自動車保険の賢い選び方:人身傷害保険と搭乗者傷害保険について

自動車保険の補償は大きく3種類に分けることができます。1つ目が相手方への補償、2つ目は自分と同乗者への補償、3つ目が車の補償となり、人身傷害保険と搭乗者傷害保険については2つ目の自分と同乗者への補償ということになります。

つまり人身傷害保険と搭乗者傷害保険は補償の対象が同じですから、自動車保険に加入する際はどちらか1つを選ぶ方が多いでしょう。しかし補償対象は同じでも補償の内容には違いがあるため、自分にピッタリ合った自動車保険を選ぶときはそれぞれの違いを確認しておきましょう。

人身傷害保険とは事故によってかかった実損害額が支払われる保険です。自動車事故では過失割合がポイントになってきますが、人身傷害保険は過失割合に関わらず実損害額が全額補償されることが特徴的です。

一方の搭乗者傷害保険はあらかじめ決定しておいた保険金額が支払われるため、人身傷害保険と違って実損害額を見るわけではありません。

自動車保険とは違いますが医療保険の場合は加入する際に入院日額を決定するため、日額5千円でかける方もいれば1万円でかける方もいるでしょう。つまり搭乗者傷害保険は医療保険と同じように決まった金額が受け取れますから、どちらかを選ぶときは保険金額を比較するというのも1つの方法です。

自動車保険で最も重要な補償と言えば相手方への補償ですが、あわせて自分自身や同乗者の補償もしっかり担保しておく必要があります。保険商品を選ぶときは複数の保険会社の商品を比較し、補償内容が充実していて保険料がお得な商品を選ぶといいでしょう。

数多くある自動車保険商品を自分自身で比較することは簡単ではありませんが、インターネット上で手軽に利用できる一括サイトが便利です。希望の補償内容や保険金額を選択し、自分と車に関する情報を入力するだけで複数の保険会社に見積もりを依頼することができます。

現在自動車保険に加入している方が別の保険会社に乗り換えても、等級は引き継がれるので安心です。

自動車保険の手続き:車を乗り換えた。自動車保険の手続きは?

自動車を所有している多くの方が、自賠責保険の他に任意加入の自動車保険にも加入していることになります。現在ではダイレクト型の自動車保険も広く認知されるようになり、お得な料金にて加入することができます。

自動車保険の手続きは簡単で、代理店を通じて加入している方であれば、その営業担当者に相談する方法で簡単に手続きを済ませることができます。ダイレクト型の場合では、インターネットを通じて加入する方法が一般的なので、各保険会社のホームページから簡単に手続きを行うことができるので、パソコンを持っていると自宅にいながら簡単に利用できます。

一方で自動車保険に既に加入をしている方であっても、自動車が壊れてしまったり、車検等のタイミングで乗り換えを行う方も存在しています。このようなケースでは、経験の無い方の場合では手続き方法について疑問に感じてしまうことも多く、中には解約を行い、新規に自動車保険に加入することを必要とすると考えてしまう方も多いものです。

しかし、実際には乗り換えの場合でも簡単に手続きを行うことができ、そのまま保険会社を変える必要に感じていない方のケースでは、加入をしている保険会社に乗り換えを行った旨を伝えることで済ませることができます。

ダイレクト型の保険の場合で、乗り換えを行った方のケースでは、公式のホームページ上から自主的に新しい自動車に変更する手続きを行う方法が用意されています。新しい自動車の車検証を準備する方法で、簡単に必須項目を入力することができるので、誰でも簡単に継続として加入を続けることが可能とされています。

乗り換えを行った場合では、車両保険や他の項目でも変更する部分が出てくる可能性があります。保険料に差額が出てしまうことが一般的なので、後日に差額分を保険会社に振り込む方法で、問題なく手続きを済ませられます。

乗り換えの申込みを行った日時から保険が適用されることになるので、不都合さを感じることなく乗り換えできることが一般的です。

新型フィットがマイナーチェンジ!変更点は?

