱の感知と通知機能・ふらつきが多いと判断された場合に休息を促す通知機能・夜間走行時のオートマチックハイビーム・高速走行時の車間距離自動補正機能等が、実装される事になります。

外装では前後のランプのデザイン変更が為され、前方のLEDランプはロー・ハイの一体化が採用されて、すっきりした印象が強まっています。また内装関係では、シートの表皮にツートンカラーを採用する事で、こちらもすっきりした印象を強める要因となっています。更にナビゲーションディスプレイの変更が為され、拡大に伴ってより見易さと利便性を高めています。

一方でマイナーチェンジという事もあり、エンジンに関する変更は為されていません。その為、排気量といった基本スペックについては従来型からの変更はありません。排気量は1.8リッター・最高出力はrpm表記で5200・最大トルクは同じくrpm表記で4000となっています。燃費の目安となる燃料消費率も、リッター26~30km程度で変更されていません。

価格についても販売戦略上のターゲット変更・大幅な性能変更が無かった事で、従来通りの位置付けとなっています。グレード毎の設定の違いはありますが、新車価格の消費税込みで370~470万円の設定となっています。

スバル新型フォレスターの発売日は?スペック、燃費、外観はどう変わる?

2018年に発売予定の「スバル新型フォレスター」は、海外でも発売を待ち焦がれられている程、国内外で人気の車のニューモデルです。
気になるのは発売日ですが、今の所正式な日付が未定ではあるものの、複数の噂や発表情報などから、2018年の春ごろと見られています。

また、PHV仕様の登場を2018年の末から2019年に控えているので、こちらも新型フォレスターの見逃せない情報となります。
スバルが取り組んでいるのは、未来に向けた技術の進歩と、現実的な価格で販売できる設計のバランスです。

今回、スバルはフルモデルチェンジの機会を迎えたので、燃費の改善や外観の変化を交え、どのように進化するかが焦点となるでしょう。
新型フォレスターのスペックは、エンジンが4気筒の水平対向ガソリンタイプで、容量の大きいエンジンを上回るパワーが発揮されると注目が集まります。

更に、単なるエンジンの改良に留まらず、次世代ハイブリッドシステムと合わせてきましたから、低燃費かつターボな走りが実現すると想像可能です。

肝心の燃費ですが、新型フォレスターはハイブリッドエンジンの効果によって、リッター25kmから30kmを達成していると考えられます。
その根拠は、ハイブリッドシステムの技術を提供している、メーカーの公表値にあります。

スバルに全ての技術が開示されているとは限りませんが、それでも技術を開発したり改良してきたメーカーなので、オリジナルに近い性能を叩き出していても不思議ではないでしょう。

「新型フォレスター」で見逃せないのは、やはり外観の変化とこれまでとの違いです。
スバルは、海外市場も視野に「新型フォレスター」を開発したので、外観は北米限定車のアセントに近いとされています。

アセントの外観は、ダイナミックとソリッドがデザインコンセプトですから、「新型フォレスター」もこれを踏襲する可能性が高いでしょう。

タフな印象の外観と、使い勝手の良い機能性、そして質感の良い快適なラグジュアリーに期待できるので、スバルが力を入れる「新型フォレスター」には要注目です。

スバル、新型XVがフルモデルチェンジ!特徴、燃費、変更点は?

新しく登場する車は、どんな物でも車好きをワクワクさせますが、スバルは特に期待度の高いメーカーです。
スバルの中でも期待度の高い「新型XV」は、フルモデルチェンジを果たして、大きな変化を遂げています。

「新型XV」の特徴は、4WD技術の投入に歩行者保護用エアバッグの搭載、それに手頃な価格という、見事な進化とバランスの実現が挙げられます。

新しく投入された4WD技術は、走行性能の向上と、低燃費の実現に関係しますから、スバルファンならずとも気になるポイントとなるでしょう。

また、何より「新型XV」は走りの改善にも取り組まれているので、街中の走行だけでなく、悪路でも走りの良さが体験できるはずです。
一方、フルモデルチェンジで注目の的となる燃費ですが、こちらはリッターあたり16kmから18kmを達成しています。

好条件の環境下で測定された数値ではあるものの、悪条件でも好条件に近い数値に収まるので、燃費性能の上げ幅は決して小さくないでしょう。

勿論、走行条件によって変化する燃費ですが、平均的な底上げは十分に行われていると考えられます。
「フルモデルチェンジの新型XV」は、走行性や燃費に注目が集まりますが、今回の目玉はやはり安全性の強化です。

2眼カメラ搭載のアイサイトは、バージョン3に進化していて、運転支援能力が更に高まっています。
2つのカメラで前方を確認しますから、ステレオ的に立体に捉える、そういった正統進化を遂げたといえるでしょう。

スバルの地道な努力のお陰で、誤認識は減って状況を正確に判断する性能が高まりましたから、「新型XV」の事故率は今以上に減少すると期待感が持てます。

安全面では、歩行者保護のエアバッグが大きな変更点で、これはフロントガラスの根本に採用されています。
スバルは「新型XV」の全車に搭載を決めましたから、安全性の向上に注力していると評価できます。

進化を遂げていても、最終的に重要なのは価格ですが、コストパフォーマンスに強みを持つスバルなので、この点も心配は無用です。
約210万円から約270万円の価格帯に収まりますから、スバルは手の届きやすい高性能な車を実現したと、「新型XV」で証明したことが分かります。

マツダ「新型CX-5」の特徴は?