「新型フィット」がこのたび、マイナーチェンジをすることになり、今流行のシステムを導入したり、今まで以上の居住性を追求したり、様々な工夫をホンダが施し、注目を集めているところです。

まず外装から大きな変化を見せています。エアインテークと呼ばれる吸気口が変化したことで、見た目的にスポーツカーのような形になっています。今までの「フィット」もスポーティーな感じがしていましたが、さらにスポーティーな感じになり、ヘッドライトもLEDになり、先進的な姿になっています。

内装に関してですが、さほど変更点はないものの、座席の素材が上質なものになり、座り心地がさらによくなった形になり、「フィット」とは思えないような高級感が演出されています。

「新型フィット」と今までの「フィット」での中身の違いですが、スペックに関してはエンジンやモーターなどに変化はないものの、若干の燃費向上が認められ、多少ガソリンの使用頻度も減ることになります。マイナーチェンジ後は9つのパターンから5つに減らされ、一番下のグレードを除き、その上のグレードからある程度の値上げが行われています。

その分、安全装備に大きな進展がみられました。「Honda SENSING」と呼ばれるものであり、先進安全運転支援システムです。今までは一部の車種に限られていますが、「新型フィット」ではすべてに標準装備されています。

また、「新型フィット」では様々なカラーが登場しています。新しく登場したのは、スカイライトブルー・メタリック、プレミアムイエロー・パール2、シャイニンググレー・メタリックです。豊富なカラーがあり、その中から選ぶことができるというのは、「新型フィット」でも同じことです。

安全性という点では大きく向上し、そして今までの「フィット」同様、乗りやすく、燃費も多少向上し、ハイブリッドタイプは他社の性能にそん色のないところまで持っていくなど、今後に期待感が集まるフルモデルチェンジとなっています。

新型ジムニーがフルモデルチェンジ!どう変わる?発売日は?

スズキ自動車が生産するオフロードタープのSUV軽自動車に「ジムニー」があります。

「ジムニー」の初代モデルは1970年に発売し、本格的なオフロードタープとして現在3代目が現行モデルとして生産が続いています。
1998年から19年間続いた現行モデルが「新型ジムニー」として、2017年後半にフルモデルチェンジすると言われています。
「新型ジムニー」に搭載されるエンジンはスズキですでに採用されている「マイルドハイブリッドエンジン」です。

「マイルドハイブリッドエンジン」は、ブレーキングの力を回生エネルギーとして再利用し、低燃費を実現、加速時はモーターがアシストすることで十分な走りを可能にします。
無駄なアイドリングでの燃料消費を抑えるアイドリングストップ機能とのコンビネーションで先代モデルを大きく上回る低燃費性能を発揮します。

一部新聞報道や雑誌でも「新型ジムニー」のフルモデルチェンジが囁かれながら、はっきりとした発売日の公式発表はされておらず、2017年秋以降年末ごろまでのデビューとなる予定です。

元々、軍用モデルをモチーフに生産された軽の小型オフロード車であることから、近年流行のスポーティーなフォルムを持つ流線型のデザインではなく、角のある先代から踏襲されたデザインとしてデビューします。

ちょっと「ハスラー」(スズキ自動車が生産しているSUV)に似た雰囲気も持ちます。
フレーム構造は歴代モデル同様ではしご状にフレームに車体を載せるラダーフレームを採用し、さらに耐久性を高めて悪路走行でも実力を発揮します。

これまでのデザインと比べるとやや欧米のオフロード車のイメージを多く採り入れたデザインで特徴的なのがフロント部分で丸目2灯のヘッドライトを覆うように設置されたラジエーターグリルです。

歴代モデルの「ジムニー」も根強いファンがあり、中古市場でも比較的高値で流通しています。
「ジムニー」のフルモデルチェンジを心待ちにするファンも多いでしょう。

トヨタのミニバン「ノア」がマイナーチェンジされて新型ノアに!ぶっちゃけどこが変更されたの?

トヨタの新型ノアのマイナーチェンジされた変更点は、主に5つです。

それは、エクステリアが変わり充電用のUSB端子のなどの室内装備やセンターコンソールボックス、スマートロック機能や遮音性の向上になります。

エクステリアは、精悍さを際立たせた外装に変更されており、見た目もクールになっています。

また内装面では、USB端子が全車標準装備されたため、スマートフォンなどの充電がしやすくなっています。USB端子は2個あるので、新型ノアのように乗車人数が多いミニバンには便利な装備です。大勢でドライブに行ったときでも、効率的に充電することが可能です。

ハイブリッド車には蓋つきのセンターコンソールボックスが標準で搭載されており、ボックス背面にはUSB端子が2つ搭載されているので、後部座席でもスマートフォンやタブレットの充電が簡単にできるようになっています。

ハイブリッドではコンソールボックスがあるので、収納が多く細かいものなども仕舞っておけます。

気になる燃費ですが、こちらはエンジンの変更もないため燃費性能に変更はないです。ミニバンは車体が重く、燃費もそれほど高くありません。燃費のいいものを選ぶのであればハイブリッド車を利用するようにしましょう。