日本のように国土が狭い国でも難なく使いこなすことが可能なボディーサイズではあるものの、時には多くの荷物を積載してキャンプに出かけたりお買い物を楽しむことができるSUVのマーケットは最も競争が激しいカテゴリです。

そうした中、次世代のディーゼルエンジンと独自の技術を組み合わせた「新型CX-5」は、先代モデルで培った技術をいかんなく搭載し、2017年の2月に待望のフルモデルチェンジが行われました。

まず、「新型CX-5」で目を引くポイントは2009年に初お披露目されてから、着実に進化し続けてきているマツダならではのエンジンが成熟期に入っている点です。

しかも、「新型CX-5」では一から仕組みを見直し、部品の組み込み方やレイアウトを変更し、全高が高めの車両でも安定的にコーナーに進入できるようにしています。

もちろん、そうした変更点を尚更意味のあるものにすべく、ドライビングポジションなどにも拘られており、実際に運転席に着座してみると両手足が自然な状態で動かせられる事に気が付きます。

運転中はまさに人馬一体という感覚を味わうことができ、乗る度に自分の手で「新型CX-5」を操っているという満足感を得ることができます。

「新型CX-5」はフルモデルチェンジという扱いにはなっているものの、一般的なように全く見た目が異なるという印象ではなく、従来であればマイナーチェンジがしっくりくる様子です。

その理由は、一目見ただけで先代モデルのアップデートバージョンであると認識可能なシルエットとパーツの選定が行われているためであり、いわゆるキープコンセプトです。

ただし、なお一層ヘッドライトはシャープになっている上に、ピラーはおよそ4センチ後方に下げられており、トレッドの幅1センチほど広がっています。

結果的にさらに横幅が広く見えるようになり、低さが強調されるようになったので、スポーツカーと並んでも野暮ったさが全く感じられないほどのスタイルです。

日産「新型リーフ」がフルモデルチェンジ!発売日、価格、特徴は?

日産の「電気自動車リーフ」が2017年末(9月6日発表)に新型にフルモデルチェンジが行われました。エコカーとして、トヨタやホンダがハイブリッドに力を入れ、マツダはディーゼルに力を入れる中で、日産はその先を行く電気自動車の開発に力を入れてきました。価格や走行距離など、現行モデルでの弱点をどこまで克服することができたのかなど、非常に気になるところでした。

すでに「新型リーフ」に関して日産から発表されている情報では、走行距離は最低でも現行モデルの約2倍にまで延ばすことに成功したようです。メーカーとしては、60kWhのバッテリーを搭載し500~550kmの走行距離を目指して開発が進められてきたのです。結局最終発表の1充電当たり走行距離は400kmとカタログには表記されています。

500km以上の走行距離であれば、ガソリン車とそん色ありません。最高出力は80kw[109ps]/3,008〜1,0000rpm、最大トルクは254n-m[25.9kgf-m]/0〜3,008rpmとなります。

新技術として導入されるのが「eペダル」です。これは発進からスピードアップ、ダウン、停止までを一つのペダルで行うことができるというもので、つまりブレーキが必要なくなるということです。また、次世代自動運転技術「プロパイロット」、「プロパイロット パーキング」も搭載されています。

クルーズコントロールのほか、自動車線変更、自動ブレーキ、自動パーキングなどの機能が搭載されるようですが、自動運転がどの程度まで可能となっているのか楽しみです。2020年までには完全自動運転ができることを目指しているとのことなので、2017年登場の新型リーフでは、まだ完全自動運転とまではいかないようです。

「新型リーフ」の外観に関しては、現行モデル同様に5ドアハッチバックスタイルが踏襲されるようです。現行モデルは未来的な外観ではありますが、少し間延びし躍動感に乏しい印象でしたが、「新型リーフ」をそれと比べるとよりシャープでワイルドな外観となりそうです。販売価格はバッテリー容量によって変わり、315万円台から399万円で落ち着きました。

電気自動車とは?特徴、メリット・デメリット

電気自動車というのは、バッテリーに蓄えられたエネルギーによって、電動モーターを動かし駆動させる車のことです。ガソリン車の場合はガソリンを燃焼させて駆動させますので、根本的なシステムに大きな違いがあります。

ガソリンが不要となることが一番のメリットです。電気の力で走る車ですのでガソリンが不要となります。そのためガソリンスタンドへ行って給油をするという作業や、それに関する費用も不要となります。ただ、電気の充電は必要となりますので、いずれにせよ充電作業及び多少の費用も発生します。