ミニバンは、居住性を良くするため、室内が広くのびのびできる反面、燃費は悪いです。ミニバンを利用する際には、その点を把握しておくことが大切になります。

グレードですが、ガソリン車でSiとGそれとXになり、ハイブリッドも同じく3つのグレードになっています。価格も同等か5から10万円ほど高くなっており、購入時にはきちんと確認しておきましょう。

 

マイナーチェンジは大きな変更がない分、細かい部分で気配りがされるようになります。USB端子などスマートフォンが普及しているため、この点はとても便利に使うことができます。どのような面が自分にとってメリットがあるので、しっかりと把握しておきましょう。

新型セレナにe-Powerが搭載!発売日、燃費はどうなる?

日産のセレナは2016年にフルモデルチェンジしましたが、2017年末には新型ノートにも搭載されているe-Powerが追加され、新型セレナe-Powerとして発売されるようです。

そもそもe-Powerとは?
e-Powerとは日産が得意とする「電気自動車」と「ガソリン車」を組み合わせたことを言います。

では、セレナにe-Powerが追加されると、どうなるのでしょうか?このe-Powerが搭載されることによるメリットは3つ!

1.燃費の大幅な向上
2.スムーズな加速
3.静粛性

まず1つ目は、燃費が格段に良くなります。新型ノートe-powerモデルでは、リッター37.2kmという凄まじい低燃費を実現しています。セレナはノートよりも重量がありますので、ここまでの低燃費にはならないかもしれませんが、リッター30kmに近いカタログ燃費になると予想されます。

ミニバンというカテゴリーでコンパクトカー並の燃費となると、他のミニバンより頭一つ抜ける存在になります。すでにセレナはミニバンで一番売れてるミニバンの王者。セレナにe-Powerを追加するということは、例えるなら”虎に翼を与えるようなもの”でしょうか。

2つ目は、加速がスムーズになります。現在でもハイブリッド車がありますが、ハイブリット車はガソリンエンジンとモーターの両方を用いてタイヤを動かしていますが、e-Powerは原動力としてガソリンエンジンを用いてモーターのみでタイヤを動かしていくだけなので加速もスムーズになります。

3つ目は、静粛性。モーターのみで動くのでエンジン音がありません。走行中の騒音はかなり軽減されるものになるでしょう。

このように、e-Powerが搭載された新型セレナはメリットが多いのですが、唯一のデメリットは価格です。先代と比べて高くなることは間違いありません。なぜなら、新型ノートe-powerモデルがすでに発売されていますが、約40万円の値上げがされているからです。

新型セレナもこれに続くものと思われます。ただ、新型ノートの爆発的な売上を見ると、価格が上がってもe-Powerにはそれだけの価値があるという証拠。新型セレナも注文が殺到する可能性大!気になる発売日は、東京モーターショーで発表され、2017年11月以降となる予想が出ています。

気になる方は早めに予約したほうがいいですね。

 

 

 

セレナをカーセンサーの一括査定で売却

車を売却した話。

約4年半乗ってきた愛車セレナを手放して、新車トヨタのCH-R!を思い切って購入することに決めました。納車はまだ先ですが、先日買っちゃいました!

で、その購入資金を得るために少しでも高く買取に出したいと色々調べていたところ、トヨタのディーラーで売っちゃダメなことがわかり(安いから!)、車の一括査定サービスを利用しました。まあよくあるやつですね。

一括査定に関しては、車の一括査定.netさんを参考にさせて頂きました。感謝!

上記サイトさんのおすすめにあった、カーセンサーの一括査定を利用しました。だって電話がかかってこないみたいなので。ホントかどうか調べたい気持ちもあり。

ールのみで連絡希望」と入力し申し込みました。ガリバーとビッグモーターは電話をかけてくるという話だったので、選択肢から外しておきました。実際に電話はかかってきませんでした。メールで地元の買取店とカーセブンとソッキン王から連絡がきました。

3社ともメールに買取額の概算が書いてあって、希望額よりも高く設定されてました。で、自分は仕事が忙しく、休みもなかなか取れないので、先々週の土曜に3社とも集まってもらい査定してもらいました。3人共わりと紳士的で入念にチェックしていました。結構ドキドキしました。

結果、それぞれ名刺の裏に金額を書いてもらって、一番高かったカーセブンに売却しました。具体的な金額は伏せますが、トヨタディーラーの金額よりも32万円高かったです!

車を買い換えるのはこれで4回目ですが、いつも何も考えずディーラーに売ってたので、結構損してますね。。。

カーセンサーいいですね!本当に電話がかかってきませんでした。Twitterなんかを見ると「電話かかってきたぞコラァ」みたいな書き込みがあったので、ビクビクでしたが杞憂に終わりました。

ああ、早くCH-R納車されないかなー♪

 

車買取一括査定は電話に注意!

車を売ることになったのですが、今まで下取りしか利用をしたことがなく、買取業者に売るのは初めてでした。
高い車に乗っていたわけではないのですが、どうせだったら高く売りたいのでそのための情報収集をしていました。
すると、一括査定を利用すると車が高く売れるということだったため、早速利用をしてみることにしたのです。

申し込み自体は簡単だったのですが、ここで失敗をしたのは査定してもらう業者は多ければ多いほど良いということだったので、目一杯応募をしたところ応募した直後から電話が鳴り響くことになったので、電話の応対だけでも苦労をすることになってしまったのです。
これほどまでに反応が早いとは思っていなかっただけに、これは誤算でした。
しかし、大変だったのはそれだけで実際に査定を受ける時には何もしないで待っているだけでよく、一通りの業者の査定結果が出るのを待つだけでしたから特に面倒なことはありませんでした。
途中で何度も即決をせがまれたのですが、その点は家族で話し合って決めるということになっていたので途中で即決をすることはなく、その結果として慌てて車を売ってしまうようなこともなく一通り全ての業者から話を聞くことができたのです。

一通り全ての業者から話を聞いてみると、途中で即決の願いがあった金額以上に査定額がアップしていたので、慌てて売らなくてよかったと思うと同時に更に最後のひと押しと金額交渉をしたところ最初の段階と比べてかなりの高値で売ることができました。

愛車査定のため一括査定した結果

新車(レクサスLX)を購入するにあたって、それまで乗っていた車(日産セレナ、3年3万キロ)を車検前に処分することになりました。

ディーラーの下取りも検討しましたが、調べると買取の方が絶対に高くなるということなので、車一括査定を利用して、最も高い査定額を提示してくれたお店に売ることに決めました。

私が利用した車一括査定サイトは、大手サイト(カーセンサー)だったので、登録している業者も信用できるところだということで利用を決めました。また、そこを通して利用することで、出張による実車査定も費用が掛からず、引き取りも無料で行われるという点にも魅力を感じたのでサービスを利用しました。
実際に申し込んだところ、大体の相場は一致しているようですが、一番高く査定をしてくれたところと一番い低かったところを比べると、およそ15万円の開きがありました。15万円というと大したことがないとも思えますが、よくよく考えると結構な値段です。そのため、比較したことで15万円は損をしなくても済んだことになります。
この段階ではまだ仮査定であり、実際に見てもらって最終的な値段が決まるのですが、特に申告した内容に間違いはありませんでしたし、整備もきちんとしており、事故歴もありませんでしたので、最終的な値段は仮の査定結果のままでした。

その査定額には申し込み時点で満足していたので、カーチスに買取をお願いすることにしました。一連の手続きも面倒ではなく、所有名義の移転も業者がやってくれて非常に楽でした。また、その場で現金で支払ってもらえたので安心でした。

ディーラー下取りはホントに安い!

そろそろ愛車カローラを下取りにして、車を買い替えようと考えていました。トヨタのディーラーに下取りの見積りを出してもらうと、1万円でした。

本当はもっとお金がかかってしまうところでしたが、新車を購入するということでおまけの1万円という話でした。

古い車ですが故障もなくメンテナンスもきちんとやってきて、下取り1万円ということに納得いきませんでした。愛着もあるので簡単に手放したくなかったのです。

後日、車買取の一括査定ができるというのを同僚が教えてくれて、相場を知ることができればと試しにやってみることにしました。

軽い気持ちで一括査定をした結果、査定金額はとても満足できるもので驚いてしまいました。

一括査定で複数の買取業者の金額を知ることができ、じっくりと比較検討ができるのも便利だと感じました。自分が乗っている車の買取相場も知ることができて良かったと思っています。

仕事が忙しいので、何社も自分で行って査定してもらうのは大変だと思っていました。行く手間も省けて、一括査定ができるというのは時間を有効に使えて自分にピッタリの方法だと感じました。

納得できる金額で買取してくれたカーセブンさんに決めました。下取り価格との差は、40万円!もありました。

こんなものかと諦めずに下取りをしなくて良かったと実感しました。このお金は、新車購入の足しにしようと考えています。迅速に対応をしてくれて、入金も早かったので信頼できる買取業者でした。これからは、車を買い換える時は一括査定で決めることにしました。