ガソリン代と電気代を比較した場合、節約効果を得られるのもメリットです。その時のガソリン代の相場にもよりますが、大きな節約になることもあるため、そういった点に魅力を感じて電気自動車へ乗り換えをするオーナーも少なくありません。

電気自動車は非常に静かに走行できるという魅力も持っています。電動モーターによって走行しますので、ガソリン車のようなエンジン音がありません。

しかしこの点は一方でデメリットもはらんでいます。エンジン音がないことで静かな走行が可能となりますが、それによって歩行者や自転車などに気付いてもらいにくくなることがあるのです。その結果、車が近づいて来ることに気付かずに横断などをする歩行者や自転車とのアクシデントが起こる懸念もあります。

デメリットとしては充電スポットが、まだ十分に足りていない現状があることです。数としては増加傾向にあるものの、ガソリンスタンドと比較をするとまだまだ圧倒的に数が少ないです。そのため充電がなくなりそうになった時にも、すぐに充電ができない可能性や、すでに別の車が利用中で待たなければいけないなどのマイナス点もあります。

なお、充電スポットが少ないゆえに、長距離ドライブの際には計画性が求められます。もし充電ができない場所ですと不便がありますから、ガソリン車ではあまり心配のないことを考慮しなければいけません。

「日産ノート」の買取相場は?ノートを高く売る方法

「日産ノート」のおおよその買取相場としては、比較的新しいモデルで条件も良いようですと90~170万円程度となっています。ただ、車の買取価格は、グレードや走行距離、オプション、コンディションなどの様々な条件によって価値が左右されます。そのため古いモデルで条件も良くないと、20~50万円程度に落ち込むことも珍しくありません。

しかしながら必ずしも買取相場通りの金額になるとも限らないのです。これはあくまでも一般的な売り方をした場合の査定情報であり、ひと工夫をした売り方をするとさらに高値で売れる可能性があります。

より高く売るためには一括査定サイトを利用するのが良いと言えます。たったそれだけで買取価格が何万円も上がるケースも多く、お得な売却を果たしているオーナーも多いのです。売り方次第でいくらでも結果は違ってきますから、これから「日産ノート」を売ろうと考えている場合は積極的に活用してみると良いでしょう。

なぜ一括査定サイトが良いのか、理由は幅広く情報を集められるからです。普通の売り方ですと多数の買取業者に相談をすることは難しい面もありますので、少ない選択肢の中から売却先を決めようとしてしまいます。それでは本当に高く売れるところを知ることはできないのです。

ところが一括査定サイトなら大手をはじめとした多数の買取業者の査定情報を知ることができるため、高価買取をしてくれるところも発見しやすくなります。

一括査定サイトの魅力はそれだけではありません。自動的に競合させることができるという強みもあります。同時に多数の買取業者へと査定依頼をすることができるサービスですので、業者同士が他に負けないように積極的に高値を提示してくれるようになるのです。

苦労もせずに高価格を引き出すことができ、あとはオーナーが好きなところを選んで売るだけです。売り方に工夫をするだけで「日産ノート」大幅にお得に売ることができますから、心から納得の気持ちで手放させることでしょう。

自動車保険の強制保険と任意保険の役割

自動車保険には強制保険と呼ばれるものと任意保険と呼ばれるものがあり、前者は名称からして必ず入らなければならないもので、後者は入りたければ入るものというイメージになりがちですが、実は両方とも入ってこそ初めて自動車を運転してもいいいという関係になります。

強制保険は自賠責保険と呼ばれるものですが、仕組みとしてすべての車に掛けなければならないものとされています。あくまで車単位ということで、補償は相手方の身体へのものに限定されています。事故の加害者が身体や車に被害があったとしても、自賠責保険からは保険金の給付は一切ないということになっています。

そして、傷害に関する諸費用の保証は120万円が限度であり、後遺障害に関する労働能力の低下や精神的苦痛に対する補償は4000万円が限度であり、死亡の場合は逸失利益の他葬儀費、慰謝料が支払われますが、3000万円が限度となっています。
つまり、事故の程度によっては自賠責保険だけでは不十分ということになりがちというわけです。

そこで任意保険にも加入するということになるわけですが、この保険は相手方の身体だけに限定されていないで、運転手や同乗者の身体、そして車と物など、事故が発生したときのあらゆる損害を補償するという仕組みとなっています。

相手方を死傷させてしまった場合の対人賠償、他人の車や家屋、塀、ガードレール、信号機、電柱、店舗などを壊してしまった場合の対物賠償、その他に人身傷害や搭乗者傷害も保険の対象となっています。
そして車両保険も付与することができます。

その他では、保険をどう設定するかにもよりますが、無保険車傷害やロードサービスなどがついているものも少なくありません。
何よりも補償金額は最近では一億円を超える場合もしばしばあるので、限度なしでの無制限でないと、危険極まりないということになります。

自動車を運転するには、どうしても様々なリスクを伴いますが、少なくともお金に関してのリスクを前もって避けるためには、強制保険だけではなく、任意保険にも加入する必要があるということなのです。